スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヨガと筋トレの違いって何?


https://girlydrop.com/girls/1091

ヨガと筋トレはどちらも筋肉に働きかけるという点では同じですが、実は大きく異なるものです。

ヨガは、インナーマッスルを刺激するので体を引き締める働きをし、筋トレは筋肉に負荷をかけ、筋肉を大きくすることになります。つまりヨガをしても体が大きくなることはなく体が引締まっていきますし、逆に筋トレをすれば、場合によっては鍛えた体の部位が大きくなることになります。

つまり筋トレでは体がむきむきになるイメージで、ヨガでは体がしなやかになるイメージになります。もしダイエットを目的としている人がいるのであれば、筋トレをした方がいいでしょう。筋トレには、後で詳しくお話ししますが、脂肪燃焼の効果があります。体重を落としたいと考えている人は、筋トレをした方が効果的です。その反面、ヨガは体のラインを整える効果の方が高いので、体重減少というようなダイエットの効果はあまりありません。もしヨガでダイエットを考えている人は食事制限を一緒に行うといいですよ。

ヨガも筋トレも種類や方法で、体にきかせる方法や効果が異なります。あなたの目的やゴールに沿ってヨガと筋トレ、お好きなものに挑戦してみてくださいね。

ヨガと筋トレ、それぞれの効果について

ヨガと筋トレは似ているようでやはり違うものですよね。そのため、ヨガ、筋トレそれぞれに異なる効果があります。それはどんな効果なのでしょうか。その効果についてお話ししていきましょう。

ヨガの効果1:体のラインが引き締まる

ヨガの最大の効果は、インナーマッスルが引き締められることです。インナーマッスルとは、その名の通り体の中にある深層部の筋肉をさします。表面にある筋肉ではないので、通常の筋トレでは鍛えることができません。

そのインナーマッスルを鍛えると、体のラインが引き締められると言われています。インナーマッスルを鍛えるということは、筋トレとは異なり表面の筋肉に負荷をかけてその部分を大きくしていくのではありません。ダイエットで体重減少を考えているよりも綺麗なボディラインを作りたいと考えている人にヨガは最適なスポーツと言えるでしょう。

ヨガでインナーマッスルを鍛えても体がむきむきになることはないので、あくまでもボディラインを整えたいという効果を期待している人にオススメです。

ヨガの効果2:体幹があがる

日常生活の中で、多くの人がその立ち方や足の組み方、日頃やってしまう習慣によって体や骨が歪んだり、女性の中には出産等を経験して骨盤が開いたりということを経験します。その体の歪みは、何もしなければそのままで固まってしまいます。しかし、体幹を鍛えることで調節、改善されていきます。

ヨガのポスチャーには、体幹を鍛えるものがたくさんあります。中には、体の内部にある器官を正しい位置に戻してくれる動きもあります。これらのポーズをはじめて行うと、バランスを取ることが難しく感じることでしょう。しかし、続けていればだんだんバランスを取れるようになります。つまり、体の骨や内臓等が正しい位置に戻っていくということです。

さらに、そういったヨガのポーズをする際には、お腹に力をいれて腹筋を使うので、お腹痩せをすることもできます。体幹がよくなれば姿勢がよくなりますよ。猫背になってしまったり、よく言う「おばさん体型」になったりすることを防ぐことができます。

ヨガの効果3:集中力が高くなる


https://girlydrop.com/girls/7068

ヨガでは、呼吸を意識し自分の体と向き合うことになります。さらにヨガ中行われるメディテーションで日常生活から自分の心を切り離し、体のどの部分を動かしているか等のみ考えることになります。そのため、集中力がつくようになります。

一つのことに対しての集中力が高まるので、それを日常生活の中にも活かせるようになります。自分に何が必要で何が必要でないかの取捨選択ができるようになったり、ここぞという大事な場面で集中力が発揮できたりするなど、集中力があがるといいことがあります。

ヨガの効果4:リフレッシュする


https://girlydrop.com/girls/8471

ヨガを行うと、気持ちがとてもリフレッシュします。さらに全身に血液が回るので、気持ちだけでなく体全体がすっきりします。ヨガを行っているときには適度な汗を流すことができるので、それも気持ちがいいですよね。

