初めての海外旅行ならここ!海外初心者にオススメな国8選

「海外旅行に行ってみたいけれど、言語や文化が違うし不安…」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、海外では日本と違うことばかりで戸惑うことも多くありますが、中には比較的日本人でも過ごしやすい国もあります。そこで今回は、そんな初めての海外旅行におすすめの国をご紹介します。行き先で迷っている方は参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

初めての海外旅行は不安がいっぱい

初めての海外旅行、緊張しますよね。添乗員さん付きのツアーをチョイスする方も多いでしょうが、一日中ずっとベッタリというわけにもいかないし、ホテルでのトラブル対応やレストランでの注文、ちゃんとできるか心配… という方もいらっしゃるでしょう。治安のいい国でも、スリや詐欺の危険があるっていうし、一体どうやって自分の身を守ったらいいんだろう?と、不安は尽きませんよね。
そんな海外旅行初心者さんでも、安心して楽しめるおすすめの国、そして海外旅行で特に注意すべき点について、ご紹介していきたいと思います、

初めての海外旅行先に選ばないほうがいい国は?

英語を話さない国

現地の治安はもちろん大前提として、海外旅行初心者さんにとってハードルが高いのは、やはり言語。台湾やハワイのように、日本語が話せる人がいる国であれば、万が一の時も何とかなりそうなんですが、英語すら通じない国と言うのは、やはり初心者さんにとっては相当ハードルが高いと言えるでしょう。
「英語なんて全然わからないし…」という方でも、いざとなれば、スマホアプリなどの力を借りて何とか対処ができるでしょうが、英語すら通じないとなるともうお手上げ。更に、漢字圏の国なら筆談で何とか意思の疎通がはかれるかも…?
最初に訪れる国は、最低限の英語が通じる国にしておいた方が良さそうです。


https://www.pexels.com/photo/photography-of-airplane-during-sunrise-723240/

飛行機の乗り換えが必要な国

また、飛行機の乗り換えが必要なエリアも、初心者さんは避けておいた方が無難でしょう。直行便よりも経由便の方が大抵の場合安いので、ついつい惹かれてしまいそうになるのですが、日本から添乗員さんがつきっきり、というツアーでない限りやめておいた方が良いでしょう。
万が一乗り継ぎに間に合わなかったり、遅延やフライトキャンセルなどのトラブルがあった場合、自力で経由地のカウンターで交渉しなければなりません。たとえ日本のエアラインであったとしても、経由地や現地のスタッフに日本人がいるとは限りません。言語に問題がない、かつ、交渉ごとは大得意!という方でない限りは、直行便の旅をチョイスすることをおすすめします。


https://www.pexels.com/photo/commuter-commuting-late-lost-34164/

治安が悪い国

もちろん治安に少しでも不安のある国は絶対に避けるようにしましょう。最近では安全と思われていた国でも無差別テロが起こったり、旅行先を選ぶのもなかなか難しくなってきていますが、外務省のサイトを参考にするなどして、最新の現地情報をチェックするよう心がけましょう。そして海外旅行保険は必ず出発前に加入するのを忘れずに。クレジットカード付帯の保険で十分という考え方ももちろんありですが、様々な条件付きだったり、全てのケースがカバーされるわけではなかったり、思いもよらぬトラブルが起こりがちですので、海外旅行初心者さんは、やはりきちんとした保険に入っておくことを強くお勧めします。最近ではネットで気軽に契約できるものが増えていますので、そういったものを利用するのが良いでしょう。

初めての海外旅行で注意する点

出発前に確認すべきことはこれ!

