家事を自分からしない!イライラが止まらない…ポンコツ旦那の特徴と改善と対処方法まとめ

「自主的に何も手伝ってくれない」「何かを頼んでも作業が雑」旦那さんに対してこのような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。仕事や人間関係的には問題なくても、家庭においてはポンコツになってしまう旦那さんは意外と多くいます。では、そのような旦那さんを改善する方法はあるのでしょうか?詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

あなたの旦那は大丈夫?ポンコツ旦那の特徴とは


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK99_munaguratukamukoibito20140301_TP_V.jpg

会社では仕事ができる、部下からの信頼も厚い男性が、家庭では全く使い物にならない人間だった、という女性は意外と多いのではないでしょうか。女性にとっては、本来ならばその日1日の仕事を疲れを取ることができる家庭という場所が、ポンコツ旦那のフォローのため、もう一つの職場のような忙しい場所になってしまうこともしばしば。

近年は共働きの家庭も増え、男性だけではなく女性も夜遅くまで働いたり、休日出勤するということも多くなりました。そのため重要になっているのが、家庭内での役割分担です。日本では以前から「男性は外で仕事。女性は家で家事」という価値観が根強くありました。しかし、現在においてはその考え方は前時代的だと笑われてしまうでしょう。女性の社会進出が進んだ現代は、男性女性も等しく家事をする必要があります。

しかし、そこで女性を悩ませるのが、ポンコツ夫の家事スキルの低さです。何をやらせてもうまくいかず、仕事がなかなか進まないならまだしも、余計な仕事が増えてしまうこともポンコツ旦那の手にかかれば珍しくありません。

まずはじめに、もしかしたら自分の家庭にもいるかもしれない、ポンコツ旦那の特徴について紹介します。

自分からは全く動かない


http://busitry-photo.info/wp-content/uploads/m010-044-167×111.jpg

ポンコツ旦那のわかりやすい特徴としては、自分からは主体的に動かず、頼まれるまでは家事の手伝いすらしない「指示待ち人間」です。会社ではもしかしたらバリバリ働くビジネスマンかもしれませんが、一度家に帰ってスーツを脱いでしまうと、もうダメ。リビングでずっとゴロゴロしているだけの旦那になってしまいます。

例えるなら、指示を与えるまでは動こうとしない、会社の新人社員をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。上司があれをやって欲しいと、細かく指示しないと何もしようとしない社員は、どこの会社にも何人かはいるものです。

家庭で動こうとしない旦那も、まさに家という会社にいる、その指示待ちの新入社員なのです。そして、上司の役は妻になります。妻が細かく「あれをやって欲しい」というまでは全く動かない、厄介な社員なのです。

ポンコツ旦那新入社員の例


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/FCFG100112552_TP_V1.jpg

しかもこのポンコツ旦那新入社員君は、事細かに指示をしないと、まったく見当はずれのことをしてしまう、という、まさに新入社員らしいことをしでかします。

例えば泣き叫ぶ子供の相手をしなければならない時に、「おみそ汁の仕上げに味噌を入れて」と頼むとしましょう。ポンコツ旦那は間違いなく聞いてくるでしょう。「どのくらい?」と。

自分だったらだいたいの目分量で、お味噌の量なんてわかる。でもポンコツ旦那新入社員はわからないので、突っ立ったまま指示を待つのです。
そこであなたが「少しずつ入れて。味を見ながらね」と、努めて冷静に指示を出して、子供が泣き止むまで付き合います。

やっと静かになった10分後、あなたは、ポンコツ旦那新入社員が、まだみそ汁の鍋の前で何かをしているのを発見するでしょう。

少しずつ、という指示を頑なに守り、5gずつ味噌を軽量しながら入れている、またはティースプーンの先にほんの少しずつ味噌をとって入れている姿を。

既にみそ汁は煮えたぎっています。
そう、ポンコツ旦那新入社員は「みそ汁は味噌を入れたら、さっと煮立たせるだけにする」という基礎情報も欠落しているのです。

いうならば新入社員が、会社の電話に出たら「はい、営業部○○です」と名乗った後には必ず本当は見知らぬ相手でも「いつもお世話になっております」を言うのが当たり前、という基礎的マナーを知らないのと同じことです。

