【定番から新商品まで】お祝いのお返しにぴったりな人気ギフトランキング

結婚祝いや出産祝いなど、お祝いをいただく機会って何かと多いものですよね。お祝いをいただけることはとても嬉しいものですが、その後のお返しに何を贈ったらいいか悩んでしまいがちですよね。そこで今回は、お祝いのお返しとして人気な商品ランキングをご紹介していきます。お返しで迷っている方は参考にしてくださいね♪

公開日:    最終更新日:

お祝いのお返しの品物の選び方


https://www.instagram.com/p/BqJznrBnuFJ/media/?size=l

出産して親戚や知り合いからお祝いをいただいたら、お祝いのお返しをするのが昔から伝わる日本の習慣です。正式な言い方は「内祝い」といい、出産祝いをいただいた人にお返しをすることです。

昔は生まれた赤ちゃんを身内にお披露目して近所の人にお祝いを配ったり、食事などを振舞ってお祝いをしていました。それが今ではお祝いをいただいたらそのお礼をするという習慣に変わっていったと伝えられています。

基本的にお祝いはもらったら終わりではなく、必ずお返しをしなくてはいけません。「お返し」というと「もらったから返す」というように聞こえてしまうので、お祝いをいただいた人に「お返し」という言葉は使わないように気をつけましょう。

熨斗のマナー

内祝いを贈るときは必ず「熨斗」を添えるようにしましょう。お店などで贈り物を購入したとき「熨斗はつけますか?」など聞かれたことがありますよね。熨斗はお祝いの品に添えてある飾り紙のことです。

出産の内祝いを贈るときは、赤ちゃんの名前のお披露目も兼ねて熨斗に名前を添えて贈ることが一般的です。よみがなも一緒に書いておくと覚えてもらいやすいのでおすすめです。表書きは「出産内祝」や「内祝」と書いてもらうとよいでしょう。

また熨斗に書かれている「水引き」と呼ばれるリボンのような装飾は「蝶結び」がマナーとされています。

蝶結び


https://www.instagram.com/p/BpiWTprn5h9/media/?size=l

「蝶結び」とは何度でも結び直せるということから、出産や新築祝いなどに使われます。出産や新築祝いは何度お祝いしても喜ばしいこととされるため「蝶結び」が使用されています。出産の内祝いを贈るときは「蝶結び」の熨斗を選ぶことを忘れないようにしましょう。

結び切り


https://www.instagram.com/p/BpgdjzqhAvB/media/?size=l

蝶結びの他に「結び切り」という種類もあります。一度結んだら解けないことから、結婚や快気祝いなどで使われます。2度と繰り返さないという意味が込められているため、内祝いを贈るときは間違わないように注意が必要です。

お祝いのお返しの品物の平均予算

お祝い返しの平均予算はいただいたお祝いの半額相当になるものを贈ることが一般的です。あまり高価なものをお返しすると相手に心配をかけたり、不快に思う人も中にはいるので少し控えめな金額にしておくことをオススメします。

控えめの金額でも贈る相手に合ったものを選んだり、感謝の気持ちを伝えることが大切です。頻繁に会っている親戚や親しい身内の場合は会食を開いて感謝を伝えるという方法もあります。

贈るタイミング


https://www.pakutaso.com/20130126031post-2382.html

内祝いはいつ贈ればいいか初めての人はわからない人も多いでしょう。ここではお返しを贈る時期やお返しが遅れてしまった場合の対処法を紹介します。

内祝いを贈る前に

内祝いを贈る前に、お祝いをいただいたらまずは電話やお礼状などを早めに送りましょう。直接お祝いをいただいたらその場でお礼を伝えることができますが、郵送などで送られてきたらちゃんと届いたか相手は不安に思います。

またお祝いをいただいた相手の名前や住所は忘れないためにもメモしておくことをオススメします。事前にメモをしておけば、いざ内祝いを贈るときにスームーズにおこなえるからです。

出産後は何かと忙しく、内祝いを準備するのは大変です。事前に準備をしておくとお返しを贈るのを忘れてしまうようなことが防げるので安心です。



贈る時期

お返しを贈る時期はお祝いをいただいてから1ヶ月以内が一般的なマナーです。早く贈りすぎるのも、事前にお祝いをもらう準備をしていたのでは?と思われてしまうので注意が必要です。

お祝いをいただいて1ヶ月もある、と思いがちですが忙しくてあっという間に時間が過ぎてしまいます。お礼が遅れないためにも、妊娠中の安定期に入った時期からある程度準備をしておくと慌てずに済みます。

実家に届いたお祝いも忘れないよう事前に連絡をもらうように伝えておくと安心ですね。お返しは贈るものより感謝の気持ちを伝えることが大切です。相手に失礼のないよう十分気をつけましょう。

お返しが遅れた場合

お返しが遅れたら「喜んでもらえなかったかな?」と相手は不安に思います。そうならないためにも遅れないことが大切ですが、もし遅れた場合は気づいたときにできるだけ早く贈りましょう。

その際は誠意の伝わるお詫びの言葉を添えて贈ることをオススメします。また贈る前に事前に連絡を入れておくと相手も不快な気持ちにはならないはずです。

関連記事