スポンサーリンク

絶対にNG!40代がやってしまいがちな若作りファッション
スポンサーリンク

あなたは若作りファッションしていませんか?


https://www.pakutaso.com/20180121018post-14843.html

40代になったあなた。年齢とともに体型や肌質等が変わり、どんなファッションをしていいのかわからなく「おしゃれ迷子」になっている人が多いことでしょう。それでも毎日コーディネートに気をつけたり、トレンドを追ったりとファッションを楽しんでいるのはないでしょうか。

しかし、そんなあなたは知らないうちに若作りファッションをしてはいませんか。好きなファッションは変わらないからと今までと同じようなスタイルをしていたり、逆に年齢が上がったことに抵抗しようと今まで以上に知らない間に張り切り過ぎていたりと年齢にそぐわないファッションをしてはいませんか。

自分に似合うファッションであればいいですが、それが少しずれてしまっていると周りから「イタい人」と思われてしまうことがあります。似合う似合わないに関わらず、40代の誰がやっても完全に若作りとなってしまうファッションは注意した方がいいですよ。

40代がやってしまいがちな若作りファッション

40代になっても、知らないうちにやってしまっている若作りファッションがあります。あなたが知らなかったとはいえ、周りからは「イタい」目で見られています。そんな風にならないよう、によく読んで注意してくださいね。

スカートに生足


https://www.instagram.com/p/BjkGN_SgHRn/?hl=ja

何と言っても若作りにしか見えないのが、スカートに生足のスタイルです。特にミニスカートを履いてしまったらもう大変。若作りをしているイタイおばさんにしか見えません。「まだまだ自分はいけるから」、と自慢の脚線美を披露してもやはり40代という年齢には勝てません。「40代なのに頑張ってる」としか思われないですし、せっかくの上品な雰囲気のあなたの格がさがってしまうことも。

現在はミモレ丈のフレアスカートやプリーツスカート、ベイカースタイルのスカートなど膝下丈が主流で、40代のあなたが着こなすと上品に見えます。同じようにマキシ丈のスカートもたくさんの種類が出ていますので、膝上丈のミニスカートをわざわざ生足で履くファッションをする必要がありません。それがおしゃれに見えていたのは20代まで。40代ならただの若作りファッションですよ。

肌見せファッション

前述した「生足+スカート」ファッションだけでなく、40代は露出がすぎる肌見せファッションはNGです。チューブトップなどでお腹を見せたり、ショートパンツで脚見せ、さらにはクラッシュデニムの激しいアイテムは若作りファッションの元になってしまいます。

今はやりのバックシャンスタイルや抜き襟もやり過ぎてしまっては、肌を見せることが多くなりセンスのいいものではありません。胸元が露わになるようなスタイルにならないように、適度なデザインを選びましょう。

同様にオフショルダーアイテムも気をつけましょう。デザインによってはギャル系ファッションや若作りファッションになってしまいます。トレンドで取り入れたいアイテムだからこそ注意が必要です。

ゆるトップスにゆるボトム


https://www.instagram.com/p/BjnpMtJBKRu/?hl=ja

今人気のゆるトップスにゆるボトムス。オーバーサイズなので体のラインを拾わず、体型の変わってきた40代には嬉しいファッションスタイルがトレンドですよね。しかし上下ゆるゆるにしすぎては、若作りファッションどころかおばちゃんに見えてしまう危険性があります。

締め付けのないファッションに気持ちも緩ませすぎてはいけません。トレンドを意識してオーバーサイズのアイテムを取り入れたいのであれば、コーディネートに引き締めるポイント(どちらかはジャストサイズや、ウェストマークをいれるなど)を必ず入れるファッションにしましょう。

キャラクターを取り入れたファッション


https://item.rakuten.co.jp/royalpacific/ecsn/

いつの時代も、好きなキャラクターがいるのは仕方のないこと。しかし、それをファッションに取り入れていいのは若い時だけです。自分の好きなTシャツやトレーナーだからと、40代になった今でも着てしまう人はいますが、ただの若作りにしか見えません。

比較的シンプルにできるミッキーマウス等でも幼く見えてしまうものは見えてしまいます。40代になったのであれば、キャラクターものは卒業しましょう。

フェミニンスタイル


https://www.instagram.com/p/BjUSre6AMFc/?hl=ja

40代でフリルやレース、リボンを取り入れたフェミニンスタイルをするときは注意が必要です。フリルやレース等が多すぎると、少女らしさが勝ってしまいただの若作りに見えてしまいます。

もちろんフリルやレース等はトレンドのアイテムですので、ファッションに取り入れることは自由です。しかし、40代は「少女らしく可愛い」ではなく、「上品で格好がいい」もしくは「上品できれい」なファッションをした方が年相応に見えますし、おしゃれです。アイテム選びに注意をしてかっこ可愛いフェミニンファッションを楽しみましょう。

