【シンプルでオシャレに】北欧インテリアを使った居心地の良いリビング特集

日本でも人気の高い北欧インテリア。シンプルで目に優しい色使いが特徴的なおしゃれなインテリアです♪そんな北欧インテリアの上手な取り入れ方やレイアウト方法、北欧インテリアを使った実際のお部屋などをご紹介していきます。次に模様替えをする際には是非、北欧インテリアを取り入れてみてはいかがでしょうか♪

公開日:    最終更新日:

「北欧インテリア」ってどんなインテリアのこと?


https://www.instagram.com/p/BjLWN8qhkdI/?tagged=kauniste

最近よく「北欧インテリア」という言葉を耳にしますが、「具体的にどんなインテリア?」と疑問に感じている方も多いはず。そもそも、北欧とは、ヨーロッパの北に位置する「フィンランド」、「デンマーク」、「ノルウェー」、「スウェーデン」の4ヵ国を指します。

これらの国々では、冬の時期、私たちの想像を絶する厳しい寒さが続きます。そのため、室内で過ごす時間が長く、寒く暗い季節でも明るく室内で快適に過ごしたいと考えられたのが、『北欧インテリア』です。

最近では、ナチュラルでかわいらしい色合いや、心地よい家具などで作られた北欧インテリアは、日本人にとっても取り入れやすく、人気も高まっています。

北欧のインテリアは、シンプルにカスタマイズされたものが多くみられます。自然に囲まれた国々のせいか、木を多用した内装やあたたかさ、優しさを感じられる色合いがあちこちに見られるのも特徴です。


https://www.instagram.com/p/BjV7Bhdn2C-/?hl=ja

北欧の国々のインテリアについて、国別に特徴をあげると、下記のようになります。

■デンマーク■
木が多様されたイメージが強い北欧インテリアですが、他の3か国に比べ木材資源が比較的少ないため、木を使ったインテリアというよりは、シンプルで機能的なインテリアが特徴的です。

■フィンランド■
木材を多用し、シンプルな柄やデザイン、そしてビビットなカラーが特徴的。またデザイン性だけではなく、機能面にも優れている点がポイントです。

■ノルウェー■
白色を基調にしたインテリアに、スタイリッシュな家具やヴィンテージ家具を交えてコーディネートしている点が特徴。下記でご紹介する、スウェーデンのインテリアに近いです。

■スウェーデン■
木を使ったぬくもりある家具を多く取り入れつつ、色鮮やかな家具や雑貨を交えて、コーディネートしているインテリアが多いです。


北欧インテリアについて、具体的にイメージが湧きましたでしょうか?
今回は、そんな北欧インテリアの上手な取り入れ方やレイアウトについてご紹介します。部屋の模様替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

北欧インテリアの上手な取り入れ方・選び方

こちらでは、具体的にどのように北欧インテリアをお部屋に取り入れていくか、ポイントごとにご紹介していきます。北欧インテリア選びの参考にしてみて下さい。

木のあたたかさを感じる家具を取り入れて


https://www.instagram.com/p/BB7A6X4LtiB/?taken-by=kauniste_finland

北欧インテリアをお部屋に取り入れるのであれば、ホワイトベースのお部屋に、木製の家具を揃えることをおすすめします。ウッディカラーそのままの家具は、木のぬくもりを感じられます。そのため、テーブルや椅子などの大きなインテリアに取り入れると、北欧風のナチュラルテイストの存在感がグッとアップします。

北欧ブランドアイテムでポップさを取り入れて


https://www.instagram.com/p/BjTyU-Ulc0d/?hl=ja

北欧っぽさは、ナチュラルなだけではなく、ポップな雰囲気も兼ね備えています。北欧インテリアブランドを代表する「マリメッコ」や「イッタラ」などでも見られるように、ポップでカラフルなものを取り入れています。北欧での暗く長い冬を、明るく楽しく乗り切るために、見ているだけで心がワクワクするような愛らしい色合いを取り入れているのが、典型的な北欧スタイルです。シンプルな空間に鮮やかな色彩を添えるように、気持ちが明るくなるようなポップな色合いや愛らしいデザインを取り入れてみましょう。

アクセントにビビットなカラー取り入れて


https://www.instagram.com/p/BalaTGxgFQO/?taken-by=kauniste_finland

ナチュラルな色合いは、居心地の良さを作り上げてくれますが、白やウッディカラーなどの淡いカラーで構成された空間は、どこか涼し気な印象に仕上がります。暑い夏の季節なら良いのですが、冬の時期に寒色系の多用は避けたいところ。そこで、これを暖かで居心地の良いものにするためには、やはりアクセントカラーを取り入れることがポイントです。インテリアのアクセントに、黄色や赤などのテキスタイルやポスターなどを取り入れて、暖かみを感じるインテリアに仕上げると良いでしょう。

