入浴で健康に!自律神経を整えるお風呂の入り方とは

ストレスや生活習慣の乱れによって引き起こされる、自律神経の乱れ。イライラや動悸などさまざまな症状があり、日常生活に支障をきたしてしまいます。そんな自律神経の乱れをお風呂に入ることで改善できることをご存知でしょうか。正しい入浴方法をとることで、自律神経を整える効果があると言われているんですよ。では、どのような入浴方法で自律神経を整える事ができるのでしょうか?

公開日:    最終更新日:

そもそも自律神経が乱れるのは何故?


https://www.photo-ac.com/main/search?q=ストレス

自律神経のはたらきとは?

自律神経とは、わたし達の体が生きていくために循環器、呼吸器、消化器などの機能を調節してくれる神経のことです。わたし達が意識しなくても心臓は動いて血液を全身に送り出し、胃は食べたものを消化して栄養を吸収、寝ている間でも呼吸を続けています。これはすべて自律神経のはたらきによるもので、24時間休みなく働いています。からだを動かしている自律神経は、交感神経と副交感神経の2つで構成されています。

●交感神経
主に昼の時間、体が活動するときに活発になるのが、交感神経。緊急時やストレスを感じた時にも、活発になります。心拍数を増やし、消化器の動きを抑え、血管を収縮させて血圧をあげる働きをします。主に激しい運動したとき、緊張、興奮しているとき、仕事に集中しているとき、危機を感じているときなどは、交感神経が優位になっているのです。

●副交感神経
体を休めているとき、夜に優位になるのが副交感神経。心拍数を減らし、消化器官を活発に動かし、血管を広げて血圧を下げて、体をリラックスに導きます。副交感神経が優位になることで、体をしっかりと休息させることができるのです。

自律神経の乱れはバランスの崩れ


https://www.photo-ac.com/main/search?q=ストレス

自律神経を構成している交感神経と副交感神経は、お互いに協力して働いています。仕事を一生懸命行っているときには、体を緊張状態に持っていく交感神経が働き、体をリラックスさせる副交感神経はお休み。夜ゆっくりと眠るときには、副交感神経が優位になってエネルギーを回復させて、エネルギーを消費する交感神経はお休み。このように、一方の神経が優位になっているときは、もう一方の神経は抑えられる、というようにバランスをとっているのです。
しかし様々な原因により、この自律神経のはたらきのバランスが崩れてしまうことがあります。交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなってしまうのです。そうすると休息したいのに交感神経が優位になったままで副交感神経に切り替わらず、寝付けない、熟睡することができない、といったことが起こってしまうのです。このように交感神経と副交感神経のバランスの崩れは、自律神経の乱れにつながっていくのです。

自律神経が乱れる原因とは?


https://www.photo-ac.com/main/search?q=ストレス

自律神経が乱れてしまう原因は、主に次の3つのものが挙げられます。

●身体的・精神的なストレス
過労、事故、ケガ、季節の変わり目の気温の変化、音、光は私たちの体に身体的なストレスとなります。また仕事でのプレッシャー、不安、職場の人との人間関係は精神的なストレスとなります。これらのストレスが過剰になってくると、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

●生活習慣の乱れ
夜更かしをして寝るのが遅くなる、朝になっても起きず昼過ぎまで寝ている、食事の時間が不規則、これらの生活習慣は自律神経の乱れを引き起こしてしまうことがあります。交感神経は日中体を動かすために優位になり、副交感神経は食事の時や体を休める夜に優位になるという、一定のリズムに添って働いています。そのため生活の時間がまちまちになってしまうと、自律神経の乱れを引き起こしてしまうのです。

●疾患が原因のこともある
更年期障害は女性ホルモンの分泌量の急激な減少により起こりますが、これが原因で自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。自律神経失調症は、精神的・身体的ストレスにより自律神経が乱れて発症する病気ですが、その症状はさらに自律神経を乱れさせるという悪循環になってしまいます。

