【余生の過ごし方】やることがない…そんな退屈な老後を避けるためやること

皆さんは老後をどのように過ごそうか考えていますか?今から想像をするのはちょっと難しいかと思います。ですが、いつかは迎える老後。どうせなら楽しく過ごしたいですよね。そこで今回は、退屈な老後を避けるために今からすべきことや、老後のおすすめの趣味などについてご紹介していきます。最後まで楽しい人生を送るために、今から準備をしておきましょう!

公開日:    最終更新日:

老後は自由な時間がたっぷり!


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/79/79c002932c721170caeaa84ec8c002dc_t.jpeg

老後の準備は完了ですか?

老後、ということばは今ではほぼ「退職後」を示すようになりました。退職をしたら、毎日のんびり、楽しく生きよう。これまでのように、営業成績で一喜一憂したり、終電まで頑張って働く毎日とはお別れして、のびのびとした日々を送ろう。
そんな風に思っている方もいるかもしれません。

たっぷりとした時間がある老後。しかも今や日本人の平均寿命は男性、女性ともに80歳を超えています。
退職が60歳だとすると、20年間もあるのです。
ではその20年間を「夢の老後生活」にするためには、何が必要でしょうか。
心構え、資金の準備、何よりも家族関係。あなたはもう準備完了ですか?


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/88/889ec7c9741efb98425e45312a9765df_t.jpeg

老後が来るのはあっという間です


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hageIMGL0487_TP_V.jpg

学校を卒業後、私たちはおよそ40年にわたり社会で働くことになります。40年、と聞くと気が遠くなるような長さのように感じますよね。特に会社で働き始めた20代や働き盛りの30代の頃は、今日の仕事を処理するのに手一杯で、自分もいつかは歳をとり定年退職をする時期が来るなんて、夢にも思わないはずです。

社会で働いてみると、学生時代と比べて急に時間の流れが早くなったように感じたことがある人はいませんか。休日の朝、ついさっき起きたばかりなのにもう夕日が沈んでしまっている、というレベルではありません。1年前のことが昨日のように感じてしまったなど、数年単位でぽっかりとワープしてしまったかのように、いつの間にか時間が経ったことをふと実感することが多々あります。それを毎年繰り返していくうちに、定年を迎えてしまっていた、という日がいつかくるかもしれません。

1年がまるで数ヶ月のような短さに感じてしまうのは、年齢を重ねるごとに自分の人生に占める1年のウェイトが、相対的に軽くなってしまうからだと言われています。20歳の人にとって1年は20分の1の重さがありますが、40歳の人にとって1年は40分の1と、20歳の頃と比べて1年の重みは半分になってしまうのです。

つまり、20代や30代だからと言っても、老後というのはあっという間にやってくるということです。

定年退職後は毎日が休日になります


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YOTA82_moshimosi15113909_TP_V.jpg

60歳になり会社を定年退職した人を待ち受けるのは、毎日が休日という人生です。朝起きて慌ててスーツを身につけ、満員電車に揺られて会社に向かう、そのようなライフスタイルを40年間ほぼ毎日続けていた人にとって、老後の生活は180度違うものに感じるはずです。

毎日が休日と聞くと、現在会社で連日連夜働いている若者からしてみたら、なんと羨ましい生活だろう、とおそらく思うでしょう。若い時は休日なんて滅多に取れない貴重な時間で、喉から手が出るほど欲しいものだからです。あれほど欲しくても取れなかった休日が毎日続く老後の生活は、さぞかし素晴らしいものなのだろう、と若者は感じるかもしれませんね。

しかし実際は、毎日が休日という生活は、イメージのように必ずしも楽しいものではないようです。

毎日が休日=毎日が暇


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawajengaIMGL1681_TP_V1.jpg

学校を卒業してからずっと働き続けて、ようやく訪れた老後。
何をしようか、あれもしたい、これもしたい、と既に「やりたいこと」が頭の中にある人は大丈夫です。好奇心のアンテナを張って、自分のできること、やりたいこを端からやることができます。

