恋愛で定番の駆け引き「連絡をしない」ことによる効果は?

恋愛において、「相手に追わせたいなら、こちらから連絡を断ってみるのがいい」という駆け引きを一度は聞いたことがあるかと思います。なかなか実践するのに勇気がいる方法ですが、ではその駆け引きによってどのような効果が得られるのでしょうか?また、どのように駆け引きをおこなえば良いのでしょうか。詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

恋愛ではひたすら押しのアプローチだけではいけませんが、一方で関係性がある程度できていないときに連絡をしないという引きのアプローチをしてもうまくいきません。

駆け引きは、友人関係のように、お互いの間に緊張感がないときにメリハリを作る効果があります。しかし、それ以前に相手がこちらに全く興味がない時に使っても、全く効果がないどころか、むしろ逆効果になってしまうことも。

メールを送らない、という方法も、そもそもの前提として普段から何度もメールを送り合う仲にはなっていなければいけません。頻繁にメールがきていた相手から急にこなくなることで、相手も違和感を感じて、そこから恋の駆け引きが始まります。

もともとそれほどメールをしていない関係の時に同じことをやっても、相手は何も感じることはありません。むしろ、メールがこなくなることで余計に疎遠となってしまい、そのまま音信不通になってしまった、なんてことにもなりかねないのです。

駆け引きはタイミングを考えて、上手に使いましょう!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KZ1796064_TP_V.jpg

「毎日のように好きな人にはメールをしたりして、積極的にアプローチをする」という方法は、初めはうまくいくことがあるかもしれませんが、次第に押してばかりのアプローチでは関係性が芳しくなくなっていきます。どうしても、初めは楽しみながらメールを返信していた相手も、友人のような緊張感のない関係に移っていくうちに、次第に頻繁にメールが送られてくることをしつこいと感じてしまうようになるためです。

そして、駆け引きというのは、友人として認識されることを防ぎ、異性として意識してもらうようにする1つのスパイスのようなものです。連絡をしないというスパイスは、何度も加えても相手が離れていってしまいますが、ベストなタイミングで取り入れることでお互いの関係にメリハリをつけ、恋愛の緊張感、ドキドキ感を生み出すのです。

ただ距離が近いだけでもダメで、ある程度の距離感を保たなければいけない恋愛は確かに難しいものです。「毎回ひたすら押し続けても、相手が離れていってしまう」という人は、押しだけでなく引きという駆け引きのテクニックを使って、相手に自分を特別な存在だと思わせるようにしましょう。


関連記事