スポンサーリンク

【イライラ】旦那がいるとストレスが溜まる!解決方法はある?
スポンサーリンク

旦那がいるとストレスが溜まってしまう原因

旦那へのストレスの原因は、ひょんなことから始まり、だんだん小さなことがチリも積もって、旦那のストレスが溜まっている人も多いようです。昔は旦那ことがあんなに好きだったのに、今では旦那の顔を見るたびにイライラしてしまうということは、最近残念ながらよく聞きますね。

昔は旦那の顔を見るとドキドキしていたのに、今では舌打ちをしたくなってしまうほど嫌いになったという変化に、自分でも戸惑っているのではないでしょうか。

なぜ旦那のことが嫌いでストレスを感じるのか、旦那へのストレスの原因をみていきましょう。ストレスの原因がわかれば旦那嫌いへの対処法が見えてくきて、解決できるのではないでしょうか。このまま放置しては体がボロボロになってしまうので、すぐに解決法を探していきましょう。

「旦那ストレス」の原因になりやすい旦那の特徴は?

それでは、旦那ストレスの原因をチェックしていきましょう。

家事や育児を何にも手伝わないところ

旦那へのストレスの原因のひとつめは、家事や育児をまったく手伝わないことではないでしょうか。あなたが専業主婦で、旦那さんがガッチリ外で稼いできてくれるなら、家事は手伝わなくても仕方がないかもしれません。

でも、共働きなのに家事をするのは全部女性だったとしたら、それは休む暇もないので疲れ切っちゃいますよね。夕食後は旦那はソファーでくつろいで、スマホをポチポチ触ったり、テレビを見て大笑いをしているところ、あなたは食事の後片付けをして、キッチンの掃除をして、洗濯ものをたたんで、アイロンをかけたり、明日のお弁当の用意をするなどのように一息つく暇もなく家事をしていたら、すぐそばで、リラックスモードの旦那にイライラしてストレスに感じるのは当然のことでしょう。

育児の場合は、たとえあなたが専業主婦でも、2人の子どもなんだから2人で協力して育てるのは当たり前なのに、「母親なんだから」というわけのわからない理論で、こっちに任せきりにするなども、そりゃムカつくはなしでしょう。しかも、ちょっと手伝ったら、偉そうに「僕やりました」とアピールをしてきてウザイなどの経験もありませんか。

家事も育児もあなたの負担が大きければ、旦那を嫌いになっていきますし、顔を見るたびにストレスを感じるのは当然のことでしょう。

妻をお母さん代わりにする

旦那をストレスに感じる原因のふたつめは、妻をお母さん代わりにすることです。お母さんと同じように、妻に全部やってもらって当たり前と思っている旦那は、本気でむかつきくでしょう。「あれどこだっけ?」「靴下、出てないよ?」「ご飯まだ?」など、あれもこれもお世話するのって疲れますよね。

こんなことを毎日のように言われて、身の回りの世話を全部やらなくてはいけないなら、「私、あなたのお母さんじゃないんだけど…」と思ってしまうでしょうし、そして「そんなに全部やってもらいたいなら、私じゃなくて、お義母さんと一緒に暮らせば良いのに」とも思ってしまうのではないでしょうか。

義実家の攻撃から守ってくれない

旦那を嫌いになる原因のみっつめには、義実家の攻撃からあなたを守ってくれないことでしょう。姑が嫁いびりをしてくることを旦那さんに訴えて、何とかしてほしいとお願いしても、頼りなかったらストレスが溜まるのは当たり前でしょう。

例えば、母さんだって悪気はないんだよ。母さんは君と仲良くしたいだけなんだ。気にしすぎだよ。嫁の立場なんだから、もっと母さんに気を使えよ。母さんがそんな嫌がらせするはずがない。母さんを悪く言うな。など言われていたら、心もからだもボロボロになってしまうでしょう。

こんなことを旦那から言われたら、イライラするし、旦那のことを嫌いになります。場合によっては、完全に嫁であるあなたを悪者にして、義実家と一緒にあなたを攻撃してくることもあったら、ストレスはどんどん溜まっていく一方でしょう。

そんなモラハラをされたら、ストレスどころか本気で嫌いになって離婚を考えることもあるでしょう。

話を聞いていない

旦那にストレスが溜まる原因には、旦那があなたの話を聞いていないことです。あなたが話しかけているのに、テレビやスマホに夢中になって、全然話を聞いていなかったりしませんか。