このポンコツ旦那新入社員は、家のこと、まさに家事全てにおいて、新入社員であり、新入社員であり続けようとします。

さらに新入社員であれば、上司がたまには厳しく指導をするケースもあるでしょう。そしてその指導に沿ってがんばらなきゃな、だって社会人だし、と思い直し、成長する可能性があります。

しかしポンコツ旦那新入社員は、厳しく指導をすると、とたんに機嫌が悪くなります。上司である妻にとって、これほど厄介な新入社員はいません。
それがポンコツ旦那新入社員なのです。

家事ができず余計な仕事を増やす


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE160224530I9A0481_TP_V.jpg

ポンコツ旦那は自分から家事に参加しないだけでなく、実際に動いても家事スキルが極端に低かったということも珍しくありません。そのため、妻がそのフォローに回ることになり、余計な仕事を増やしてしまうのも彼らに共通する特徴と言えるでしょう。

料理を任せたら分量や火加減を間違えて食材を無駄にしてしまったり、洗濯機の洗剤の量がわからずに中を泡だらけにしてしまったりと、ポンコツ旦那を持つ女性なら共感できる出来事も多いのではないでしょうか。

やっていないのに「家事をやっている」意識が高い


https://images.pexels.com/photos/713297/pexels-photo-713297.jpeg?auto=compress

さらに何か家事を軽く手伝っただけでも「俺はやっている」「夫婦で家事も仕事も半分ずつ負担している」と思い込むのもポンコツ旦那の特徴です。

女性からすれば、彼らがやっているのは、ほんのお手伝いかそれ以下。ゴミを出す、洗濯物を取り込む。こんな小学生でもできるようなことをしても「俺は家事をやっている」または酷いケースでは「やってやっている」という意識が強いのです。

ポンコツ旦那製造元の責任は?


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/57/57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_t.jpeg

ポンコツ旦那の実家にお正月の挨拶などに行った際「俺も家事は半分はやっているよ。手伝いじゃなくて、分担しているんだ」と言い切り、ゲッと思わされることもよくあるパターンです。

それを真に受けたお義母さんからは「あらあら、昔は何もしなかったのに。今の男の子は優しいんだから。私達の頃と比べると、今のお嫁さんはいいわねえ、ねえ、○○さん(あなたの名前)」などと言われたら、

「お義母さん、あなたがしっかり仕込まなかったからでしょう!彼はポンコツ旦那なんです。彼がやっているのは小学生のお手伝い以下!むしろ足を引っ張られて手がかかるんです!」と叫びたい心をぐっとこらえて、引きつった笑顔を浮かべながら「ええ、まあ」程度の曖昧にお返事をするしかありませんね。

製造元でのチューニング不良であることが発覚しても、それを指摘はできない。旦那の実家行きでストレスが溜まるのは、案外こんな側面もあるでしょう。

自分の世話を自分でできない


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kusaiyoIMGL7798_TP_V1.jpg

そしてポンコツ旦那は自分の世話が自分でできない、という特徴もあります。
3歳児の方がゴミはゴミ箱に捨てる、脱いだ服はカゴに入れる、等の家の中の決まり事を守ってくれるので、まだ手がかかりませんし「これから成長するかも」と期待を持てます。

ところがポンコツ旦那は何度注意しても靴下は脱ぎっぱなし、ゴミはあたらりに散らかしっぱなし。上司であるあなたの指導後にもかかわらず成長の形跡がなく、あなたの負担感をずっしりと重くしてくれるのです。

自分の趣味ばかりにお金を使う


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE160224540I9A0512_TP_V.jpg

ポンコツ旦那は家事をしないだけでなく、そのそもの家庭を維持するという概念すらないのかもしれません。それを証明する彼らの行動として、ポンコツ旦那はしばしば自分の趣味のために多額のお金を使うこともあるのです。

家庭を持つ以上、ローンの支払いもありますし、日々の生活や子供の学費のために貯金をしなければいけません。ちゃんとした旦那なら、自分の給料の一部を貯金に回したり、計画的に運用するなどして、家族のためにお金を使います。

しかし、家事をしない旦那というのは、そのような意識が希薄な場合が多いのです。「俺が稼いだお金をどう使おうか俺の自由だ!」というのが、彼らがよく使う理論ですが、家族としてはたまったものではないでしょう。自分の趣味にばかりお金をつぎ込み、家庭の将来を顧みない旦那は、まさにおもちゃを欲しがることもがそのまま成長したような姿に映るかもしれません。

関連記事