海外旅行初心者さんが気を付けるべきことって何でしょうか?現地での安全面はもちろんなんですが、渡航前の準備からいくつか注意すべきことがあるのも事実。
たとえばビザの問題。以前は、日本人は多くの国において、パスポートのみで入国できていたのですが、9.11以降、急速にルールが厳しくなってしまいました。アメリカやカナダは日本人に人気の旅行先ですが、いずれの国も、ESTAやETAと呼ばれる観光ビザの一種(正確にはビザ免除のシステム)を申請することが義務付けられています。これらはオンラインで、個人で申請することが可能ですが、ちょっと自信がないという方は、旅行代理店にお願いして申請してもらうのが良いでしょう。通常であれば申請してから数日で認可されますが、パスポートだけ取得して、うっかりビザの申請を忘れていた!ということのないように注意しましょう。


https://www.pexels.com/photo/person-pointing-at-black-and-gray-film-camera-near-macbook-pro-1051075/

次に注意すべき点は、機内持ち込み荷物と、預け入れ荷物のパッキング。各航空会社のウェブサイトなどにも詳しく明示されていますが、液体物は100ml以下の容器に入れて、指定サイズのジッパー付きで尚かつ透明なプラスチック製袋に入れなければ、機内に持ち込むことはできません。特に海外旅行初心者さんが注意すべきことは、歯磨き粉やハンドクリーム、場合によってはシートパックなども、液体物とみなされるということ。機内でゆっくりスキンケアを… と思っていろいろ準備していっても、容量を超えていたり、プラスチック製の袋に収まりきらなかったりしていると、最悪の場合没収となってしまいます。
また、日本食が恋しくならないか心配… ということで、おせんべいやカップラーメンなどを持ち込む人も多いのですが、渡航先によっては食品の持ち込みが非常に厳しく制限されている場合がありますので、必ず事前に確認を。アメリカやオーストラリアなどは、特に注意が必要です。

旅先でも常に緊張感をもって!

また、どんなに治安の良い国を選んだとしても、そこは海外。日本と同じ感覚で街を歩くのはとっても危険。例えば慣れない旅先でスマホの地図アプリを使いながら目的地へ… というのも、できればやめておくべき行動の一つです。もちろん日本と同じように、誰もがスマホを見ながら歩いている国も多いのですが、「いかにも観光客です」といった風貌で、スマホを手にしながら歩くのはとても危険。後ろからバイクなどで突然スマホを奪われたり、スマホに集中している間に財布をすられたりなどの危険が伴います。
同じ理由から、ハンドバッグや肩掛けカバンも避けるべき。また、バックパックも知らぬうちにジッパーを開けられ、中身を取られていたなんてことのないように、ボディバッグやショルダーバッグをななめ掛けにして、荷物は常に自分の目の届く位置に。やりすぎ?と思うくらいでちょうどいいのです。


https://www.pexels.com/photo/two-persons-in-a-restaurant-1055054/

また、カフェなどで荷物を置いて席取りをすることは日本では当たり前のことですが、海外では絶対にNG。よほど治安の良いエリアでない限り、普通に置き引きされてしまうのがオチ。更にカフェやレストランで、荷物を椅子の背もたれに掛けるのも絶対にやめましょう。食事や友達とのおしゃべりに夢中になっている間に、財布を抜き取られたり、荷物ごと持ち去られたりする日本人がとても多いのです。高級レストランであればもちろん上着と共に預かってもらえるでしょうが、そうでない場合は必ず自分の目の届くところに置いて、絶対に目を離さないこと。

荷物はできるだけ身軽にして!

初めての海外旅行となると、ついあれもこれもとスーツケースやバックパックに詰め込んでしまいがち。初海外旅行ということで、もしものことを考えてしまう気持ちは十分に理解できますが、荷物が多くなればなるほど、それに比例して旅行の疲れも増します。自宅や空港、空港から都市、都市から次の観光地へと旅行に移動はつきものです。自分で荷物を持ち運ぶことを考えると、荷物が多いとやはり大変な思いをします。
さらに、旅行先での買い物を考えている方は、帰りは荷物が増えることを考慮して、スーツケースやバックパックにはそれなりの余裕を作ることが必要になります。そのため、持っていくものの選別やパッキングを上手に進める必要があります。ポイントとしては、衣類などは着回しできるもの、コーディネートしやすいように柄物は避けること、同じ役割を果たすアイテムは一つに絞ること、また圧縮袋を使うことがあげられます。
荷物を減らせば、身軽になり移動が楽になる上に、空港でチェックインする前に、重量オーバーしていないかとハラハラすることもなくなりますよ。


https://www.instagram.com/p/BmgPQe_nLiK/?hl=ja

もしものために海外旅行保険に加入して!

関連記事