体がどれだけ疲れているときでもヨガを行えば気持ちがリフレッシュし、爽快ですし、体も心地いい疲れになります。疲れているときこそ、ヨガで体を動かしましょう。

ヨガの効果5:柔軟性があがる

呼吸に合わせて体を伸ばすポスチャーが多いヨガですから、続けていると体の柔軟性が上がることになります。体が硬いと怪我をしやすかったり、肩こりや腰痛等になりやすいと言われています。さらには体が老化しやすくなる可能性もあります。

しかし、ヨガは体を反ったり伸ばしたりと、体全身を伸縮させる動きが多いので、体が柔らかくなります。体が柔らかくなれば、上記のような問題は起こりにくくなります。さらに深い呼吸に合わせて体を動かすので、やればやるほど柔軟性の効果が上がります。ヨガで柔軟性をあげれば怪我や老化予防等になるので、とてもいい効果ですよね。

筋トレの効果1:体力がつく


https://www.pakutaso.com/20170650156post-11892.html

筋トレをすると、筋力がつきます。筋力がつけば、体力がつくことになります。年齢とともに、運動やトレーニングをしなければ筋力が落ちるので、少し運動するだけで息が切れたり、単純な動作が追いつかなかったりと疲れやすい体になってしまいます。

筋力があれば、体を動かすことに抵抗がなくなり若々しい体を保つことができるようになります。何をするにも体力が必要になるので、適度な筋トレで体力をつけるようにしましょう。

筋トレの効果2:脂肪燃焼


https://www.pakutaso.com/20160332076post-7274.html

脂肪燃焼をさせたいのであれば、筋トレをして筋肉をつける必要があります。筋肉がつけば、その分カロリーを使うので脂肪を燃焼するのです。逆に言えば、脂肪だけでは、体はカロリーを燃焼することができません。

筋肉をつけて脂肪燃焼をすることができれば、余計な脂肪分が減り綺麗なボディラインを作ることができます。ダイエットを始めた方で全く筋肉がない場合は、まずはじめに筋トレで筋肉をつけることを目的としましょう。ただし、筋肉がつくまでに個人差はありますが、1ヶ月〜3ヶ月ほどかかります。筋トレを諦めずに続けていれば、筋肉がつくので脂肪燃焼につながります。

筋トレの効果3:基礎代謝があがる

筋トレの効果1の体力がつくということに通じるものがありますが、筋トレをすると基礎代謝があがるようになります。基礎代謝とは、運動など特別なことをしていなくても行われるカロリー消費のことをいいます。夜寝て、朝起きたら体重が減っているなどするのは、この基礎代謝がいいためです。

しかしこの基礎代謝は、年齢とともに低くなり運動やエクササイズなど何もしないでいれば、ただ落ちていくだけです。そこで、筋トレをすると基礎代謝が上がると言われています。基礎代謝が高い人が、筋トレやスポーツを行うと体重の減少やボディラインが変わるのです。ダイエットで筋トレを行う人がすぐに効果がでないのは、この基礎代謝が低いためです。ダイエットで成功したいのであれば、まずは基礎代謝をあげましょうね。

筋トレの効果4:冷え性や体のコリなど体の不調が改善される


https://www.pakutaso.com/20161023302post-9391.html

冷え性や体のコリに悩まされている人はたくさんいることでしょう。中には慢性化してしまい、暑い夏にも体が冷えてしまっていたり、体をうまくうごかせないぐらいコリが激しいなど、不調を訴える人がいるのではないでしょうか。

筋トレでは、これらの体の不調を改善することができます。筋トレをすると、体のパーツに血液が流れることになり血行不良が改善されます。筋トレでは、基礎代謝があがると血行がよくなりますが、さらに毛細血管が増えるので、血液量が増えることになります。

基礎代謝があがると、汗をかきやすくなるので冷え性改善に繋がりますし、筋肉を上手に使うことになるのでコリが少なくなります。体に不調を感じている人は、筋トレを始めるといいですよ。

筋トレの効果5:ボディメイクをすることができる


https://www.pakutaso.com/20170644156post-11883.html

筋トレは、筋肉を鍛える行為だとお話ししました。そのため鍛えたい部位が明確に決まっている人には、とてもオススメの運動なんです。例えば、背中のラインをすっきりさせたい人は背中を鍛えるようにすると、背中のあいた洋服でも綺麗に決まることになります。

