【男性にもある更年期障害!】男性更年期障害の症状や対策とは?

「更年期障害」と聞くと、40~50代の女性に現れるイライラや不調というイメージがありますよね。しかし、男性も更年期を迎えるとさまざまな症状が現れ始めるのです。今回は、そんな男性の更年期障害の原因や症状、対策方法についてご紹介します。いつまでも健康でいられるよう、しっかりと対策をしておきましょう!

公開日:    最終更新日:

更年期障害は男性にも訪れる


https://www.photo-ac.com/main/search?q=更年期 男性

40代、50代の男性で、最近なんだかやる気が起こらない、急に怒りっぽくなった、今まで好きだった趣味をやるのが面倒になった、ということはありませんか?ついつい加齢のせいにしてしまいがちですが、これらの症状は男性の更年期障害の可能性があります。男性の更年期については医学の世界でも最近知られるようになった分野で、「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」という名前が採用されました。以前は加齢のに伴う症状として、診察の対象にはなっていませんでした。しかし現在では社会が高齢化し男性にも更年期があることが広く知られるようになり、治療を行う病院も増えてきました。

男性の更年期障害の原因とは


https://www.photo-ac.com/main/search?q=ストレス

男性の更年期の原因は何でしょうか?その原因は、男性ホルモンの減少。男性ホルモンはテストステロンといい、その分泌量は20代にピークを迎えます。その後、緩やかに低下していくのです。
男性ホルモンが低下することに加えて、仕事や生活で生じるストレスが引き金となって、男性の更年期が始まってしまうこともあります。40代~50代という年代で始まる男性の更年期は、ストレスが引き金となって生じることが多いのです。この年代は、仕事では責任の重い役職についてプレッシャーを感じる、リストラの不安があり、生活では夫婦の不和、親の介護が必要になってくる、というように、ストレスの原因となる様々な出来事が生じてきます。このようなストレスは、血圧や血糖値を上昇させ、脳下垂体から男性ホルモンの分泌を抑える指令が出されて、男性ホルモンの分泌量が低下してしまうのです。
60代~80代の男性の更年期障害は、精神的な症状よりも、身体的な症状が顕著になってきます。強い疲労感、体調不良、筋力低下、肩、腰、膝の痛みがそれにあたります。しかしこの時期には男性ホルモンの低下による問題だけでなく、加齢による細胞障害も関係してきますので、診断が難しくなってきます。

男性ホルモンの役割とは?


https://www.photo-ac.com/main/search?q=ストレス

男性ホルモンには次のような働きがあります。
●筋肉を成長させる
●ドーパミンを分泌し意欲を起こさせる
●血管に有害な不純物が蓄積されるのを防ぐ(メタボ予防になる)
●性欲を保たせる
●加齢による衰えを防ぐ
●記憶力や集中力を向上させる
男性らしさを保つのに、男性ホルモンはとても重要な働きをしているのですね。一般的に芸術家や音楽家といった創造的な仕事に携わっている人は男性ホルモンの量が高く、中には60代、70代でも高い数値を保っている人もいるのです。逆に教師、銀行員、医者といった社会的な規範に縛られやすい職業についている人は、男性ホルモンが低いといわれています。

男性ホルモンが減ってくるとどうなるの?

男性ホルモンが減少するとどうなるのでしょう?前に見ましたように、男性ホルモンには様々な働きがあることがわかりました。男性ホルモンが減少してくると、当然これらの働きが鈍ってきます。大きく分けて3つの分野で症状が出てきます。
●性機能に関連した症状
●精神的、心理的症状
●身体的症状
それぞれについては次の見出しで詳しく扱っていきます。

男性の更年期障害で現れる症状

男性更年期の症状には、性機能の症状、心に変化を生じさせる心の症状と、体に現れてくる外的な症状があります。それぞれ具体的にどのような症状があるのか細かくみていきましょう。

男性更年期の性機能の症状


https://www.photo-ac.com/main/search?q=年配 男性

男性ホルモンは、性機能と深く関係しています。男性ホルモンの分泌量が低下してくると、勃起障害(ED)が起きてくるのですが、日本では50代で40%、60代で80%がEDの問題を抱えているともいわれています。男性ホルモンは神経や血管に作用し、一酸化窒素やサイクリックGMPを作り出して勃起を促します。また異性を引き付けるためのフェロモンを出し、興奮作用のあるドーパミンを分泌するのです。そのため男性ホルモンが減少すると、性欲が低下、EDが起こります。セックスに興味がわかない、性的欲求がわかない、早朝勃起しないといった性欲の減退がみられる場合は、通常のEDではなく、男性ホルモンの低下が考えられます。