観葉植物などのグリーンを取り入れて


https://www.instagram.com/p/Bh6V23EHd9v/?taken-by=koenyoko_o

北欧インテリアには、グリーン系の観葉植物も欠かせません。小さいものから取り入れれば、お手入れもそんなに大変ではないので簡単ですし、グリーンには癒し効果もあります。そして、何よりグリーンは北欧系の家具や雑貨との相性が抜群なのです。お部屋に北欧インテリアを取り入れるなら、必ず観葉植物も用意しましょう。北欧らしさがアップしますよ。

北欧インテリアのおしゃれなレイアウト方法

上記では、北欧インテリアの選び方や取り入れ方についてご紹介しましたが、こちらでは、おしゃれなレイアウト法について述べていきます。ぜひ、模様替えの際の参考にしてみて下さい。

壁にディスプレイしよう


https://www.instagram.com/p/BjTX27lnt3I/?taken-by=oosiaoo

北欧インテリアのおしゃれなレイアウト方法として、壁のディスプレイがポイントです。ポスターや、絵、写真などを額に入れたり、そのまま壁にディスプレイしたり、お子様のいる家庭では、絵本をディスプレイてもOK。また、ドライフラワーや観葉植物を壁にかけても素敵です。
壁に何かをディスプレイしただけで、お部屋の印象もガラリと変わりますし、何より北欧チックなおしゃれなお部屋に仕上がりますよ。

おしゃれなラグ・カーテンを設置しよう

色をコーディネートするといっても過言ではない北欧インテリアにおいて、インテリアパーツの中でもラグとカーテンは特に重要な要素となります。

■ラグ■
どんなデザインのラグでも、お部屋にラグを置くだけで、何だかよりおしゃれな印象に変わります。もちろん北欧インテリアとラグの相性は抜群です。北欧インテリアを目指すなら、ラグは絶対に取り入れるべきです。
おすすめカラーは、北欧インテリアと合わせやすいマスタードイエローが使われたラグです。ポイントにマスタードイエローが使われているラグをチョイスすると、違和感なくお部屋の北欧インテリアとマッチしますよ。
その他、ストライプやヘリンボーン柄、幾何学模様もおすすめです。

■カーテン■
カーテンは、そのお部屋の印象を決める重要な役割を果たします。北欧インテリアにおいても、カーテン選びは大切です。
ラフな柄の北欧チックなデザインやリネンカーテンなどは、どんな北欧インテリアにも合わせやすいです。また、くすみ系のカラーもおすすめです。これらのカーテンは、北欧らしさと共に、アットホームな雰囲気をお部屋に添えてくれます。
また、対照的に、大きな北欧柄のカーテンを用いることで、お部屋を簡単に北欧風に変えることができます。現状のお部屋のインテリアと北欧度を考慮して、カーテンを選んでみましょう。

家具を置きすぎない


https://www.instagram.com/p/BY_21jznOG4/?taken-by=smile10_10

北欧インテリアのレイアウトにおいて、最も重要なことは「家具やものを置きすぎない」ことです。北欧インテリアのレイアウトにおいて、すっきり感がポイントとなります。
すっきり感を作るコツとしては、足元がすっきりした家具を選びことです。華奢な脚の家具を選ぶことで、北欧インテリアらしさがグッとアップします。
ただし、足元がすっきりしているといって、そこに荷物や物を置いては意味がありません。家具や物をいっぱい詰め込んだお部屋は、日本で当たり前になっていますが、北欧ではあまり置きすぎないのが常識です。
詰め込みすぎないという基本を考慮し、北欧インテリアのレイアウトを考えましょう。

【インスタ実例】北欧インテリアを使ったリビング特集

こちらでは、北欧インテリアを実際に使ったリビングをインスタグラムからご紹介します。お部屋の模様替えや北欧インテリアを取り入れることを検討されている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

すっきり感のある北欧リビング


https://www.instagram.com/p/Bh5jSTSH_7Y/?taken-by=yuu___425

こちらのリビングルームは、すっきりとした雰囲気が印象的です。無駄なものは一切おかず、木のぬくもりを感じるようなレイアウトになっています。また、観葉植物やブルーのブランケットが北欧らしさを添えてくれます。

北欧ブランドアイテムを取り入れたリビング

関連記事