ブラック企業の辞め方はこれ!ブラック企業の定義から退職理由まで解説

そもそもブラック企業とは?

そもそもブラック企業とはどういった企業なのでしょうか?厚生労働省HPによると、下記の3つの特徴があげられています。(参照:「ブラック企業」ってどんな会社なの?

  1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

ブラック企業は極端な長時間労働を課す

ブラック企業と聞いて一番に思い浮かべるのが長時間労働ではないでしょうか。法律では、労働時間は、「1日8時間、週40時間を超えてはいけない」と定められています。つまり、

・1日8時間を超えた労働は残業
・週40時間を超えた労働は残業

ということです。そして更に労働基準法では、

・原則として残業は月45時間が上限

と基準が設けられていますので、この基準を超えた場合、ブラック企業と認定することができます。つまり、毎日朝8時から夜19時まで仕事をした場合に到達する計算です。従業員にこれ以上働かせるのは違法です。

36協定とは?

ただし、会社と従業員の間であらかじめ働く時間についての協定(36協定)が締結されている場合は、会社は「1日8時間、週40時間」を超えて従業員を働かせることができます。しかし、この協定が結ばれていても

・残業時間が1週間に15時間を超える
・残業時間が1ヶ月に45時間を超える

場合は違法となります。

ブラック企業の休日出勤について

ブラック企業の特徴として、従業員にまともに休みを与えないということがあります。休日出勤を強いるということですね。そして「割増賃金」の支払いがされないというケースが多く見られます。

割増賃金とは?

割増賃金とは、「使用者が労働者に時間外労働・休日労働・深夜業を行わせた場合に支払わなければならない賃金」のことをいいます。

労働基準法では、「週1日以上の法定休日」の取得が従業員の権利として定められています。また、従業員に休日出社させた場合は、その分の賃金も支払う義務が当然にあります。そのため、

・休日出勤させられることが続く
・その分の賃金が上乗せされていない

場合は、ブラック企業であると判断できます。

ブラック企業の有給休暇取得率

タイトルとURLをコピーしました