不整脈は自律神経の乱れが原因?改善方法や対処方法は?

突然の不整脈に困っている方はいませんか?不整脈が起こると「何か大きな病気が隠れているのではないか」と不安になってしまいますよね。もちろん、病気の可能性もありますが、自律神経の乱れが原因の不整脈である場合も多いと言われています。では、自律神経が原因の不整脈の改善方法はあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

突然の不整脈は自律神経の乱れが原因の可能性も


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuruno12_TP_V.jpg

「不整脈」は、とくに中高年になると、加齢に伴うことで出てくる症状だともいわれ、
病院で検査をしても、原因を特定しにくいケースが多くみられます。
そのため、不整脈のなかには、原因がよくわからないものも少なくないんですよ。
みなさんの中にも、原因が不明な不整脈をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

その「不整脈」、実はストレスが誘因になっているケースがよくあります。
なぜストレスによって、不整脈が起こるのでしょうか。
その関係性を詳しく見ていきましょう。

自分の脈を調べてみましょう!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V.jpg

不整脈が起きているかどうかは、自分で脈をとって調べることができます。
なので、みなさんも一度試してみましょう。

まず、人さし指、中指、薬指の3本の腹で手首の親指側を触ります。
10秒ぐらい脈をとってみて、少しおかしいなと思ったら、またさらに10秒間脈をとってみてください。
規則性がないと感じたら不整脈の可能性があります。
正常な拍動は、一定のリズムで、1分間に60~100回程度です。

自分で脈をとってみて不整脈かもしれないと感じても、
「トン・ト・トン・トン・トン」というような
脈がとぶタイプの「期外収縮」であれば問題のないことが多いのですが、

脈の乱れのほかに、めまいやだるさ、
動悸(どうき)・息切れ、失神、胸部の痛みや不快感などがある人は、必ず受診してください。
また、不整脈があって不安を感じている人は、一度循環器内科を受診してもよいでしょう。

不整脈は体調を知るシグナル


https://i0.wp.com/lh3.googleusercontent.com/-P_ko5OPI9LM/VXSJfItXdzI/AAAAAAAAAmI/N0gagpxmEYE/w700-o/IMG_2117.JPG?ssl=1

心臓のリズムをコントロールしているのは交感神経です。
緊張したり興奮したりすると、脈が速くなりますよね。
それは、交感神経が心臓の拍動を速め、血液を大量に送り出すためです。

ところが自律神経の一つである交感神経は、ストレスの影響を受けやすい面があります。
適度のストレスは、交感神経を刺激し「やる気」を起こしてくれます。
しかし、強いストレスがかかったり、長期間にわたるストレスがあると、
交感神経がうまく働かなくなり、心臓のリズムに乱れが生じやすくなるのです。

こうした不整脈の多くは、心臓病などの重大な病気とは関係ないので、
あまり心配はいらないとされています。
しかし、ストレスによる交感神経の緊張状態が続くと、免疫力が低下し、体調をくずしやすくなります。

不整脈を誘発するストレスは、精神的なものだけではありません。
忙しさによる疲労や睡眠不足、食生活の乱れなども、からだには大きなストレスとなっているんですよ!
もし軽い不整脈を繰り返すような場合には、
からだがストレスを感じてシグナル(注意信号)を発している可能性があります。

・休みをきちんととっているか
・睡眠不足になっていないか
・食事は規則正しく、バランスのよいものをとっているか

次のような点に注意し、生活全般を見直すいい機会にしましょう。

※自律神経には、交感神経(やる気モード)と副交感神経(リラックスモード)があります。
 ストレスを受けると交感神経が積極的に働きますが、
 同時に血圧も上昇させるため、高血圧気味の人にとってもストレスの解消が大切になります。

災害とストレスと心臓病

2011年3月11日、未曾有の大震災と津波が東北地方を襲いました。
こうした大きな自然災害によるストレスと心臓病との関わりは、多くの調査で明らかになっています。

1995年の阪神淡路大震災のあと、心臓病の発症が急に増えました。
震災直後から、急性心筋梗塞による死亡数が急増したデータもあります。

東北で被災された方々に精神的ストレスによる心臓病の発症が心配されていましたが、
すでにいろいろな学会で東日本大震災と心臓病の関連が報告されています。
それほど、精神的ストレスが、心臓の働きに影響してくることがあきらかになっているということです。

自律神経の乱れをセルフチェックしてみましょう


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HIR93_sofa-deneteiruneko_TP_V.jpg

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、
24時間働き続けている神経です。

体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、
安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。
不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われます。

あなたは大丈夫?自律神経失調症チェック


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuchimoto0I9A6608_TP_V.jpg

◎該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

・めまいや耳鳴りのするときが多い。
・または立ちくらみをよく起こす。
・胸が締め付けられる感じがする。
・または胸がザワザワする感じが時々ある。
・心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
・息苦しくなるときがある。
・夏でも手足か冷えるときがある。
・胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
・よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
・肩こりや腰痛がなかなか治らない。
・手足がダルイ時が多い。
・顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
・朝、起きる時に疲労を感じる。
・気候の変化に弱い。
・やけにまぶしく感じる時がある。
・寝ても寝ても寝たりない。
・怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
・風邪でもないのに咳がよく出る。
・食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。


あなたは、いくつ当てはまりましたでしょうか?

0-1個 自律神経に狂いはなさそうです。
2-3個 自律神経に負担が掛かっているかもしれません。
4-6個 自律神経失調症になりかけているかもしれません。
7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

自律神経の乱れによる不整脈の改善方法

要チェック!自律神経失調症になりやすいのは女性に多い?


上記でも述べたとおり、
日中仕事でお忙しい方、残業続きでなかなかお休みが取れない方は
そういったストレスが原因で不整脈の症状が出てくるので要注意です!

あまり知られていませんが、自律神経の乱れが起きやすいのは『女性』なんです。
それは、女性ホルモンが関係しています。
特に40代後半の女性の方は更年期に入りますので心身のバランスがとても大事になってきます。
自律神経の乱れを起こしやすいタイプがいくつかあります。そのタイプ別対処法をご紹介します。


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE160224560I9A0437_TP_V.jpg

【悩みすぎ、考えすぎ・・・ストレスが多いタイプのあなた】

ストレスが多いタイプの方は気分転換できる時間を作ることが大切です。
1日のうち、30分でもいいので、仕事や悩んでいることを考えない時間を意識して作ってみましょう。
悩みから離れる時間の大切さに気づけるのではないでしょうか。

また、意識的に行いたいのは、入浴時の頭のマッサージ!
湯船につかりながら、
体の真ん中のライン(督脈)を中心に頭皮を動かして血流を改善マッサージすると、スッキリするので
オススメしたいマッサージです。また、寝る前のハーブティもおすすめです。

さらに、ストレス解消には有酸素運動も効果的☆
急には難しいでしょう。なので、目安として1週間に30分以上の運動を2日以上してみましょう。


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL001-3roukawohashiru20140830_TP_V.jpg

【どんなこともしっかり頑張る!几帳面な方や完璧主義なあなた】

几帳面な方や完璧主義な方は、
日頃の生活に少し手抜きをする習慣をつけてください。

若いときは頭の血流も良く神経の伝達もスムーズなのですが、
特に女性の場合は、更年期に入ってくると今まで通りのリズムでは神経が疲れてきてしまいます。
自律神経の乱れが鬱等の精神疾患の引き金になることもありますので気を付けてください。

関連記事