返事をしたとしても、明らかにうわの空だったらイライラしてしまうでしょう。しかも、「今日、帰りに牛乳を買ってきて」とか、「残業で遅くなるなら連絡して」のような用件も、全く聞いてなかったら、本気でイライラして「なんでこの旦那と結婚したんだろう」と疑問に思いイライラどんどんしてきしまうでしょう。

自分の都合優先で行動する

旦那を嫌いになる最後の原因とは、自分の都合優先で行動することでしょう。たとえば、週末は家族のことは全く気にせず、趣味仲間と遊びに行ったり、残業や飲み会で、夕食がいらない時にはすぐに連絡してほしいと言っているのに、まったく連絡せずに、「ごめん、連絡するの忘れちゃった!」と言うことです。

旦那の夕食を作るか作らないかは、労力や時間に大きくかかわるので、早めに知らせてもらいたい、作ったものを無駄にしたくないというのを旦那は理解できず、こちらの都合を考えず、自分の都合優先で行動するので、連絡を何度もし忘れるんでしょう。

夫婦や家族として一緒に暮らしている以上は、最低限守るべきルールはあるでしょうし、相手の都合を考えずに行動されると誰だってイライラしますし、ストレスが溜まってしまうでしょう。

旦那にストレスを感じてしまう時の対処方法

それでは、このような原因のストレスを解消する方法を次に見ていきましょう。一番は、その原因を解決することですが、なかなか理解してもらえなかったり、直らないようなら、ストレスを解消する方法をしっかりと持っておいたほうがいいでしょう。

1.距離を置くのが一番

基本的には、お互い距離を置く事で、冷静になる事ができる場合が、ほとんどでしょう。距離を置くだけで夫の気持ちにも変化が生じるようになり、行動を改めてくれる場合もあるでしょう。

妻のいない間にありがたみを実感することもありますし、夫の態度が変わるかもしれないという希望もあるでしょう。夫とうまく距離を保つためにも、一度だけで終わらせず、時間を置いて繰り返し行うといいでしょう。互いに快適な程度に距離をとることが大切です。夫原因のうつ症状を治していき夫婦間の関係を回復させていきましょう。

2.夜に外出する

夫にストレスを抱えながらも、今まで熱心に夫の世話やサポートをしてきた奥さんが、急に夫と距離を置き始めたら「最近様子がおかしい」と、夫を不安にさせてしまうかもしれません。そのためにも、まずは身近なところから始めてみるといいです。

飲み会の予定を入れて、夜に外出すれば自然に見えるのではないでしょうか。次に一泊旅行やそして長期旅行などといったように、少しずつ段階的に夫と距離を置く時間を長くしていくといいのではないでしょうか。

自分の時間を作ることも、とっても大切ですよ。自分を解放してあげて、エネルギーチャージしてまた新しい気持ちで、旦那さんと向き合うことができるかもしれません。

3.主治医からの指示だからと言う

外出が多くなると、夫から文句を言われたりすることもあるかもしれません。理由を問い詰められたりする事がありますが、このような時には「お医者さんからの指示だから」とサラッと言ってごまかしたりしてもいいでしょう。

症状を改善していくためにも、旦那さんと離れる時間を持つ事が必要だとドクターに言われたと正直に話すのも選択肢のひとつですし、変にコソコソ隠し事をするより、正直に話してもらった方が旦那さんも自分の行動を改めたりしてくれるきっかけになるかもしれませんし、安心して納得してくれるでしょう。

4.夫の身の回りの世話はしない

これまでは、熱心に夫の世話をしてきたというあなたは、外出中夫が身の回りの事をちゃんとできているかなどと心配してしまうのではないでしょうか。最初のうちは食事を用意しておき、時間になったら外出するというのもいいですが、慣れるためにも「あとは全部宜しくお願いします」と放置しておくのもいい対策でしょう。

これは、夫が自分で自分の事をやる良いきっかけでもありますし、妻への依存を減らすきっかけになるので夫の自立につながるのではないしょうか。

5.外出中は夫と連絡はとらない

そして外出の目的は夫から少し距離を置くためになります。できれば携帯で電話やメールをしないようにするといいでしょう。外出中は夫の気配を感じない環境を満喫し、帰ったら「お留守番ありがとう」と夫を褒めてあげるといいでしょう。

