【断捨離で運気が上がる!】その理由とおすすめの断捨離方法

断捨離をすると運気が上がる理由とは?

断捨離とは「不要なものを断ち、使わないものを捨て、物の執着を離れる」という意味を持っています。普通に「いらないものを捨てる」のではなく、「使わないものを捨てる」ことを判断していきましょう。そうすると、「使わないもの」というのは思った以上にたくさんあるのだと、気づくきっかけになってくるでしょう。そして、その判断力で、無駄の消費をしなくなることや、それを躊躇無く捨てる事で運気がアップしていくといわれています。

「使うものと使わないもの」を区別していくことによって、「自分にとって何が必要か」ということが判断することができるようになっていくと、目の前の事をしっかりと選択出来るようになっていくでしょう。

自分がいかに不要なものに囲まれて生きてきているのか、そして必要なものだけに限定し、それらに囲まれて生きることがこんなにすっきりすることなのだと実感出来ますし、初めて運気がアップしてくるでしょう。そして、それと同時に自分自身をより深く理解することにつながっていきます。

不要なものに囲まれていると、知らず知らずのうちにストレスになっていることもあるかもしれません。上手に断捨離が行えるようになったら、自然とその状態をキープしようと思うように心がけはじめるでしょう。

断捨離をすると運気が上がる理由とは?

スケジュール管理もきちんとできる

断捨離を定期的に行い、掃除をするようになったりなど、自分のスケジュールなどの管理が上手になっていくきっかけになるでしょう。仕事後の掃除は、多くの人は疲れてやる気など出ないので、億劫なものですよね。そのため必然的に、早起きをして、早く起きるために早く寝れるように時間を調節していきますよね。自分の部屋がきれいであれば、集中力もアップしていくでしょう。

また、断捨離を行ったことによって、自分の「いるもの、いらないもの」が人間関係などでも判断できるようになっていき、すると今までの人間関係でのストレスが無くなっていき、気持ちも楽になったり、体も健康になっていくでしょう。色々な事がうまくいかなかったり、何かに躓いたとき、思い切って断捨離を行ってみるのがとてもオススメです。

一気に全てを断捨離するのは難しいので、まずは洋服から行ってみてはいかがでしょうか。いるものと、いらないものの2つに分けて断捨離していきましょう。1年以上着なかった服は「いらないもの」に分別出来ます。スケジュール管理する時に、何を1番はじめに行い、どのようにしたら効率がいいのか、判断力を断捨離のおかげで磨かれるので、スケジュール管理上手になっていくでしょう。

空間のゆとりに気づくことができる

断捨離は不要なものと使っているものを区別して、不要なものを全て捨てていくことを断捨離と言いますよね。「うーん、これは使うかもしれない」「昔、人からもらったものだから取っておこう」と感じるものも含めて「全て」捨てていきましょうね。そうするとで、お部屋の中がスッキリしはじめて、こんなに広かったんだ。と思わず驚くぐらい部屋の空間にゆとりが生まれてくるでしょう。

空気もフレッシュになり、よく流れるようになりますし、気分は最高になっていくでしょう。また、モノが少なくなると、断捨離の癖がついて、残っているものが不要なものだと判断することが出来て、散らかっていると目につくようになってきます。そのため元の場所に戻さないと何となく気になるようになり、整理整頓がスムーズになる効果も出てくるでしょう。

モノが減ると仕事の効率を下げるような誘惑が減ってくるので、そうすることで、頭がスッキリしてくれて、何を優先させるべきかが明確になってくるでしょう。より深い思考ができるようになりますし、集中力も格段にアップしていきます。よく聞くのが、部屋だとついついダラダラしてしまうのに、オフィスやカフェなど誘惑がない環境だと仕事がはかどることがありませんか。このように、誘惑もなくなり、仕事がはかどるなど、色々なことをプラスに変えてくれるのが、断捨離であってとても効果的だということがわかってくるでしょう。

持っているだけで運気が下がってしまうアイテムも

持っていると運気が下がるのではなく、お家の中でここだけは気をつけて欲しいことがありますので、是非参考にしてみてくださいね。

買いだめ習慣はやめましょう

例えば、 使わないまま放置していて、一年の間に一度出番が来なかったもの、使わなかったものの多くは、この先も使うことがないと思って潔く捨てましょう。これを実行していくことで、度を越えた食品や日用品の買いだめなどもしなくなっていきます。

同じアイテムをたくさん持っているひと要注意

同じアイテムを重複して持つ女性は、バッグやアクセサリーなど、似たようなアイテムをたくさん所持したりしていませんか。それは、同じアイテムが複数あるとものどうしで嫉妬するといわれていることから、その同じアイテムがあるだけで、運気低迷やお金が貯まらない原因にもつながっていくようです。ひとつものを増やしたらひとつは捨てるような習慣を身につけていき、たまらないように工夫していきましょうね。

食器棚の断捨離とは

ダメージを受けた食器包丁がさびていたり、食器にヒビが入っていたり、使わない食器が眠っていたりしていませんか。とくに包丁は金をさびさせるので、粗末に扱うことでどんどん金運が下がってしまうので気をつけていきましょう。食器を、使う分の数しか持たないように心がけていき、念も入りやすいのことから、なるべく均等に日常的に使うのが理想の使い方になっているようです。使わない食器は、人に譲るなど、リサイクルに出品することで、人徳として帰ってくるので今すぐ手放していきましょう。

あなたの鏡をチェックしよう

割れた鏡・汚れた鏡など、鏡は自分をうつすものであり、自分とリンクしていることを覚えておきましょう。割れた鏡や汚れた鏡を使っていると、内面が汚れていくので注意しましょうね。また、鏡を何枚も持っている人は恋愛面で、気が多くなるといわれており、風水では肌をキレイにしたければ、鏡をキレイにすることが大切といわれているほど、清潔な鏡と運勢には密接な関係があることも覚えておくと良いでしょう。

ホコリや枯れた花に要注意!玄関周りが散らかっていませんか

風水では、玄関は最も運気を左右する場所と言われていますよね。すべての気は、玄関を通って家の中に入り込んでくるので、常に良い運気が入る玄関にしておくことが大切なのです。

例えば、靴が出しっ放し、ゴミが散らかっているというような状態では、いい気も入ってきませんし、悪い気も外に出すことができないのです。下駄箱の上に雑貨を飾ってる家は多いでしょう。気に入って飾っているはずなのにホコリを放ってしまってはもったいありませんよね。実は、ホコリは運気停滞の元凶になっています。玄関に枯れた花を置いてはいけませんよ。絶対にNGです。あなたは大丈夫でしょうか。枯れたままの花をいつまでも玄関に飾ってませんか。

花は悪い運気を吸収するといわれていますので、枯れた状態だと悪い運気が立ち込めてしまうのであまり良くないと言われています。風水では人形やぬいぐるみは気を吸収しますので、せっかく玄関から入ってきた気を吸収されないためにも置くのはやめておきましょうね。得にケガや事故などを引き起こす原因になる犬のモチーフは置かないでおくのも覚えておきましょうね。ドアにネームプレートやリースをつけると邪魔になり運気をさげてしまうこともあるようです。気をつけておきましょう。

断捨離で運気をアップさせる際に気をつけたいこと

断捨離をして運気をぐんとアップさせたら、その運気を高めておく必要がありますよね。そのためにも、お家の中で今後気をつけることを幾つかお話していきましょう。参考にしてみてくださいね。

トイレが汚い&トイレのフタ・ドアが開いていること

よくいわれているのが、トイレが不衛生だと運気が下がってしまいます。運気どころか全体的に多くのことが悪化してしまう傾向があるようです。水洗トイレでも便器の中の水は汚水として捉え、「邪陰」の気を発していると考えています。というわけで、トイレのフタはいつも必ず締めること、「邪陰の悪気」を封印していきましょうね。そして同時に、トイレのドアを開けておくのは風水では、厳禁なのです。家に溜まった悪い気がトイレにどんどん流れ込んでいくことからです。

