【6畳の部屋でもオシャレに!】6畳の部屋のインテリアレイアウトのポイント&実例集

一人暮らしに多い6畳の部屋。狭くてあまり自分好みの部屋にレイアウトするのが難しい気もしますが、そんなことはありません。6畳の部屋でもインテリアの選び方やレイアウト、収納方法などを工夫するだけで、オシャレで素敵な部屋にすることができますよ♪今回は実例集と共に、その方法をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:


https://www.instagram.com/explore/tags/6畳/

ナチュラルテイストでミニマルな空間作りがされたこの空間。ベッドに重きを置いていて、その他はほとんど家具を使用せずとてもコンパクトな生活をされている様子がわかります。その中でも、狭小空間にとって有効なのは、フォールディングタイプ(折りたたみ式)のテーブル・チェアを使用していること。これによって、テーブルを使わない時はしまいこむことができ、空間を広く使用することができるのです。
小さな空間では、必要以外のものは仕舞い込めることが何より大事。機能的で圧迫感もなく、お手本となるようなすっきりとした生活空間です。

壁収納の活用


https://www.instagram.com/explore/tags/6畳/

こちらはモノクロの空間。ラグもモノクロであったりと潔いほどに、白と黒だけでつくられた空間ですね。この中で参考にしたいのが、壁の収納です。これは見せる収納として壁に取り付けられたもの。その中には、インテリアのアクセントとなるようなかわいらしくおしゃれなアイテムが設置されています。
前述のように、壁の活用は狭い一人暮らしの空間ではとっても大切。特に、このように見せながら収納できるとなお一層便利ですよね。最近は、簡単に壁に取り付けられる飾り棚が販売されていますので、気軽にお部屋に取り入れてみてくださいね。

上手に工夫して、6畳でも素敵な部屋に!

いかがでしたか?6畳という狭い空間でも、工夫次第で素敵なインテリアを作ることができるのです。
大切なのは、空間を兼用して使う工夫をすること、ものを詰めすぎないこと。持っていたくても、使わないものはしまうという意識を持つこと。これらの意識を持ってインテリア作りをすると、小さな空間でも快適に時間を過ごすことができます。大切なものを厳選してみて、今表に出しておくべきかということも検証してみましょう。
また、必要と思い込んでいる家具も実は他のもので兼用できる可能性があります。思い込みを捨てて、今日ご紹介したアイディアを参考に、部屋作りを楽しんでみてくださいね。

関連記事