50代女性が仕事を探す際のポイント&おすすめの仕事は?

子育てが終わって社会復帰を考えていたり、それまで長年務めていた会社を辞めたりと、50代から新しい仕事を探そうとしている女性の方も多いかと思います。しかし、50代になってから新しい仕事を見つけることはとても難しいことのように感じてしまいますよね。そこで今回は、50代女性が仕事を見つけるための方法や、企業に採用されるコツについて紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

50代の女性でも新しい仕事を見つけられる?


https://www.pexels.com/photo/thinking-woman-in-white-jacket-and-white-scoop-neck-shirt-blue-denim-jeans-sitting-on-brown-wooden-bench-beside-green-trees-during-daytime-157622/

50代の女性で新しい仕事を探すとなると、とてもハードルが高く感じてしまう方が多いのが現状です。50代の女性は、子育てがひと段落ついて余裕ができたり、長年続けてきた会社を退職したりと、ライフスタイルの変化が大きい年代でもあります。また、老後生活への貯蓄や今の生活を支えるためにも、お金を少しでも貯めておきたいと考える女性が多いです。そのため、50代にして、社会復帰や転職を考える女性が意外にも多いのが現状です。
そこで、今回は、就職活動を目指す50代の女性に向けて、仕事を探す際のポイントやおすすめの仕事についてご紹介します。ポイントやコツを抑えれば、50代の女性での社会復帰は、夢のように難しい話ではないのです。これからご紹介する内容を参考に、新しいし仕事探しにチャレンジしてみましょう!

50代女性が仕事を探す際の方法・ポイントは?

まず初めに、50代の女性が仕事を探す際の方法やポイントをご紹介します。再就職活動を始めたいけど、「ベストなやり方は?」と考える女性も多いです。そこで、これからご紹介するやり方やポイントをしっかり抑えて、再就職活動を効率よくすすめていきましょう。

ポイント①:就職サイトを利用する


https://www.pexels.com/photo/woman-in-white-blazer-holding-tablet-computer-789822/

最初にご紹介するポイントは、「就職サイトの利用」です。近年、仕事を探すうえで、就職サイトの利用は欠かせません。現在、さまざまな民間企業で転職サイトを展開しており、年齢問わずに多種多様な職種や業界からの募集を見ることができます。

転職サイトは、男女問わず幅広い年齢層や職種にも対応しているうえに、アドバイスや情報提供をしてくれるサービスも利用できます。また、求人情報も充実しているうえに、オンライン上で気軽に検索できるので、使い勝手が良いと評判です。利用者は年々増えています。

まずは、転職サイトに登録して、情報取集から始めてみましょう。どんな職種に応募可能で、どんな人材が求められているのかなど、50代の女性向けにどのような求人があるのかをチェックしてみてはいかがでしょうか?

ポイント②:転職エージェントを活用する


https://www.pexels.com/photo/architect-composition-data-demonstration-313691/

続いてのポイントは、「転職エージェント」の活用です。年齢にかかわらず、転職活動における転職エージェントの利用は、必要不可欠です。というのも、転職エージェントには、学歴や年齢、持っているスキルなどに応じて、転職を成功させるためのノウハウがあるからです。履歴書の上手な書き方から始まり、面接で気を付けるべき点や、さらには50代女性における再就職活動の成功例や失敗例など様々な情報を持っているのです。

50代の求人情報というのは、フリーペーパーやハローワークなどの求人誌には載らないケースが多々あります。しかし、転職エージェントには「こういう人材がほしい」という情報が集まるため、50代女性向けの求人も見つかりやすいのです。

転職エージェントは、効率よく再就職活動を行うために、あなたをサポートしてくれます。再就職活動をされる方は、今すぐ転職エージェントに登録し、まずはどんな求人があるのか情報収集をしたり、専門の方に相談してみることをおすすめします。

