注意しないと危険!海外旅行で気をつけるポイントと行ってはいけない危険な国まとめ

行ったことがない場所に行くときは誰でも不安なものです。特に海外旅行に行くときは、不安が大きいですよね。海外旅行では注意するポイントがたくさんあります。
今回は、気をつけることをピックアップしてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

海外旅行は不安!?海外旅行でのトラブル


https://www.pakutaso.com/20170422094post-10915.html

海外旅行で知らない土地に行くと、気候や環境の変化で体調を崩したりしやすくなります。衛生状態が日本と異なる国に行く場合は、食べるものが変わることでお腹を壊すこともあり得ます。
もちろんすべての状況に準備しておくことができるわけではありませんが、できることを旅行前にやっておき、海外旅行中に少し気を付けることが助けになることがあります。

基本的な体調不良に対応できる薬を持っていく


https://www.pakutaso.com/20171104306post-13902.html

万全の体調で海外旅行に臨んでも、疲れや緊張から頭痛がする、ちょっと風邪気味ということは起こりえます。旅行先でつい食べ過ぎて消化剤が欲しい、ということもあるでしょう。こういった重症でない、ちょっとした体調不良に対応できるような薬をセットにして海外旅行にもっていくととっても助かります。現地の薬局で買うことも可能ですが、旅行中に薬局探しに時間がとられてしまう、苦手な言語で症状を説明しなければならない、といった状況を避けることができます。

衛生状態が悪い国に行くときに気を付けること


https://www.pakutaso.com/20161152315post-9483.html

口にするものから病原菌が体内に入って腹痛や下痢を引き起こすことがありますから、飲み水、食べ物に十分気をつけることが必要になります。飲み水は水道水ではなく、ミネラルウォーターを買うようにして、レストランでは飲み物を注文するときに「氷抜き」のものを頼むようにします。
外で食事するときには、衛生状態の良いお店を選ぶようにします。外国人観光客に人気のお店なのか、現地の人だけが訪れるようなお店なのかも判断の基準となります。アルコールジェルを常に持参するのもおすすめ。常に清潔な水があって手が洗えるとは限らないからです。

食品管理基準の違い


https://www.instagram.com/p/BqWxvcmA6H7/media/?size=l

一般的に衛生状態が良いとされている先進国に行っても、食品の管理が日本と同じように細やかとは限りません。
例えば魚や肉などの温度管理は、国によってまちまちです。
そのため、鮮度も日本とは違いますので、レストランなどで食事をする場合でも、できるだけしっかりと火の通ったものを選ぶようにしましょう。
フレッシュなものが食べたいな、と思ったら、市場やスーパーで、皮つきの丸のままのリンゴやオレンジなど、食べなれたものを買って、自分で皮をむいて食べましょう。市場やスーパーでの買い物も楽しくて、思い出に残りますよ。

食べなれないものも体調不良の原因に


https://www.instagram.com/p/BqUaemRFWLH/media/?size=l

行く先によっては、食べなれない油や大量のスパイスを使った料理が出てきます。これらは体が慣れていないので、体調を崩すもとになることもあります。
せっかくの海外旅行ですから、一切現地のものを食べない、というのももったいないお話のうえ、現実には難しいですね。ですから最初は食べなれたものを中心にして、油やスパイスが控え目のものから食べ、少しずつ身体を慣らしていきましょう。早ければ3日程度で、現地の人と同じように食べられるようになる人もいます。
また南国のフルーツは酵素が強い、というのはご存知でしょうか。いかにも南国らしい、珍しいフルーツを見ると、食べてみたくなりますね。でも生粋の南国のフルーツを、私たちは食べ慣れていません。そこに含まれる強い酵素に胃腸も慣れていないので、体調を崩す原因になります。その土地らしいものを食べるのは旅行の楽しみですが、あまり大量に食べないようにしましょう。

電気製品を持参する場合

意外に忘れがちな電気製品の交換用プラグ


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/UNI154153611_TP_V1.jpg

今や日本人の大半が持っているスマートフォン。旅先でも地図をみたり、情報検索できたり、本当に便利ですね。でもその分、こまめな充電が必要です。
それなのに意外と忘れがちなのが、携帯の充電器用のプラグを持参することです。USBケーブルと壁にあるコンセントをつなぐにはプラグが必要です。そのプラグはコンセントに合った形でなければ使えません。
電気製品についているプラグ、そして建物の壁についているコンセントの形は、大まかに地域によって分かれています。日本のような二列のものや、ハの字のものなど様々です。
そこで出発前に、必ず行き先の国に合わせた、変換用プラグを購入して、持参するように気を付けましましょう。変換用プラグとは、壁のコンセントにあった形で差し込めて、日本の二列式のコンセントをつなげられるものです。このような交換用プラグを現地の電気屋さんで見つけることは至難の業です。もし購入を忘れていた!と気づいたら、必ず出発前の空港のトラベルショップまたは電気製品ショップで買いましょう。
なお、パソコンなどの電気製品も同じことです。ノート型のパソコンであれば、電圧に関しては、変電装置が標準装備されているものがほとんどですから、コンバーター、変電機を持参する必要はないでしょう。ただしソプラグは日本式のプラグをさして、現地のコンセントに入れられる交換用プラグが必要です。くれぐれも忘れないようにしてください。

携帯電話の通話料には気を付けて!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/GREEN20160902573318_TP_V1.jpg

今のスマートフォンはだいたい海外でもそのまま使える、ローミングという機能がついています。どこにいても使える便利さはありますが、通話に関しては要注意です。日本のスマートフォンを持参して、例えばフランスのパリで、市内のレストランに予約を入れる場合。その電話は一度日本の基地局につながって、それからフランスへかける、ということになるので、日本から国際電話をかけているのと同じ、または近い料金がかかることになります。のんびりお話をしていると、後から高額な通話料を請求される可能性があるので、気をつけましょう。

特に気をつけたい地域とは

とはいってもすべての海外が危険なわけではありません。ただ、特に気をつけるといい地域というのがありますので、衛生と治安という2つの面から気をつけたい地域をご紹介します。

関連記事