自律神経が乱れると起きる症状


https://www.photo-ac.com/main/search?q=ストレス

自律神経は体の様々な部位のはたらきをつかさどっていますから、自律神経が乱れると体中にいろいろな症状が現れてきます。その症状には次のようなものが挙げられます。

●頭痛
女性に多い頭痛ですが、その原因に自律神経が深くかかわっています。
「緊張型頭痛」
頭痛の70%は緊張型頭痛といわれており、これは交感神経が優位になって肩や首、頭の筋肉が緊張することで、周りの神経を圧迫することで起こる頭痛なのです。
「片頭痛」
頭痛の約30%は片頭痛であるといわれています。片頭痛は血管が拡張して周りの神経を圧迫することで頭痛を引き起こすのですが、これにも自律神経のはたらきが関係しています。緊張状態の時は交感神経が優位になっているのですが、この時に交感神経が優位になりすぎると、その反動で副交感神経が優位になった時に過剰になってしまいます。そのため血管を必要以上に拡張させて片頭痛が起きてしまうのです。そのため、副交感神経が優位になることが多い休日に、片頭痛に悩まされる人が多いようです。

●目
「眼精疲労」
仕事で忙しかったりすると交感神経が過剰に働きます。そうなると首や顔に筋肉が緊張するので、普段よりも血流の流れが制限されてしまいます。そのため、疲れを取るのに必要な酸素や栄養分が行き渡らなくなってしまいますので、目が疲れやすくなってしまいます。
「ドライアイ」
目に潤いを与えてくれる涙の分泌は、副交感神経の時に高くなります。それで交感神経が過剰に優位になってしまうと、目が乾燥しやすくいなるのです。
「めまい」
交感神経が優位の時は脳への血流が制限されてしまいますが、これは内耳の機能低下を引き起こしてしまい、めまいとなって表れてきます。

●胃腸
自律神経のはたらきは胃や腸の調子にも大きく影響を及ぼします。消化、吸収、排泄は副交感神経が優位の時に行われます。交感神経がストレスや緊張でずっと優位になってしまうと、胃腸のはたらきは低下。胃もたれ、胃痛、食欲不振、便秘といった症状が出てしまいます。また、胃腸の粘膜への血流の流れが阻害されてしまいますので、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどのリスクも高まってしまいます。

●耳
交感神経が過剰に優位になってしまうと、脳や耳への血流が悪くなってしまいます。これによって耳の機能、音を伝達する中耳、音を感じる内耳、音を脳へと伝える前庭神経の働きが低下、難聴や耳鳴りが起きてしまうのです。

●呼吸
呼吸は副交感神経が優位の時に深くなり、交感神経が優位の時には浅くなるのです。ストレスや疲れで交感神経が過剰に働くと、呼吸が浅くなってしまいます。そのため呼吸が早くなったり、ときには過呼吸を引き起こしてしまうこともあります。

●肩こり
交感神経が過剰に優位になると、肩や首周りに力が入ってしまいます。この状態が続くことで、肩こりを引き起こしてしまうのです。


入浴が自律神経を整えるのに効果的な理由


https://www.photo-ac.com/main/search?q=入浴

仕事でストレスを感じたり、緊張していると、自律神経の切り替えがうまくいかなくなってしまいます。そうなってしまうと、夜になっても交感神経が優位になったままで、眠れなくなってしまうことがあります。
そんな時に活用したいのが、夜の入浴タイム!この時間を上手く活用することで乱れてしまった自律神経を整えることができるのです。入浴が自律神経を整えてくれるのには、次の3つの理由があります。

お湯の温度

ちょっとぬるめかな、と感じる40℃くらいのお風呂に浸かるのが自律神経を整えるのにはおすすめです。体温より少し高い温度のお湯に浸かることで、血行を良くしてくれます。また体が芯から暖まりますので、新陳代謝が促進され体内の不要物の排出が促されますし、緊張して硬くなった筋肉を柔らかくしてくれます。

お湯の水圧


https://www.photo-ac.com/main/search?q=入浴

お湯に浸かると体は水圧の影響を受けます。お湯に浸かると水圧で横隔膜が上がり、肺の容量が減少します。これにより呼吸の回数が増え、心臓の動きが活発化。血流が良くなることで疲労物質を流してくれ、体の疲れを取ってくれるのです。

お湯の浮力

水には浮力がありますよね。水に入って体が浮力で浮くと、筋肉や骨、関節といった、普段体を支えている部分の負担が減るのです。また、筋肉が緩むことで体がリラックスしα波が出やすくなり、副交感神経を優位にしてくれます。

自律神経の乱れを整える入浴方法

関連記事