ママ友との関係がギクシャク…そんな時の対処方法とママ友と仲良くするコツ

子供を育てる上で避けては通ることのできない「ママ友付き合い」。当たり障りなく付き合うことができれば一番いいのですが、やはり何かしらのトラブルが起きてギクシャクしてしまったりしがちなものです。では、ママ友との関係がギクシャクしてしまう原因は何なのでしょうか?また、改善方法はあるのでしょうか。

公開日:    最終更新日:

ママ友とギクシャクしてしまう原因とは?

ママ友との関係は心強いけれど…


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMARIC20160805310323_TP_V.jpg

子どもが幼稚園や小学校に進むようになると、児童同士の人間関係だけでなく、同時に保護者間の人間関係も新しく始まります。その中でもママ友付き合いというのは、子どもの幼稚園生活を円滑に進める上で大切な関係であり、良くも悪くも特殊なものになりがちなのが特徴です。

児童の保護者と付き合うようになるには、大半は幼稚園や小学校への入学がきっかけです。入園式や入学式、保護者会などで顔をあわせることも多くなり、保護者同士でネットワークを作っている人もかなり多いでしょう。

保護者の中でも、父親同士仲良くなる場合もありますが、特に結びつきが強くなるのが、ママ友と呼ばれる母親同士の人間関係です。日本では、子どもの育児は父親よりも母親に任されている家庭も多く、働いている父親に代わり、母親が保護者会などの集まりに参加します。そこで他の家庭の女性と接するようになり、母親同士のネットワークが作られていくのです。

ママ友関係というのは、子育てを始めたばかりで右も左も分からないという新米お母さんにとって、非常に心強い関係です。育児や夫婦生活で共感できる部分も多く、悩みを抱えている時には相談に乗ってもらったり、情報交換をして子育てをスムーズに行うこともできるようになります。

その関係は幼稚園や小学校内に限らず、休日に一緒にお出かけしたりランチを食べにいったりと、プライベートの時間も過ごすことが多くなるのもママ友付き合いの特徴です。育児や旦那の愚痴など、共感できる部分がたくさんあるからこそ、結びつきが強くなるのですね。

人間関係が濃厚になるママ友付き合いは、確かに育児や夫婦生活で不安を抱えることも多い母親にとっては心強い関係でしょう。ただ、人間関係が濃くなるというのは決してプラスの面ばかりではありません。距離感が近くなるからこそ、様々な弊害も出てきやすいのです。

濃い人間関係に息苦しさを感じている人も多い


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CHIHIROIMGL1418_TP_V.jpg

人間関係が濃くなるということは、お互いの距離感が近くなることであり、それは助けてもらいやすくなるというメリットがある反面、自分の領域に侵入されやすくなることでもあります。距離感が近いがために、制約や束縛も多くなり、それが原因で息苦しさを感じている母親というのは決して少なくはないのです。

ママ友同士の結びつきが強くなると具体的には何が起こるのかというと、1つがこちらのプライベートな問題への干渉です。夫婦生活の問題、子育ての問題といった家庭内の問題に土足で介入してくる人も、関係性が強くなると少なからず出てきてしまいます。

いくらママ友同士といっても、抱えている家庭の問題は人それぞれです。相談にのるくらいなら全く構いませんが、その家庭の問題は最終的には当事者が解決するべきことであって、部外者が必要以上に口出しするべきではありません。距離感が近いといっても、ある程度はお互いの領域の線引きが必要です。

どうしてもママ友同士の結びつきが強くなってしまうと、お節介というか、頼られたいがために口出しをしてくる母親が出てきてしまうのです。

そして、ママ友付き合いが厄介なところは、些細な行き違いで関係性が一度ギクシャクしてしまうと、大きなトラブルに発展しやすいというリスクを抱えていることです。

ママ友とのギクシャクが原因で、大きなトラブルに発展することも

濃い関係だからこそ、問題が尾を引きやすい


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBEtaicyouwarui_TP_V.jpg

人間関係の結びつきが強くなり、距離感が近い濃い関係になるということは、決してプラスの面ばかりではありません。関係が濃くなるということは、言い換えると人間関係が停滞し、風通しが悪くなることでもあります。