具体的には次のような症状が現れてきます。
●性交中に勃起を維持できない
●勃起している時間が短い
●性欲の減少
●セックスに興味がわかない
●早朝に勃起することが少なくなった
●夜中に何度もトイレに行く
●日中もトイレが近くなった

男性更年期の心の症状


https://www.photo-ac.com/main/search?q=ストレス

男性ホルモンは精神面にも大きな影響を及ぼします。脳にやる気や意欲を起こさせる物質を”ドーパミン”といいますが、男性ホルモンはこのドーパミンの分泌を促す効果があるのです。そのため、男性ホルモンの量が低下するとやる気や物事に取り組む意欲が低下します。
また男性ホルモンには一酸化窒素を作り出す作用があります。男性ホルモンの減少により一酸化窒素の生産量が減少すると、脳のニューロンが情報処理スピードが遅くなります。これがうつ状態を引き起こしてしまうことがあります。
男性ホルモンには眠りを深くする作用もあります。そのため男性ホルモンが減ってくると、睡眠の質が低下し、睡眠障害を引き起こしてしまいます。
男性の更年期に、不安感を強く感じることがあります。これにも男性ホルモンの低下が関係していると考えられています。脳にある偏桃体はわたし達の記憶や感情を処理する部分なのですが、ここにこれまで経験していた恐怖や悲しみ、不安をストックしているのです。男性ホルモンはここにフタをする役割をしているのです。男性ホルモンが低下するとそのフタが緩んでしまい、抑えられていたはずの恐怖や悲しみがよみがえってしまうのです。そのため、不安感や恐怖感が強くなってしまうのです。

具体的に起きてくる症状には次のようなものがあります。
●不機嫌なことが多い、些細なことでイライラする
●パニックになることがある
●一日中憂うつな気分が続く、罪悪感を感じる
●笑うことがなくなった
●食欲がなくなり体重が減少した
●極端に食欲が増加した
●なかなか寝付くことができず、夜中に何度も起きる
●朝早く目が覚める
●仕事のミスが多くなり、仕事に前より時間がかかってしまう
●物忘れが多くなった
●決断をするのが難しくなった
●趣味やスポーツに興味が持てなくなった
●無気力になって、無理やり気持ちを奮い立たせないと何かができない

男性更年期の体の症状


https://www.photo-ac.com/main/search?q=年配 男性

男性ホルモンには筋肉を増強し、骨を丈夫にする働きがあるのですが、男性ホルモンが減少することによって、筋肉量の低下していってしまいます。これにより、運動機能が低下し歩くのが困難になってしまうこともあります。
男性ホルモンが低下すると内臓脂肪が増えてしまうので、体重が増加し、生活習慣病が発生するリスクが高くなります。
また若いころに比べて疲労を感じやすくなるのも特徴です。その他、男性ホルモンは体中の様々な器官に影響を及ぼしますので、男性ホルモンの低下により様々な体の不調を感じるようになります。

具体的な体の症状には次のようなものがあります。
●暑くないのに良く汗をかく
●寝ている間にも寝汗がすごい
●のぼせて体中が熱くなる
●ホットフラッシュが起きる
●耳鳴りがする
●原因のわからない頭痛が続く
●めまいを感じる
●体重が増えてきている
●健康診断でメタボリックシンドロームといわれた
●階段を上る、歩くのがつらい
●筋力がなくなってきた
●運動を少しすると息切れする
●長時間椅イスに座っているのがつらい
●歩くと膝や腰が痛くなる
●手足、背中が痛む
●眠気を強く感じる
●夕方になると強い疲労感がある
●ひげが伸びるのが遅くなってきた
●高血圧による頭痛、息切れ、動悸
●心筋梗塞による胸の痛み、吐き気
●狭心症による胸の締め付け感、気分の悪さ

男性の更年期で行くべきなのは何科?


https://www.photo-ac.com/main/search?q=病院

関連記事