【こんな人生嫌だ】40代で絶望を感じてしまう時の原因&対処方法とは

40代になると自分の人生に絶望を感じてしまいがち


https://www.pexels.com/photo/photography-of-woman-near-round-table-during-daytime-226634/

40代。なかなか認めたくはないものですが、人生もそろそろ折り返し地点というタイミングですよね。ふとした瞬間に、自分の人生を振り返って、また、これから先について考えてみては、「私の人生ってこんなものだったのかなあ」「これから先も、同じような感じなのかなあ」と思ってしまい、絶望を感じてしまう40代の方もいらっしゃるかもしれません。

普段はいきいきと、仕事や趣味、家事や育児をこなしていても、ふっと、過去かなえられなかった夢を思い出したり、輝いている友達と比べてしまい、淋しい気持ちに襲われてしまうことは、誰にでもあることです。

たいていの場合は、「でも今更しょうがない!」「皆同じようなものでしょ!」と、気持ちを切り替えて、その絶望感を見なかったことにしてしまいがちですが、たまにはじっくりと、その絶望感に向き合って、対処法を考えてみませんか?

40代で絶望を感じてしまう時の原因とは


https://www.pexels.com/photo/closeup-photo-of-woman-s-eyes-986740/

なぜ40代になると絶望を感じるの?

なぜ40代になると、人は絶望を感じやすくなってしまうのでしょう?何もかもが楽しくてキラキラ輝いて見えた20代、仕事や育児に夢中で駆け抜けた30代… そんな時代を過ぎて、ふと立ち止まってみるのが、40代というポイントなのかもしれません。

周りを見回してみると、同じように人生を歩んできたはずの友人たちが、見事なまでにバラバラな生き方をしていることに気が付くのも、40代という時期かもしれませんね。結婚して家庭に入って、長年家事と育児に専念してきた友人、結婚はしたけれど、子供は作らず仕事に邁進しながら、旦那さんと仲良く暮らす友人、はたまた、結婚はせずに、仕事に趣味にと、自分の人生を思いっきりエンジョイしている友人…

そんな多種多様な生き方をしている周囲の人たちと比べて、自分の人生はこれで良かったんだろうかと考えてしまいがちなのが、40代の特徴といえるでしょう。

40代は人生の折り返し地点


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6f/6fe1998e655934b261fc05fb94a35f19_t.jpeg

日本人女性は長寿で、平均寿命が80歳代後半です。40代ということは、ちょうど人生の折り返し地点ですね。

ここでちょっと想像力を働かせてみましょう。

寿命が90歳と仮定して、1日24時間で90歳を生きるとしましょう。

夜中の0時に生れた子が、夜中の2時には小学生になります。20歳は夜明けの5時。45歳でちょうどお昼の12時です。つまり、今、太陽が最も高い位置にあります。

今までは上るばかりだった太陽が、だんだんと日没に近づいていく、そんな時間の始まりなのです。

40代は正に人生の折り返し地点です。

これからどうなるの?という不安


https://cdn.pixabay.com/photo/2015/08/25/21/31/sunset-907704__340.jpg

今まではキラキラと上る太陽だった。けれどもこの先に待っているものは気怠い午後と、夕暮れ、そして夜。あまり明るいイメージではありませんね。

無意識とはいえ、私達もどこかで、それを感じています。これまでの上り坂ではなく、今後は下り坂が待っていることに。

そのため40代になると「私の人生、これでよかったの?」「これから下る一方なの?」「こんな人生嫌だ!」と絶望的な気分になってしまう可能性があります。

体や心の変化


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f9/f91e884c3ea9c0c925d4f9046d4c4226_t.jpeg

もう40代、まだ40代。

体調の変化も感じられる年齢です。以前に比べると回復力が落ちている、忍耐力や決断力が鈍ってきている・・・。早い人は更年期を迎える時期でもあります。そんな体や心の変化も起きるのが40代という年代なのです。

これらは今までには経験したことのない変化。更年期になると「もう私は現役の女性ではない」と考えてしまう人もいます。

こんな不安や悩みを、同年代の女性で分かち合うことができたら、励みになりますが、なかなか難しいのが現実です。
明るく「私、更年期らしいのよ」と話せる相手がいればいいのですが、実際には、まだまだ声を潜めて話す話題、と言う方も多いでしょう。

体調の不良は、心の不調につながります。体と心、両方の不調から、40代で「この先にはいいことなんかないんじゃないかしら?」と絶望感を感じる人が多いとも考えられます。

中途半端な年代だから


https://cdn.pixabay.com/photo/2015/07/02/10/38/woman-828886__340.jpg

もう若くはないけれども、お年寄りでもない。中途半端な年代。だけど「おばちゃん」にはなりたくない。若者に流行の服装をして「イタい」と思われたくはないけれど、流行をさりげなく取り入れたい。

若者の行動力は持ち続けたいけれど、体力的に難しい時もある。一方で大人としての余裕も持ちたい。

でも、どうすればいいの?こんな中途半端な状況、これまでは無かった・・・。

そう、40代は様々な意味で、中途半端な年代でもあります。

誰をロールモデルにしたらいいのか、どんな40代を目指すのか。目標になるような人が見つかれば、そちらの方向に向かって歩いて行かれます。

でも、見つからない場合には、自分で手探りで歩いていくしかありません。その不安が、40代で人生に絶望を感じる一つの要因と言えるでしょう。

「みんな一緒」が崩れて「私個人はどうしたいか?」が問われるから


https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/30/22/16/rail-2803725__340.jpg

周囲を見回すと、同年代の女性は生き方も、社会的な存在方法も、自分への意識も、本当にバラバラ。良い意味でもバラエティに富んでいます。

今までの世代では「なんとなく、これをしておくのがこの年代」という「みんな一緒」の方程式があったのに、40代にはそれがありません。

「みんなバラバラ。他の人と比べることは難しい。私はどうするの?どうしたいの?」という問いを自分自身から突きつけられて、困っている、そんな年代が40代と言えるかもしれません。

これまでは考えてこなかった、または考えずに済んでいた。それは若さの希望と、人生をひた走るだけで精一杯だったから。

でも40代は、その若さの希望は小さくなり、わき目もふらず走る必要もなくなります。すこし歩みをゆっくりにして、周囲と自分をみる余裕がでてくるのです。

そこで感じる「私はどうするの?どうしたいの?」という問いはとても重く、すぐには答えがでません。

そのために「こんなはずじゃなかった」と絶望的な気持ちになるのも40代なのです。

絶望を感じてしまった時の対処方法は?

人と比べるのはもうやめよう!


https://unsplash.com/photos/u5e1kqW6E3M

人生は一度きりで、決してやり直しができないもの。だからこそ、40代にさしかかり、ふと立ち止まって周りを見渡した時に、他の人の人生や生き方を見て、自分はこれで良かったのだろうかと考えてしまい、結果絶望感を抱えてしまいがち。特に、現状が幸せとは言い難かったり、自分の人生に不満を抱いていたりすると、その絶望的な気持ちはますますネガティブな方へと傾いていってしまうでしょう。

でも、昔から「隣の芝生は青い」というように、うらやましく見えるあの人にだって、やはり悩みや不満はあるものです。専業主婦で働く必要もなくてうらやましい、と思っている友人は、もしかしたら何のスキルもないことに焦りを感じているかもしれないし、バリバリ働いているあなたのことをうらやんでいるかもしれません。

DINKSの生活をエンジョイしているように見える友人だって、子供がいないことを周りから責められて泣いたりしているかもしれないし、独身で趣味を楽しんでいるように見える人だって、やっぱり結婚したいと悩んでいる可能性があるのです。

そう、どんな状況にいる人だって、やっぱりそれなりの悩みや不安はあるもの。人の表面だけを見て、自分と比べて絶望を感じるのはもうやめませんか?