お互い離れていた間どうしていたのか報告し合う事などをして、和やかなムードが作りだせるかもしれませんよ。

6.ストレス軽減に役立つ食品をとる

まず、ストレスを緩和させるためにも食生活からも改善してみるのもおすすめでしょう。食生活でビタミンA、C、Eを積極的にとるように心がけてみてください。ビタミンBは中枢神経を強くして鎮静効果を高めてくれますし、主にビール酵母や穀物、アボカド、キャベツやインゲンなどに含まれいるんですよ。

ミネラルは身体に不可欠な成分で、マグネシウムやカルシウムとカリウム摂取は基本になります。フルーツや野菜に多く含まれていますが、特にマグネシウムはストレスに驚くほど効果があるので積極的にとっておくといいでしょう。

これらの食品を参考にして、夕飯のレシピを考えてみるのもおすすめですよ。「にんじん」「ブロッコリー」「芽キャベツ」「ドライフルーツ」「ほうれん草」「サツマイモ」です。スーパーに言ったら積極的に取り入れてみましょう。

7.夫を焦らす

ストレスにうまく対応するために行動を起こそうとしても、夫がしつこく邪魔してきたり、理不尽な事を言ってきたりするようであれば、最終手段である「離婚」や「別居」をちらつかせるしかありませんよね。

ただしこれは、本当に夫婦関係が崩壊しかねないので、本気で離婚を考えている時以外はできるだけ使いたくない切り札になるでしょう。本当に最後の手段としてどうしようもなくなった時に使うようにしましょう。

ストレスを溜めたまま生活を続けると、いつか限界を迎えてしまう

ストレスを溜め続けてしまうと、女性ホルモンに悪影響が出てきてしまうでしょう。私たちは独身か既婚かに関わらず、生きていればどこかで、ストレスを受けています。強いプレッシャーを感じた時に、女性の健康には自分でも気づかないうちに変化が起こっていて、生活の質を左右する事さえあるんです。

女は弱くて、そして強い?ストレスの女性への影響を見ていきましょう。夫源病になるというひとは、既婚女性の5人に1人のようです。うつ病や精神疾患を経験すると言われているようです。これらの原因としては、夫の無神経な発言や行動、夫の存在そのものが挙げられます。夫自体が最大のストレス要因となり、多くの妻が苦しむ症状は特に「夫源病」と呼ばれています。夫に対する嫌悪感やイライラが大きくなると症状はさらに悪化していくでしょう。

特に更年期の女性は、心身共にストレスに対して弱くなって、デリケートな時期なるので、そのうち離婚してやると思うなどいつもより感情的になってしまうケースも多いでしょう。

夫源病になると、改善させるためには時間がかかりますし、とにかく夫から距離を置く以外方法はないようです。しかし一人で外出したくても、夫婦生活をしているとなかなか気軽に外に出られないでしょう。そうやって夫のために外出を控える事も、女性にとってストレス要因となってしまいます。

一気に老けこみ、体調不良も続くのは、本当に辛いでしょう。ストレスの怖いところは、私たちの貴重な人生の一部を無駄にしてしまう事なのです。私たちを一気に老けこませ体調も優れなくなりますし、それまで出来ていたようにやる気を持って生活していく事が難しくなってしまうという悲しい結果をもたらしてしまいます。

これらを改善していくためにできることを、今すぐに始めることがおすすめでしょう。ストレスが女性に与える影響は、女性にとってデメリットになる事が多いので、このような悪循環に陥らないようにするためにも、これらを参考にしてみましょう。

まずは、医療機関の力を借りることです。まずは最大の問題であるストレス要因を突き止めましょう。夫が原因だと分かっているのであれば、夫にどんなところを治してもらったらストレスを感じなくなるのか考えていく必要があるでしょう。

ふたつめは、自分の時間を作ることです。ほんの短時間でも一人でリフレッシュできる事をしていきましょう。お散歩するだけでもいいですし、好きな音楽を聴くなど、とにかく自分がリラックスできるような事をするのです。

さいごに、大事な事は何か優先順をつけるこおとです。優先順位を見極めましょう。人生は、健康な身体があってこそ成立します。どんな状況が、自分にストレスを与えているのか分析していくこともとっても大切になってきますし、それに対してどんなふうに対応できるのかしっかりと確認していきましょう。

スポンサーリンク