ポイント③:知人に紹介してもらう


https://www.pexels.com/photo/man-and-woman-handshake-567633/

50代女性というと、幅広い人間関係を構築している方が多いはずです。そこで、転職活動において、あなたの幅広い人脈から、仕事を紹介してくれそうな人はいないか考えてみましょう。ちょっとでも思い当たる人がいる場合は、思い切って相談してみましょう。知人を通して、仕事を紹介してもらえる可能性があります。若い世代にはない、最大の武器ともいえます。

知人から仕事を紹介してもらう最大のメリットは、何といっても採用されやすいという点です。採用窓口を通して行う再就職活動よりも、知人に紹介された方が、採用される可能性がグッとあがります。採用者側も、見ず知らずの人を採用するよりは、少しでも知っっている人を採用した方が、安心できるのです。

あなたの幅広い人脈から、仕事を紹介してくれそうな人はいないか、冷静に考えてみましょう。少しでも思い当たる場合は、躊躇せず思い切って相談してみることが大切です。

ポイント④:求人の多い業種・職種を選ぶ


https://www.pexels.com/photo/woman-in-blue-floral-top-sitting-while-using-laptop-806835/

続てのポイントは、「求人の多い職種・業種を選ぶ」ことです。求人の多い業種・職種に絞って転職活動を行うことは、転職を成功させる近道ともいえます。あなたのやりたいことや希望に合った仕事を見つけることは、とても大切ですが、それが求人の少ない職種や業種である場合は、転職活動が長引く可能性が高いことを考慮に入れる必要があります。

現実的に考え、あなたの希望に合った職種を探しつつ、それに平行して求人の多い職種や業種もチェックしてみることをおすすめします。あなたの希望する職種や業種でない場合でも、別の職種を見てみると、以外にあなたの適正に合っているなんてこともありえます。50代の女性だからこど、幅広い視野を持って転職活動をすすめていくことが大切です。

ポイント⑤:正社員にこだわらない


https://www.pexels.com/photo/black-and-white-blackboard-business-chalkboard-356043/

「正社員にこだわらないこと」も一つのポイントです。せっかく再就職をするのであれば、正社員として勤務したいと思う方も多いはずです。しかし、50代からの再就職で正社員として採用されるには、それなりのキャリアやスキルが必要になることを理解して下さい。

もちろん、可能な場合もありますが、それなりのキャリアやスキルがないのであれば、正社員にこだわりすぎないことが大切です。正社員にこだわっていると、狭き門を叩いている状況に陥り、再就職活動がなかなかうまく進まず、モチベーションを保てないなんてことにもなりかねません。

そこで、精神的に負担の軽い契約社員や派遣社員も視野に入れながら、転職活動をすすめていくことをおすすめします。総合的にみて、年収や福利厚生などの手当てが下がったとしても、「残業が減る!」や「休みが増える!」と前向きに考えて、無理のない働き方を目指してはいかがでしょうか?ワークライフバランスのためにも、契約社員や派遣社員がおすすめです。

ポイント⑥:中小・ベンチャー企業を狙う


https://www.pexels.com/photo/group-of-people-holding-hands-forming-teamwork-1083623/

続いてのポイントは、「中小・ベンチャー企業を狙う」です。50代の女性における就職活動において、中小企業やベンチャー企業はキーポイントになります。ご存知の方も多いかと思いますが、これらの企業は、年齢を問わずに人材を探しているケースが多いのです。そのため、50代の女性も積極的に挑戦できる企業の一種ともいえます。

中小・ベンチャー企業は、大企業に比べると人材不足のため、日本の会社に古くから伝わる年功序列型の考え方にとらわれない傾向が強いです。さらに、必要な経験・スキルを持つ人を積極的に採用するケースが多くみられます。

以上のことを考えると、50代で再就職を考えるのであれば、中小企業やベンチャー企業を狙わない手はありません。現在再就職活動中、もしくは再就職を検討している50代の方は、ぜひ中所企業やベンチャー企業の選考に挑戦してみて下さい。

50代女性におすすめな仕事は?

関連記事