自分に足りないものを見つめ直してみる


https://www.pexels.com/photo/woman-sitting-in-a-field-of-flowers-157604/

では一体なぜあなたは自分の人生について考えてみた時に、絶望を感じてしまうのでしょうか?自分の人生や生活に満足して幸せを感じていたら、他の人の生き方や人生と比べて絶望してしまうなんてことは、きっと起こりませんよね。

また人と比べなくても、それ以前に自分の今の生活や生き方に不満がある。先のことを考えると絶望しかない、なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな絶望感を頂いてしまう一番の原因は、もしかしたらあなたの中にあるのかもしれません。

どうして自分が今の生活に不満や焦りを感じてしまうのか。一体どうしたら、この絶望感、喪失感を打ち消すことができるのか。自分の気持ちを満たすには、何をどうしたらいいのか。40代という節目の今、そんなふうに、自分の内面に深く問いかけて、一度じっくりと考えてみることが必要なのかもしれません。

自分にあるものを数えてみる


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3c/3cd19766ad7458de9db2d70b604cfba7_t.jpeg

人と比べることをやめると同時に、自分が持っているものを考えてみるのも大切です。

世の中には、若いうちに重い病にかかる人もいます。そして愛する家族をおいて、旅立たなければいけない人もたくさんいます。それなのに自分はそこそこ健康に恵まれている。

そんなこと当たり前、と思っているかもしれませんが、実はそれはとても幸せなことなのです。

また子どもたちも、必ずしも思い通りにはならなくても、それなりに彼らの人生を楽しみ、挑戦をしている。自分の力で歩きだしている。これもとても幸せなことです。

子どもがいない人も、自分がその分使えた時間やお金、そしてパートナーとはぐくんだかけがえのない時間があります。これも幸せなことですね。

早い人では、親の介護も視野に入ってくる年代です。これも新たな試練になるかもしれませんが、自分を育ててくれた親との関係を見つめ直し、どうやって支えていくことができるかを考えるのも、とても大切なことです。

親のために自分を犠牲にする、と考えるのではなく「親のためにできることがある」と考えてみる。これまで生きていてくれたことを喜び、そして老いていく親にできる限りのことをする。これは子育てに直結します。子どもたちは、親が他の人のためにどうするか、その背中を見ているからです。

人生を振り返ってみると、実はたくさんの人に助けられ、ここまで来たことがわかります。それも40代になったからこその気づきなのです。

失くしたもの、例えば若さや希望、体力を嘆くばかりではなく、時には自分が持っているものを確認してみましょう。今まで当たり前、と思っていたことが、実は当たり前ではないことに気づくでしょう。

具体的に動き出してみよう


https://www.pexels.com/photo/woman-wearing-blue-and-yellow-long-sleeved-shirt-walking-near-white-and-yellow-painted-wall-1013329/

自分が絶望を感じてしまう原因が見えてきたら、次は実際に行動に移す時です。結婚してからずっと家事と育児に邁進してきたために、何のスキルも経験もない、と悩んでしまっているのであれば、例えば資格取得の勉強を始めてみる。子供がいないことで周りからのプレッシャーに苦しんでいる場合は、似たような境遇の仲間と、インターネットなどを通じてつながってみる。もしくは、思いきってその辛さを、信頼できる友人などに打ち明けてみる。

また、趣味や仕事に全力投球して毎日を楽しんでいるつもりでも、結婚していないことや彼氏がいないことを時々淋しく感じてしまうのであれば、思いきって婚活を始めてみるのもいいかもしれません。

ただいずれの場合も、それが本当に自分が望んでいることなのかをきちんと考えてみることを忘れずに!自分が今、周りからの理不尽なプレッシャーによって苦しんでいる状態なのか、それとも自分自身がしたいことができていないからこその絶望感なのか。そこを見誤ってしまうと、絶望感を取り除くどころか、新たな負のループに入り込んでしまうことにもなりかねないので、要注意です!

動き出したら見えてくるものがある!


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/59/59815c55c8b883f70d01677ea31c0c99_t.jpeg

「まだ」40代なのですから、これからやれることがまだまだある、ということに気づきましょう。

例えば仕事でも、もう少し手を伸ばして一段上に挑戦してみる。子育てでも、子どもと大人同士に近い信頼関係を築いてみる。パートナーともお互いのこれまでの歩みと、これからについて話してみる。

自分が動いてみることで、自分だけでなく周囲も変わります。自分が変えられるのは、結局自分だけです。まず動き出したら、その先に見えてくるものが必ずあります。

円熟した人生を送るために


https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/13/14/55/grandma-2637457__340.jpg

そして人生が約90年あるとしたら、まだ後半がたっぷり残っています。これからどうやって円熟した大人になっていくか。

自分はどんな人生を送り、そしてどんな人間になって、この世から旅立つのか。できれば周りから「あの人は、とっても素敵な人だった」と惜しまれたいですよね。

ではそのために、何ができるでしょう?今の自分に足りないものは何でしょう?

穏やかさや、深い理解力、優しさ、そして少しの無邪気さ。そんな要素がある、素敵な大人になっていきたいと思いませんか?

失った若さや時間を嘆いて「こんな人生嫌だ」と絶望的になるのは、もったいないことです。
なぜなら、もう決して手に入れることのできないものを追いかけて、今、自分の手に持っている宝石をみていないのですから。

70代、80代の人から見れば、40代はまだまだひよっこ。手の中にたくさんの可能性を持っているのです。体力も20代と同じとはいえなくても、そこそこあります。気力も、学力も、記憶力も、まだまだしっかりとしています。

だったら、それらを使ってみる。気になっていたことを始めたり、周囲とわかちあったり。そういう時間も気力もあるのが40代。しっかりとその宝物を使いましょう。

ずっと改善されない場合には、心の病の可能性も

少しでもおかしいと思ったら、ためらわず診療を受けましょう


https://www.pexels.com/photo/people-in-front-of-macbook-pro-1089550/

ただし、考えてみても特にこれといった理由が思い浮かばない、ただただ毎日、訳もなくひたすら憂鬱… 何をするのも面倒で、新しいことを始める気になんてとてもなれない。そんな場合には、ちょっと注意が必要です。場合によっては、一刻も早く専門医に相談すべき状態なのかもしれません。

鬱病が心配されるのと同時に、40代女性ともなると、ほとんどの人が直面することになるのが、厄介な更年期。よく言われるほてりや耳鳴り、イライラの他にも、疲労感や倦怠感、不眠や鬱など、素人には一見して判断のつかない症状がたくさんあるのです。

特に多忙で、環境の変化も起こりがちな40代は、「きっと疲れが溜まっているのだろう」「ちょっと休めば良くなるだろう」と考えてしまいがちですが、勝手な自己判断は避けるべき。更年期と気づかずに適切な診断を受けず、そのまま症状が悪化してしまうと、内科や精神科、心療内科など、あちこちのクリニックを回って、それぞれで出された薬を飲み続けることになってしまう、というケースもあるようです。

そうなってしまう前に、少しでも「おかしいな」と思ったら、一度婦人科を訪ねて、血液検査を受け、女性ホルモンの値をチェックしてもらうことをおすすめします。

自分としっかり向き合い、絶望を乗り越えていきましょう


https://www.pexels.com/photo/photo-of-woman-looking-at-the-mirror-774866/

問題を見定めて、自分の人生を楽しむことを忘れないで!


https://www.pexels.com/photo/adult-adventure-climb-climber-414017/

40代がなぜ絶望を感じやすいのか、その原因や対処方法を見てきました。人生の折り返し地点ともいえる40代に突入して、あれこれと考えてしまうのはとても自然で、そして仕方のないこと。けれども、常に人と比べて劣等感を抱いたり、嫉妬したりしているだけでは、いつまでたっても絶望感は消えませんし、何も解決しませんよね。

自分が今の生活の一体何に不満を感じていて、それをどうしたら幸せを感じることができるのか、一度しっかりと自分と向き合って、真剣に考えてみることが大切です。そして問題が見えてきたら、いかに対処していくか。何を始めるにしても、遅すぎるということはないのです。自分の人生を豊かで幸福感いっぱいのものにできるのは、他の誰でもない、あなた自身なのですから。

タイトルとURLをコピーしました