そして、狭いネットワークだからこそ、1度内部でママ友とギクシャクしてしまうと、それが後々まで尾を引いてしまい、禍根を残しやすいのです。些細なことが原因でギクシャクしてしまうと、風通しの悪い濃密なママ友関係の中の場合、小さな火種が燃え上がりやすく、大きなドラブルに発展しかねません。

逃げ場のない空間では、排斥としてママ友いじめが起きやすい


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBEsituren0I9A0375_TP_V.jpg

ママ友という閉じた関係の中では、1度トラブルを起こしてしまうと、大きなトラブルに発展しやすくなります。その1つとして、問題を起こしたメンバーを排斥しようとする「ママ友いじめ」というのが問題となっています。

いじめが起きやすい人間関係として、閉塞感があり、逃げ場がない関係性の中で起きやすいと言われています。学校や会社でいじめが起こるのも、教室や職場という狭い空間の中で、不登校や退職という選択肢を選ばない限り、逃げ場がないためです。本来なら加害者からは離れればいいのですが、それができないからこそ耐えるしかなく、いじめもエスカレートしてしまうのです。

いじめが起こる原因は環境以外にも、特定の人間をスケープゴート、つまり共通の敵として大勢で叩き、メンバー間の結びつきを強めるという歪んだ考えのもとでも行われます。

ママ友関係内のいじめが深刻化しやすいのも、ママ友ネットワークの狭い関係の中で行われ、子どもに迷惑をかけてはいけないと、その人間関係から抜けることが難しいためです。加えて、親密な関係だからこそ、ママ友集団の一体感が、トラブルを起こした人間を皆で一斉に叩くという、誤った方向に向かいやすくなってしまいます。

ママ友とのギクシャクした関係を改善する方法

できる限り早めに火消しをしましょう


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE_micyatta_TP_V.jpg

閉じられた関係であるママ友づきあいは、小さな火種でも大きなトラブルに発展してしまいます。些細なすれ違いだと放置せずに、関係がギクシャクしてしまったママ友がいたら、火種が炎上してしまわないよう、可能な限り素早く火消しをしましょう。

自分では大したことない問題だと思っていても、相手が同じように思っているとは限りません。怖いのが、そのママ友が尾ひれをつけて他のママ友に言いふらすことで、気がついたらママ友関係の中で自分の立場が悪くなってしまうことです。弁明しようにも、多勢に無勢、一度ついた悪評は、人間関係が濃いママ友づきあいの中ではなかなか消すことは難しいのです。

トラブルにまで発展することを防ぐためには、些細な問題と油断せず、こまめにフォローを入れるようにしましょう。相手に謝罪する際は、それに加えて簡単なプレゼントを贈るのもいいかもしれません。

ママ友とギクシャクした時にするべきではない言動

相手の旦那や子供の悪口は絶対にNG


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TKBokooko_TP_V.jpg

ママ友とギクシャクして喧嘩に発展した時、絶対に相手に言ってはいけない言葉があります。それは相手の旦那や子どもを誹謗中傷する発言です。

自分のことなら百歩譲って許せるのかもしれません。しかし、自分が大切に思っている家族を貶されたら、相手はどう思うでしょうか。些細な喧嘩が、その言葉で大きくこじれてしまい、お互いの関係に大きな亀裂を入れてしまうでしょう。人間関係の移り変わりが少ないママ友関係だからこそ、長期にわたり尾を引いてしまうため、取り返しもつかなくなります。

旦那や子どもといった家族についてのテーマは、ママ友の間では最大の関心ごとであり、実際にママ友との会話内容も、自慢にしろ愚痴にしろ多くは家庭に関するものです。プライベートである家庭内の話は、自分で語るのはいいのですが、他人に踏み込まれるのは最も嫌う領域でもあります。口出しはもちろん、悪口などもってのほかです。

ママ友関係の中では、誰が何を言ったという事実は後々まで残り続けます。勢いで発言した一言が、今後何年も尾を引くことがないよう、決して相手の家族を巻き込むような発言はしないようにしましょう。

思い切って、気の合うママ友とだけ付き合ってみるのも手

あくまでママ友づきあいは期間限定のもの

関連記事