子供っぽいカジュアルコーデ


https://www.instagram.com/p/BjpKEiRASlJ/?hl=ja

動きやすさを追求したカジュアルコーデは、40代にとっては子供っぽく若作りに見られてしまいます。例えばジーンズにスニーカー、ボーダーシャツにガウチョパンツなどが挙げられます。

これらは若い時にしていた定番ファッションでしょう。しかし40代となった今、同じ装いをしてしまうとどうしても子供っぽさが目立つように。40代ではカジュアルコーデをするならキレイめに、ヒールを取り入れたりテーパードパンツでカジュアルダウンさせるなど工夫しましょう。

理想の40代ファッションとは?


https://www.instagram.com/p/BjpBqrzANAn/?hl=ja

理想の40代ファッションは、上品なキレイ目カジュアルになります。可愛さよりも格好よさを追求した方がお洒落にきまります。

例えばミモレ丈のスカート、ボートネックのカットソーなど、露出が少ないアイテムが重宝します。レースやフリルを取り入れたい時はさりげないデザインのもので、ワイドパンツやテーパードパンツなど少し辛口のアイテムを一緒に合わせるといいでしょう。

デニムをコーデに取り入れる時は、スキニーよりもストレートパンツで脚のラインを見せない方がキレイにまとまります。その時はできるだけヒールの靴を履きましょう。上品さが気になります。それでもヒールは歩きづらいという方は、スニーカーは避け、ポインテッドトウのフラット靴やバレエシューズにするなどカジュアルコーデを上品に見せるアイテムを取り入れるといいですよ。

40代ファッションは、若作りに見られないために一つ一つのアイテムを大人っぽい上品なものにする必要があります。また、それらをキレイに着こなすには、コーデ自体の色味を2〜3色にするとすっきりまとまりますよ。大人ならではできるワントーンコーデも40代ファッションに最適です。

若作りとは言われない、キレイな大人コーデを目指しましょうね。

若作りにならないため、今すぐに処分すべきファッションアイテム


https://www.pakutaso.com/20130546128l.html

着るだけで若作りになってしまうファッションアイテムは今すぐに処分するべきです。そんな若作りアイテムをいくつかご紹介します。いまだに持っているという方、これを機に断捨離してくださいね。

キャラクターアイテム

今すぐに処分すべきファッションアイテムNo1はキャラクターアイテムです。今後絶対に身に付けることがないアイテムです。お気に入りだったからとパジャマとして残そうとするより、すっぱり処分してしまった方が気持ちが引き締まります。

また、キャラクターものの小物も処分してください。キーホルダーやストラップなど小物だから大丈夫だろうと身につけていても、もしかしたらどこかで「イタい」目で見られていることもあるかもしれません。40代になったら断捨離し、年齢にあった小物を選びましょう。

ミニスカート・ショートパンツ

露出する面積が多く、若作りファッションになってしまうミニスカートやショートパンツも処分するべきものです。「まだ着るかもしれない」という可能性はありません。ミニスカートやショートパンツを着れば体の体型が出てしまいますし、見る人全てに若作りだと思われてしまうファッションアイテムです。40代ならば、年齢に合わせてミモレ丈の上品に見えるスカートやフルレングスのワイドパンツやテーパードパンツなどを選びましょう。

若者向けブランドの小物

若者向けブランドの財布やバッグなどの小物類も断捨離するべきファッションアイテムです。全体のコーディネートが40代という年齢にあったキレイめファッションだとしても、若者向けブランドのバッグを持ってしまうと一瞬で台無しになります。

若者向けブランドは、その年代の人のものです。決して40代のあなたに合うブランドではありません。今までのお気に入りだったとしてもきっちり処分するといいですよ。

クラッシュデニム

40代になったらクラッシュデニムも処分しましょう。若い時は足全体が見えてしまうようなクラッシュ加工されたデニムも気にせずに着ていたことでしょう。しかし、そんなファッションを40代でしてしまうと若作りになりますし、品がないように感じられます。

ファッションアイテムは年齢で変わるものです。いつまでも若い時と同じようなファッションはできません。年齢とともにファッション年齢もあげましょう。

ピチピチになってしまうスキニーパンツ

若い時に必ず履いたであろうスキニーパンツ。どれだけ細いものを履けるか競争するかのように履いていたことでしょう。しかし、40代になった今。そんなアイテムは脚のラインを強調してしまう恐ろしいアイテムでしかありません。

定番コーデのチュニック+スキニーパンツでは若作りになってしまうか、野暮ったいおばちゃんに見えてしまうかのどちらかになってしまいます。40代では、自分の体型にあったパンツを選ぶようにしましょう。

年相応のオシャレを目指しましょう

絶対にNGな40代ではしてはならない若作りファッションとそのアイテムをお話ししました。40代の理想のファッションからはかけ離れていましたよね。もしかしたら知らないうちに若作りファッションをしていた人もいることでしょう。

しかし、まだ遅くありません。今回の記事を機に若作りになってしまうファッションアイテムは処分しましょう。40代という年齢にあったファッションを楽しみましょうね。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク