【スッキリ】物を捨てると気持ちいい!断捨離で片付けを癖にする方法

片付けが苦手という方は意外と多いのではないでしょうか。いつの間にか物が増えていたり、散らばっていたり…片付けようと思ってもなかなか体が動きませんよね。そんな方は断捨離をすることがオススメです。断捨離をすると部屋がスッキリして気持ちいいだけでなく、その後、部屋を綺麗に保とうと片付けの習慣も付きます♪そこで今回は、断捨離のコツなどについてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

断捨離をすることで片付けが習慣になりやすい


https://instagram.com/p/BijOIaeDJ9K/

大量にものがあふれるお家の中を、日頃から断捨離の習慣を身につけていくことがオススメでしょう。自然に生活しているだけで、家の中にドンドンものがたまっていってまいますよね。その生活習慣でも、常に綺麗でスッキリした居心地のいいお家を作るために、断捨離を始めましょう。

今のあなたは、「捨てる=もったいない」というイメージが定着していると思いますが、「捨てない=もったいない」ということもたくさんあることを知っていきましょう。なぜなら、スッキリしたお部屋に暮らすことで、本当に心地いいことなので、是非はじめていきましょうね。

なるべくスッキリしたお家で暮らすためには、コツコツと捨てる習慣を身につけておきましょう。今日は、そんな捨てる習慣を身につけるために、5つの段階を踏み始めていきましょう。

1つめは、ストックのパッケージはなるべく捨てるようにしましょう。売られている状態で、収納ボックスの中に入れるのではなく、 全てのストックはなるべくすぐに使える身軽な状態にしてストックします。「包装パッケージ=ゴミ」という認識です。小さなゴミですが、家の中のゴミは、ほんのすこしでも少ない方が気持ちいいものでしょう。

続いて、2つめは付属品でいらないものは捨てることです。電化製品を買うと、なぜかたくさん「これっていつ使うんだろう?という付属品」が付いてくるということありませんか。そういう付属品を全部とっておく習慣があると、収納はどんどんパンパンになっていくでしょう。「パンパン収納は超ストレス」というイメージを持てば、捨てられるようになるでしょう。

3つめは、使わなくなった収納ボックスは捨てるようにしましょう。使わなくなった収納ボックスが出るって、とても嬉しいことでしょう。別の場所でも使わなそうだったら、「今までありがとう」とさよならしていきましょうね。100均などで買い込みすぎてしまったら、ボックス処分したほうがおすすめでしょう。失敗は、人生につきものなのでつい買いすぎてしまったら反省して、失敗を手放していきましょう。このようにして前に進めていくと、無駄なお金の消費をすることができるでしょう。


https://instagram.com/p/BjssZAXn0vm/

4つめは、もらい物で使わないものは捨てましょう。「せっかく頂いたのに、使わないで捨てるなんて」というとても後ろめたい気分になってしまうところですよね。無料でもらったサンプルや人からもらったものは、これらは「とりあえず、収納ボックスへしまっとこ〜」と、一度しまいこんでしまうと、何年も忘れられて、化石になってしまうこともあるので、そのような不要なものは捨てましょう。

頂いたことに感謝して、使わないようなら、さよならしていくことも大切でしょう。プレゼントは相手が喜んで使ってくれたら、すごく嬉しい。というけれど、うまくいかなくても仕方ないですね。

また、選ぶ楽しみはなくなりますが、なるべく相手の好みを聞いて「相手が欲しいものをダイレクトにあげる」のが一番になるでしょう。

5つめは、壊れて修理してないものは捨てるです。壊れてしまったけど、「いつか修理しよう、いつか修理するかもしれないから」とそのまま収納ボックスへしまってから、どれくらい経っていますか。その修理の日はいつかは来るのでしょうか。
きっと、いつかという日は来ないのではないでしょうか。

本当に大切で必要なものなら「壊れたらすぐに修理する」でしょう。その場ですぐに直せない、または直す計画が立てられない時は「今までお疲れ様でした。ありがとう」と気持ちをこめてから、手放していきましょうね。

断捨離をする際のコツ・ポイント


https://instagram.com/p/BiwWt-QlpIx/

断捨離するうえでコツとポイントをお話ししていきましょう。まず、断捨離のときにおすすめな方法のひとつとして、「数値設定捨て」という手段を使っていきましょう。その方法とは、捨てる数を決めて、毎日その数だけ捨てるという方法です。

「何でもいいから1日5個捨てよう」とか、「50個捨てよう」と自分で決めて、実行することです。きわめてシンプルな方法になっています。初心者は1日1個から初めてもOKですよ。捨てられない人が「1つだけ片付け」で自分を変えていける方法です。

ただし、1日1個捨てるだけでは、物はなかなか減りません。もちろん、現在の物の数にもよりますが。捨てることに慣れてきたら、1日5個、10個と数値目標をあげていきましょうね。「50個捨て」をやっていくとかなり威力を発揮してくれるでしょう。50個捨てを実行するにも、1つの種類のものは1つとカウントするようにしてみましょう。

たとえば、本を10冊捨てるなら、それは本という同じ種類のものだから1つとカウントすることです。すでにかなり断捨離が進んでいると、これは相当きついルールになってしまう人には、自分流で本10冊は文字通り10個と数えてハードルを下げて行ってもいいでしょう。