さらに、腹筋を鍛えてシックスパックのようにむきむきの体にするのもいいですし、肩を鍛えて逆三角形の体にするのも格好いいです。このように、自分の体を自由にボディメイクすることができるのが、筋トレの効果になります。最近では女性でもたくさん筋トレをされていますよね。スポーツのトレンドになっています。

ヨガと筋トレ、どちらが自分に向いているか判断する方法


https://www.pakutaso.com/20121039289post-2031.html

ヨガと筋トレには、それぞれ効果がありそれぞれにメリットがあります。それではどちらの運動が自分に適しているのでしょうか。それを見分けるにはどのようにしたらいいのでしょうか。

まず、ヨガと筋トレを始めようとするときに考えて欲しいのがその目的です。簡単な判断方法としては、「あなたが体を引き締めたいのか」、または「ボディメイクをしたいのか」の目的がなんなのかになります。

もしあなたが体を引き締めたいのであれば、ヨガを行いましょう。上記でも説明しましたが、ヨガをするとインナーマッスルが鍛えられるので体を引き締める効果があります。また、ヨガのポスチャーごとに腹筋を使うので、お腹の引き締めにもつながります。

反対にあなたがなりたい体を作るようにと、ボディメイクをしたいのであれば筋トレをするといいでしょう。筋トレでは、表面に見える筋肉を鍛えることになるので、体のラインを変えたいという人にオススメです。例えばお尻を外国人女性のようなプリッとした丸みを帯びたお尻にしたい場合は、ヒップを鍛える筋トレが効果的です。また、バストアップも筋トレによって叶います。

ヨガと筋トレをするときにどちらかがいいのか迷った場合は、あなたが「何をしたいか」、「何をゴールにするのか」という目的を考えてくださいね。

また、ヨガと筋トレでは運動量が異なります。ヨガは、リラックスした気持ちで行うので基本的に運動量は少なく、精神統一をするメディテーションの目的もあります。逆に、筋トレは筋肉を鍛えるので、自分を追い込むことが必要になります。このためヨガに比べると運動量が多いです。もしあなたが、激しい運動が苦手であれば、筋トレよりもヨガをオススメします。

これらの判断方法を元に、ヨガと筋トレ、お好きな方を見つけてくださいね。

ヨガと筋トレ、どちらもやるという選択肢はあり?

ヨガと筋トレについて違いや効果等お話ししてきましたが、必ずしもどちらか一つを選択しなければならないのでしょうか。

その答えはノーです。もちろんヨガと筋トレを一緒に行うこともできますし、一緒に行うことでさらにいい効果が生まれます。ヨガでインナーマッスルを鍛え、体を引き締めたら自分のボディラインを変えるボディメイクをする人もたくさんいます。ヨガで体のバランスを整えたり体幹を鍛えた方が、筋トレをするときにも効果的に行えますよ。

また、皆さんはパワーヨガというヨガの名前を聞いたことがありますか。このパワーヨガと呼ばれるヨガは、筋トレとヨガのいいとこ取りのヨガになります。ヨガのように体の全身を使い、体幹をあげたりインナーマッスルを引き締めるのはもちろんのことですが、筋トレのように筋肉に働きかける動きがたくさんあります。さらに筋トレとは違い、筋トレでは使わないような筋肉にまで働きかけるので全身を有効に使う有酸素運動になります。ヨガも筋トレも興味があるけど、別々に行うよりは一緒にしたいという方がいればぜひ試してみてくださいね。

自分に合った方を選びましょう!


https://girlydrop.com/girls/7166

ヨガと筋トレについて、違いやそれぞれの効果をお話ししました。あなたはヨガと筋トレ、どちらに興味を持ちましたか。またはどちらにも挑戦したいと思いましたか。お話しした通りヨガにも筋トレにも、それぞれいい効果があります。自分にあった方を見つけて、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ヨガや筋トレをする場合は、ぜひ継続して行うようにしましょう。短期間だけでは、その効果を感じることができない場合があります。短期間で効果が感じられないからといってやめてしまうのはもったいないです。ヨガにしろ、筋トレにしろ継続していれば必ず効果が見られるので、ぜひ楽しんで続けてくださいね。

スポンサーリンク