スポンサーリンク

ボーナスまで待てない!ブラック企業の辞め方はこれ!ブラック企業の定義から退職理由まで丸ごと解説
スポンサーリンク

そもそもブラック企業とは?

そもそもブラック企業とはどういった企業なのでしょうか?厚生労働省HPによると、下記の3つの特徴があげられています。(参照:「ブラック企業」ってどんな会社なの?

  1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

ブラック企業は極端な長時間労働やノルマを課す

労働時間について

ブラック企業と聞いて一番に思い浮かべるのが長時間労働ではないでしょうか。法律では、労働時間は、「1日8時間、週40時間を超えてはいけない」と定められています。つまり、

・1日8時間を超えた労働は残業
・週40時間を超えた労働は残業

ということです。そして更に労働基準法では、

・原則として残業は月45時間が上限

と基準が設けられていますので、この基準を超えた場合、ブラック企業と認定することができます。つまり、毎日朝8時から夜19時まで仕事をした場合に到達する計算です。従業員にこれ以上働かせるのは違法です。

36協定とは?

ただし、会社と従業員の間であらかじめ働く時間についての協定(36協定)が締結されている場合は、会社は「1日8時間、週40時間」を超えて従業員を働かせることができます。しかし、この協定が結ばれていても

・残業時間が1週間に15時間を超える
・残業時間が1ヶ月に45時間を超える

場合は違法となります。

ブラック企業の休日出勤について

ブラック企業の特徴として、従業員にまともに休みを与えないということがあります。休日出勤を強いるということですね。そして「割増賃金」の支払いがされないというケースが多く見られます。

割増賃金とは?

割増賃金とは、「使用者が労働者に時間外労働・休日労働・深夜業を行わせた場合に支払わなければならない賃金」のことをいいます。

労働基準法では、「週1日以上の法定休日」の取得が従業員の権利として定められています。また、従業員に休日出社させた場合は、その分の賃金も支払う義務が当然にあります。そのため、

・休日出勤させられることが続く
・その分の賃金が上乗せされていない

場合は、ブラック企業であると判断できます。

ブラック企業の有給休暇取得率

2019年4月1日から「有給休暇」が義務化されました。

・年間10日以上の有休があるすべての労働者に対して、会社は最低5日の有休を消化させなければならない

という制度です。しかしブラック企業はそもそも有給休暇という概念がないようです。有給休暇は福利厚生の一部であると勘違い(?)しているようです。しかし有給休暇は、ボーナスのように会社が自由に決めて与えるものではありません。有給休暇は半年以上働いた全ての労働者に与えられる当然の権利です。

ブラック企業は賃金不払残業やハラスメントが横行している

サービス残業について

賃金不払残業=サービス残業ですね。「労働時間について」で説明したとおり、

・1日8時間を超えた労働は残業
・週40時間を超えた労働は残業

となります。これを超えた時間については残業代を支払う義務が当然に発生します。ところがブラック企業は残業代支払いについて意識が大変薄い企業が多いようです。

残業代申請を行わせない

タイムカードを定時に切らされるなんてことはありませんか?そもそもタイムカードがない会社も存在します。残業代申請をしていない社員を特別扱いして、残業代申請をし辛い環境を作るといったこともあるようです。

【裁量労働制という罠】

裁量労働制とは、例えば1日12時間労働したとしても、「8時間の労働」とみなされ、法的には8時間だけ働いたこととなり、4時間分の残業代が発生しないというものです。しかしこれでは残業させ放題となってしまいますよね。そこで裁量労働制が適用される労働者には条件が定められています。その条件とは、

・仕事の進め方や時間配分をある程度自分で決められる働き手に限って適用できる労働者

であること。つまり、

・上司から仕事の指示を受けている人は当てはまらない

のです。このように考えると、ほとんどの労働者は裁量労働制が認められないのがわかりますよね。しかし、ブラック企業はあたかも裁量労働制が認められているかのような説明をし、サービス残業をさせているのです。

【社外で仕事をさせる】

ブラック企業が大きな社会問題となり、ライフワークバランスが世間の注目を浴びている現在、会社側も簡単に残業を強いることができなりました。毎週水曜日はノー残業デーと謳ったり、定時になったら強制的に社内の電気を消灯するなんて話もよく耳にしますよね。

本来会社は、その時間内で業務が終わるよう、業務量の調整をする義務があります。

ところがブラック企業はそういった調整をしないため、業務量はそのままで就業時間を強制的に短くします。そのため、業務が終わらない社員は自宅など社外に業務を持ち帰ることになるのです。

コンプライアンス意識が低い

【ハラスメント行為】

ブラック記号ではパワハラやセクハラ、マタハラなどのハラスメント行為が横行していることが多々ありますね。皆の前で罵声を浴びせたり、暴力を振るったりと、絶対に許されることではありません。