トイレを冷やすと陰の気が満ちてしまいますので気をつけると良いでしょう。トイレは、家の中では不浄の気が起こりやすい、陰の気が満ちた場所という認識をしっかり持って、そんなところでメールや電話などをすると、その人との仲に厄がついてしまい、人間関係に悪い影響を及ぼしてしまうこともあります。

トイレは陰の気が強いだけでなく、「水」の気を司る場所でもあります。そのためから、本や雑誌や参考書など、「知識」を得るためのアイテムとは相性が悪いといわれています。発展運が停滞したり、若々しさを失う原因にもなってしまいます。雑誌や本、新聞などを置いている場合はすぐに撤去しましょうね。

内扉を開けっ放しで出かけていませんか

どの家にも必ず、内扉がありますよね。その内扉は在宅に運気を溜めておく場所を守ってくれる役割を果たしてくれています。ですから、帰ってきた時に内扉が空いていたりすることで、すでに運気が逃げてしまっていることになるので、必ず締めることを意識していきましょうね。外出するときこそ、しっかり内扉を締めて出かけましょう。

バスルームが汚い&水浸しのまま

お風呂というのは、もともと「禊(みそぎ)の場所」と言われています。身を清めて、穢れや罪を洗い流す場所と考えられています。水周りは、気を抜くとすぐに汚れてしまうので、マイナスのエネルギーが溜まりやすくなっていることを知っておきましょう。

家の中で、一番多くの「水」を使うお風呂は、もともとお金に縁起がいい場所といわれています。ただし水の気は「陰の陰」という大変強い陰の気なので、使い過ぎると家運全体の運気を下げてしまうこともあるようです。使わないときは、しっかりと水分を乾燥することで、運気を抑えるようにすることを心がけてくださいね。そして、石けんは体についた厄を落とすものになりますので、試供品などでもらった石けんは厄落としのパワーが少ないので、できるだけ使わないようにすることを、おすすめします。

いくら楽でも、シャワーだけではダメなようです。湯船につからないと、厄落としができませんし、できるだけ湯船につかってリラックスすることを心がけてくださいねそして残り湯を溜めているお家は要注意ですよ。残り湯は、悪い気が停滞してしまいます。お風呂から出たら、毎回お風呂のお湯を流して綺麗にしていきましょう。

シャンプー入れや、石鹸置きにプラスチック製のモノを使うのもNGでしょう。プラスチックは、「火の気」を持っているモノなので、水の気を持つお風呂とは相性が悪いようです。そして、水の気と相性の良いパステル色のバスマットを敷くこともおすすめしています。

観葉植物を飾っていますか

そのほかに、観葉植物をお家に飾っていらっしゃいますか。植物には大地のパワー、太陽のパワー、水のパワー、さらに植物そのものの生命パワーもあることで、自然のパワーが凝縮されているようです。このような自然のパワーが詰まった観葉植物は運気アップの重要アイテムになってきます。細くとがった葉を持つ観葉植物は、「鋭い気」を発生させてくれますし、鋭敏さを与えてくれるので、仕事運向上に役立ってくれるようです。

しかし、調和とは無縁のパワーなので、人が集まる場所には置かないほうがよいでしょう。どのような運気を上げたいのかを明確にして、観葉植物をえらんでいきましょうね。そして、「サボテン」と「ゴムの木」は、悪い気を運んでくるものとされていますので、この観葉植物も注意して選びましょう。

植木鉢は、プラスチック容器のままだと自然のパワーが半減してしまうそうです。植木鉢は、自然素材のものが良くて陶器鉢や、カゴ入りが吉だと覚えておくとよいでしょう。

そのほかに恋愛運アップと言えば「バラ」になります。でも、飾る時に気をつけて欲しいことがあり、それは刺をとっておくことでしょう。対人運を下げる刺をつけたまま飾ると、恋人とのけんかや2人の恋を邪魔する障害を引き寄せるもとになるので気をつけておきましょうね。

仕事運は木と関係が深いので、家の中に枯れた観葉植物などがあると仕事も発展しにくくなってしまいます。そして、ドライフラワーは死花ということを覚えましょう。そこにこもっている陰の気が入ってきた旺気(よい気)を消してしまうので、ドライフラワーを飾るのはおすすめできません。

最後に、観葉植物は部屋の大きさに合わせてバランス良く置くことが一番大切になってくるでしょう。小さな部屋にたくさん置いたり、大きな部屋に小さいのは、あまり良くありません。信じるも信じないも自分次第ですが、自宅がきれいになり、しかも運気がアップするのであれば、これらのあまり良くないものは、少しでも改善することで、あなたの運気は上がり続けよいことばかり引き寄せるきっかけになってくるではないでしょうか。

断捨離をして運気を上げましょう!