先ほど、同じアイテムを1つと考える場合は「ものすごく物があり、大幅に減らしたい」と思っているときに、50個捨てに挑戦してみるのがとってもおすすめですよ。

もちろん100個捨てでもかまいませんが、数えるのがとても面倒ですし、カウントにエネルギーを使ってしまうと、肝心の断捨離が進みまなくなってしまいます。なので50個ぐらいが順当でしょう。そして、これでも多いように感じるのであれば、5個〜10個に減らして行ってもいいでしょう。

目標を数値化するメリットとは、やるべきことがスッキリとわかることです。そして、達成したかどうかよくわかってきますし、達成できれば、達成感が味わうことができます。いつも達成しないなら、修正目標を作ればいいでしょう。

忙しいあなたでも5つだけ捨てる習慣を始めていくだけで「今日もできた!」という自信が生まれてきます。それだけ断捨離の経験値があがっていくので、習慣化するには、とてもいい方法になるでしょう。


https://instagram.com/p/BcOL6kXgH9y/

断捨離で捨てるべき物・残しておくべき物

1.使い古されたベッドリネン&布類

断捨離の対象となるものは、はじめに大きな布類から始めていきましょう。

みすぼらしいタオルやバスタオルを使っても、不愉快な気分になるだけで、カビ臭く、カビとダニの温床になっているかもしれません。そんなタオルたちは、すぐに捨てるべきですし、単に擦り切れたタオルは、地元の動物保護団体に寄付など、リサイクルすることができるので、手放していきましょう。

そして、不要なベッドリネン、テーブルクロス、布製のナプキンなどは、地元の慈善団体に寄付してはいかがでしょうか。そのほかにも、最近では、リサイクルアプリなどに、出店してもいいでしょう。ついでに使っていないキャンバスバッグ、靴紐、リボンや紐なども、断捨離していきましょう。

2.使わなくなったテクノロジー機器


https://instagram.com/p/BfDft26AHKF/

あなたのお家の倉庫の中に、パンパンになった電化製品の付属品など、今では、使っていないひと昔前のフロッピーディスク、ビデオデッキ、CDなどは持っていてもしょうがないでしょう。

使っていないUSBメモリースティック、昔の携帯電話の充電コード、野暮ったい一世代前のノートパソコンなど、これらのアイテムはリサイクルまたは再生されて新たなテクノロジー機器として生まれ変わることができます。

今は、第三世代のiPodナノやブラックベリーに対して感傷的になるだけ無駄というものです。ただ、気をつけてほしいのが処分する前には重要なデータをしっかりほかのディスクやUSBに保存し、個人情報を完全に削除することを忘れずに行っておきましょう。

3.余分な、または使用期限が切れたトイレタリー用品

余分なトイレ、バス用品たちを処分すれば、バスルームもあなた自身のお肌もグッとよくなるでしょう。

汚れた化粧品や使用期限切れのローションは、4カ月以上使っているマスカラなど、昔旅行で使った日焼け止めなどはもちろん速攻処分していきましょう。香りは経年劣化するため、香水にも同じことが言えますよ。全てにおいて、賞味期限があるので、お肌に直接つける場合は特に古いものは、処分するべきですよ。

ホテルから持ち帰った未使用のトイレタリー用品は、地元にある女性向け保護施設に寄付してみたり、使ってしまったものは友だちや家族にあげるとよいでしょう。自分が使うとニキビができる商品でも、ほかの人の肌とは相性がよいかもしれないので譲ってあげたり、あるいは、リサイクルしてしまいましょうね。

4.本

本はもう読み切ったものは処分する対象になるでしょう。

ただし、古典作品や自分にとって何度も読みたくなる本は除いておきましょう。処分すべきはプレゼントされた本、大学時代の教科書や参考書、読んでも全然自己啓発できなかった自己啓発本など、価値のない本はリサイクルしましょうね。地元の図書館に寄付したり、本の買取をしてくれるところに行ったりすれば、本は次の人の役にたちますし、きっと喜んでもらえるでしょう。

5.ワイヤー製のハンガー

今お家にあるワイヤー製のハンガーを処分しましょう。ワイヤー製のハンガーは、服にとってもよくないのです。ワイヤー製のハンガーはクリーニング屋さんから無料でもらったものなので、断捨離してしまいましょうね。

6.いらない洋服、着ていない洋服

あなたのクローゼットに眠っている1年の間に一度も着ていない服があったら、寄付してクローゼットスペースを確保するしていきましょう。

「ナイキ」は古いスニーカーを回収してくれるし、古い眼鏡をリサイクルしてくれる小売店もあるようです。なくした片方の靴下が、いつの日か出てくるに違いないと信じ続けることは、人情として仕方がないとはいえここは心を鬼にして、処分していきましょう。

また、着心地が悪かったり、みすぼらしい気分にさせたりする下着もゴミ箱行きでしょう。自分はもっときれいなランジェリーを身に着ける価値がある、と言い聞せて美しくなりましょう。


https://instagram.com/p/BfufIdYFIku/

関連記事