ただし「誰々と○○する」はやめておいた方がいいでしょう。相手にも都合というものがあり、生活があります。

男性の場合、よくある老後の夢が「妻と一緒に旅行」ですが、妻にしてみれば「旅行先でも夫の世話をするなんて冗談じゃないわ」という声もあがります。

つまりいくら「やりたいこと」でも、老後に必要なのは「自分一人でもやりたいこと」なのです。

そして「老後?考えている暇なんて無いね」と思っている方は要注意。
会社はあなた無しでも十分仕事がうまく行きますし、取引先も新しい担当者とうまく関係を作っていくでしょう。
つまり会社生活での経験は、一旦全て清算されて、まっさらの「あなた」という個人が立ち向かうのが老後の厖大な時間なのです。
今からでも好奇心のアンテナを高くあげて「仕事以外に自分が好きなこと」「やりたいこと」「昔やりたかったこと」などをリストアップしていくことを今すぐに始めた方がいいでしょう。

家族関係の微妙な変化


https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3c/3c3c993a4cf253347273b43bb84c9fe0_t.jpeg

退職して老後生活に入った本人にとっても、生活上で大きな変化がある老後。けれどもその大きな変化は、そのまま家族にも当てはまります。
今までは、毎朝会社にでかけ、夜帰ってくる夫が、毎日朝から晩までずっと家にいる。実はこれは家族、特に妻にとっては大きな変化です。

今までだったら、日中の時間は自分のものでした。習い事や友人とのランチなど気兼ねなく出かけられました。
ところが老後になると、夫が24時間365日一緒にいるのです。
しかも大抵の夫は「これまで俺が頑張って働いてきたから、今の生活がある。だからこれからは、何もしなくても大切にされるだろう」という思い込みがあります。
今までと変わりなく出かけようとする妻に「どこへ行くんだ」「何しに行くんだ」「俺のメシは」という3つのことばが、呪いのように聞こえる、という女性も多くいます。

老後にしたいことを男女別にアンケートをした結果、男性の1位は「家族と旅行」で女性の1位は「友達との旅行」でした。
このように男性は「老後は当然家族が大切にしてくれる」という思い込みがあります。けれども女性はもっと冷静に「これまでの生活をどうして180度変えて、夫に付き合わなければいけないの?」と思っています。

このあたりの「期待値」「思い込み」を理解していないと、お互いの存在がストレス、という寂しい老後になってしまうこともあり得るのです。

今から準備しなければ、退屈な老後になってしまう場合も…

とにかく暇を持て余す老後生活


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hageIMGL0482_TP_V.jpg

もう朝早起きして、会社に行かなくてもいい、毎日が休日である老後生活を楽しみにしていた定年退職したサラリーマンを待ち受けるのは、イメージしていたような毎日が夏休みのような生活ではなく、とにかく暇を持て余す毎日です。

具体的な計画を立てることなく、ただ休日をのんびり過ごせればいいと考えて退職した人は、老後生活を楽しく感じるのは初めの間だけ、長くてもせいぜい数年です。そのあと彼らを襲うのは、「今日は何もすることがない、そして明日も何も予定がない」というような手元のスケジュール帳が真っ白な生活なのです。

40年間会社員として働いてきた人が、老後の生活の過ごし方がわからなくなってしまうのは、無理がないのかもしれません。働いていた頃は、たとえ忙しくても、仕事という目の前にやるべきことが常にありました。たまの休日もせいぜい数日という短さであり、特に仕事以外の趣味がなくてもそれほど退屈を感じることもなかったかもしれません。

自分の人生の生きがいを仕事としてきた人は、老後になりその仕事がなくなってしまうと、急に生きる目的がなくなってしまいます。ある意味他人から押し付けられた、仕事という生きがいを何十年もこなしてきた人は、それ以外の生き方ができません。

また、自分は「仕事以外」で何が好きか、何がしたいのかという問いを考えることを、忙しさから怠ってしまっていた人は、退職後に仕事に代わる生きがいを見つける術も持っていないのです。

無計画な老後生活は避けましょう


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YOTAKAPAKU6774_TP_V.jpg

人生でやることがなくなった、という宙ぶらりんな状態は、想像以上にきついものがあります。人生に張りがなくなり、何もせずにボーッと過ごす毎日を繰り返す生活は、私たちの心と肉体をあっという間に老化させます。定年退職をした後の死亡率というのは非常に高くなっており、会社を退職した後も仕事に代わる生きがいを見つけられるかどうかで、その後の寿命や健康状態、人生の充実度は全く変わってくるのです。

老後の生活を本当に楽しいものにするためには、今からでもいいので「どのような老後生活を送りたいのか」という具体的な計画を立てましょう。そして、趣味といった仕事に代わる人生の新しい生きがいを探さなければいけません。

関連記事