こういったハラスメント行為があった場合、会社は対処する義務があります。万が一対処しなかった場合は義務違反として問われることになります。

【社員の使い捨て】

またブラック企業には、人材育成という概念が皆無です。ブラック企業は人の出入りが激しいことが多いため、人材育成できる人材が育たないという場合も多々あるでしょう。最悪の場合、働かせるだけ働かせて退職に追い込む「使い捨て」が当然のように起きています。会社側からすると都合の良い辞め方なのですね。

このように人材を長期雇用するという意識が薄いのが特徴です。

退職に追い込む or 退職を認めない

自主退職に追い込む

前述のとおり、長時間労働や賃金未払、ハラスメント行為自体あってはならない問題ですが、従業員を自主退職に追いこむケースがあります。特定の従業員に対して過度にノルマを与えたり、反対に全く仕事を与えず自己退職に追い込むといったことが報道されることもありました。

酷い話ですが、これも会社側からすると都合の良い辞め方なんです。

退職させない

逆に、従業員が辞めたがっているのに辞めさせないようにするといったこともあります。従業員の心身を壊してしまうような行為、そういった労働環境を作ってしまうのがブラック企業の特徴といえます。

スポンサーリンク

あなたが会社を辞めたい理由は?

あなたの会社はブラック企業か?

ここまでブラック企業について説明してきましたが、あなたの会社はブラック企業に該当していたでしょうか?もしかしてそれはあなたの思い込みであったということはないでしょうか?

もし上司からのパワハラに悩んでいても、もしかするとそれは指導の一環だったということはないえでしょうか。明らかに業務が覚えられないとか、業務のスピードが明らかに遅いとか、そういった理由があれば叱られるのは当然であったりするわけですよね。

だからもう一度、自分を振り返ってみて欲しいのです。もし先輩や同僚が明らかに仕事を苦も無くこなせていたとしたら、あなたにも非があった可能性は捨てきれせんよね。こんな辞め方をしてしまったら、次の会社もブラック企業だと感じてしまうかもしれません。

ブラック企業なら今すぐ退職しよう!

でももう一度考えてみて、やっぱりわたしの会社はブラック企業だ!と確信したなら、今すぐ退職の準備にとりかかりましょう。ブラック企業にいても何も良いことはありません。自分の人生の時間、体力、精神力、すべてを奪われるだけです。さっさと見切りをつけて、次の会社に行くべきです。

退職は悪いことではない

「継続は力なり」という言葉がありますね。確かに継続するのは素晴らしいことです。しかしブラック企業に限っては全くそんなことはありません。継続するだけ時間の無駄です。ましてや終身雇用制度がもはや都市伝説となった今、転職に躊躇する必要はありません。今の会社に見切りをつけて次のステップに進むのも、社会人として大切なスキルだと思います。

スポンサーリンク

退職理由を考える【辞め方】

退職理由は建前でOK!-辞め方のポイント-

本来ならば退職理由を伝える義務はありません。退職届には「一身上の都合」と記載すればOKです。しかし退職経験者ならご存知の通り、ほぼ100パーセントの確率で退職理由を聞かれます。そこでスムーズに回答できるように、建前の退職理由を考えておくのが正しい辞め方です。

でも思ってもないことは言わないで!-辞め方のポイント-

給料に不満があるのに、労働時間がながくて・・・なんて言わないようにしましょう。会社が譲歩して、「今日から定時で上がってね」なんて労働時間の改善を提案されるかもしれません。話がややこしくなってしまいます。

かと言って本音も言わない-辞め方のポイント-

「給料が安くて・・・」など本音も言わないのが無難です。これにより仮に給料が上がったとしても、本質的な改善ではありません。あなたを引き留めておきたいがために、会社が苦肉の策で提示してきただけで、ブラック企業体質が変わらない限りは、また別の問題が発生する可能性が高いのです。こういった引き留めは、特に会社で必要とされてきた人に多いので注意が必要ですよ。

会社が引き留めにくい退職理由を用意する-辞め方のポイント-

退職理由は全て建前でOKです。会社が引き留めにくい、個人的な理由を用意すると、円満退社できる可能性が高いです。

・田舎の両親の介護をする
・家業を継ぐ
・業界を変えて一から出直したい
・結婚をするので家庭に入る
・心の病気になってしまった

もしかすると会社は、あなたの退職理由が建前だと気が付いているかもしれません。でも目的は無事に退職することです。あくまでも引き留められないよな理由が準備できれば、それでOKです!退職理由を伝えるときは、感情的にならないよう、冷静に伝えましょう。

スポンサーリンク