いかがでしたか。断捨離の基本は「今」の自分に必要なものだけ所有していればいいという考え方になってきます。家の中にガラクタが増えてしまう原因は、自分の意識が「今」ではなく、「過去」「未来」にあるからになってきます。たとえば、輝いていた過去や若さに執着するあまり、賞状やトロフィー、アルバム、若いときに着ていたけど、今は着れなくなった洋服、学校の成績表、昔使っていた香水やバッグ、靴など、「今」使っていないのに理由もなくとっておいていませんか。

他にも、未来のことを心配するあまり、セールだからと食品や日用品を買いだめしてしまったり、「後から必要になるかも」と買った本や美容器具など、「今」必要ではないのにもかかわらず、買ってしまった経験を誰もがしたことがあるでしょう。

ですが、いまは過ぎ去った過去にとらわれず、わかりもしない未来に振り回されず、「今」に意識を集中できるのが断捨離になります。「これは今の私に必要か」を考えながら物を捨てていくことで、判断力や決断力が鍛えられたり、同時に意識が「今」に戻ってくるようになっています。そのなかで「必要なもの」「必要なこと」「必要な人」が手に取るようにわかるようになりますし、今までなぁなぁで付き合ってきた物や人間関係との決別が可能となることだってあります。

日々の暮らしの中に、余白ができることによってその空いた空間に、良い運気がどんどん流れ込んできはじめるでしょう。断捨離をしたあとに、金運が良くなったり、新しい恋人との出会いはあるのはその理油があるからでしょう。厳選した物の中で暮らせば自己肯定感が高まってきます。自己肯定感とは簡単に言ってしまうと、「自分のことを好きになる」ということになります。「安かったから」「まぁ、これでいいか」と心のどこかで妥協して買ったもは、大切に扱えないでしょうし、「私にはこの程度のレベルのものがふさわしい」と否定的な自己判断をしてしまっています。

厳選したお気に入りのものだけに囲まれて暮らすこと=自分の価値を自分で上げてくれて、自分のことを好きになるということになるのです。あなたの視界に、積もり積もったガラクタが入ればストレスを感じるでしょう。お気に入りのものだけだったらウキウキできますし、掃除や片付けも簡単ですよね。つまり、住環境を整えることが、自己肯定感を高めていくことにも繋がってくるのです。自己肯定感が高まれば、仕事、人間関係、恋愛に良い影響を与え、モノに囲まれた暮らしをしていた時とくらべて、格段に生きやすくなってくるでしょう。

不用品から発せられる悪いエネルギーを取り除くことで、人生に良い流れが生まれますし、スペースクリアリングや風水に通じる考え方になりますが、使って物や大切にされていない物からは悪いエネルギーが発せられているようです。

経済的に困窮している人、トラブルが絶えない人、健康や体型に問題がある人は、とにかく物が多くごちゃちゃした環境で暮らしていると思いませんか。実際にドラマ制作の現場では「貧困家庭」を表現したいときは、「物を多く配置する」という方法が使われているようです。

「エネルギー」といっても、にわかには信じられない方もいるかもしれませんが、ガラクタがもたらす悪影響というのは目に見えないかたちで存在しているのです。ゴミ屋敷のようなところと、神社のような余計なものがない場所では、流れている空気が違いますし、私たちの気持ちも左右されるでしょう。

悪いエネルギーとは、私たちを悪い気分にさせる雰囲気だったり、不安だったり、イライラだったり、家に帰りたくない、という気持ちにつながります。これからは必要なものだけ、お気に入りのもだけに囲まれて、心地よいスペースが気分を良くし、その「気分が良い」という感情が良い運気を運んできてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました