スポンサーリンク

みんな辞めていく会社とは?退職者や問題の多い職場の特徴と対処法
スポンサーリンク

あなたの職場は大丈夫?みんなが辞めていく職場とは


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yotakaGJ0936_TP_V.jpg

あなたの働いている職場はどんな職場ですか?次々に人が辞めていく職場なら、少し立ち止まって考えてみてもいいかもしれません。特に、入社して半年以内に退職する人が目立つようなら、あなたの職場は問題が多いと考えて間違い無いでしょう。みんなが辞めていく状況は通常では考えられません。今回は、みんな辞めていく問題の多い職場の特徴をご紹介します。

みんな辞めていく会社とは!?問題の多い職場の特徴


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUSEI_9V9A5323_TP_V.jpg

離職率の高い会社は労働者を大切にしていない

離職率が高い企業にはそれなりの理由があります。確かに離職率の高い業種というものも存在しますので一概には言えませんが、離職率の高い企業は「社員=労働力の代わりはいくらでもいる」という考え方を持っている場合が多く、しかもそれは長年の間に改善されずに体質としてずっと残っているのです。染みついた企業の考え方は今後も改善される余地はなく、同じような求人と離職を繰り返すことになります。

例えば社員に対する福利厚生などが手厚い職場なら、社員を大切に思っているので辞めて行く人も少ないでしょう。これとは反対に福利厚生がない・残業が多い・人事評価があいまいな職場なら、「ここで働いていても報われない」とみんな辞めて行くでしょう。しかし、就職や転職する時に福利厚生などは聞きづらいもの。そんな時の目安として、離職率を確認しておきましょう。離職率が高い職場には、みんなが辞めていく問題があると考えてよいでしょう。

ベンチャー企業は人事評価があいまいな所もあるので注意


https://www.pakutaso.com/20180925268post-17637.html

IT企業などを中心として、設立から間もないベンチャー会社の求人も近年増えてきていますね。上下関係がなく風通しが良い・実力次第ではすぐに上の役職に付けるなど、普通の企業とは違うメリットもあるベンチャー企業ですが、ベンチャー企業ならではのデメリットもあります。それは人事評価の基準もあまり設定されていないために、場合によっては上の立場の人の好き嫌いで人事が決まってしまったり、実力があっても正当に評価されないことがあるということです。

ベンチャー企業の職場すべてが悪いわけではありませんが、設立から間もない会社に就職や転職をする時は注意が必要です。社員みんなの離職率や勤務歴、辞めていく人はどんな理由で離れているのか確認するのを忘れずにしましょう。

働き始めてから後悔しないように


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/BJK_kyouheikangaeru_TP_V.jpg

どんなにまじめに働いていてもどんなに能力が高くても、働いている職場に原因がある場合は努力が報われることはまずありません。「せっかく就職したから・・・」「すぐ辞めると周りの目が気になるし・・・」などと問題を後回しにしていると、最悪の場合あなたの健康な体や心が傷ついてしまうこともあります。みんなが辞めていく・雰囲気がなんとなく悪い職場なら、一度自分の働いている環境になにか問題がないか立ち止まって考えてみましょう。

問題は、私達がいつそれに気がつくかということです。入社前の時点で、問題のある職場と気づいていれば、無駄な時間を過ごすことも職歴に傷がつくこともありません。
問題のある職場には特徴があります。普段からチェックしておいて、いざという時に備えておきましょう。
それでは、人が会社を辞めるトリガーとなるいくつかの例をご紹介します。

みんなが辞めていく問題の多い職場【タイムカードがない】

際限なく働かせたい企業の思惑

いわゆるブラックとされる職場の殆どが、土日祝日の休みを返上して仕事をしたり、延々と終わらない仕事を回され家に帰れないような残業が慢性化しています。
週40時間労働制というものが存在している手前、証拠として残ってしまうタイムカードはできれば作りたくない。タイムカードがない職場、労働時間の管理記録を残していない職場は、最初から「残業代を払わず際限なく働かせたい」という思惑があると考えていいでしょう。
もはや、人を人と思っていない、扱っていない職場です。

会社は労働者の健康まで面倒見てくれない?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C789_atamawokakaerudansei_TP_V.jpg

企業の経費を圧迫するのは「人件費」です。そのため、企業、中でも年中無休や長い営業時間で運営しているサービス業に関しては、いかに少ない人材で現場を回すことができるか、ということが現場責任者に課せられます。
週40時間労働制がどんなに謳われていても、企業が望む業績を上げるためには、マンパワーを増やせなければ一人当たりの労働時間を長くするほかありません。そんな時に正直な時間をタイムカードに残せるはずもなく、嘘の時間を打刻したり、タイムカード自体をなくしたりすることでごまかしているのです。

職場でいくら定期的な健康診断をしたところで、人間らしい生活が送れず、日々ストレスフルに暮らしていれば必ず病気になります。
労働者は機械ではありません。みんな体を壊して辞めていくことになります。その時期が早いか遅いかの問題です。

みんなが辞めていく問題の多い職場【達成できない目標設定】


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK82_gurafuwoyubisasu20131223_TP_V.jpg

企業は利益を追求する集団

企業は利益を追求するものです。しかし、あらゆる手を尽くし利益を生み出すという方法ではなく、営業などのセクションにその金額を丸投げするという企業も多くあります。社員は、無理な目標設定を課され、達成できないと罵声を浴びせられるなど精神的にも追い詰められることになります。
課せられた社員だけでなく、むちゃぶりされている姿を見せられる他の社員も辛い気持ちになりますし、職場の空気も重々しく、毎日会社に行きたくなくなるような思いを抱く人も出てくるでしょう。

人件費を削った挙句の過剰労働

目標設定が高すぎると感じる時、人件費を削った少人数でその数字を達成しなくてはならないケースも多くあります。経費を減らすには、人件費を削るのが手っ取り早いからです。本来かけるべきところにお金をかけず、少ない経費で多額の利益を望むという、工夫のない企業の姿勢が現れていると言えるでしょう。
そんな安直な対策では、社員ひとりにかかる業務の負荷も相当なものです。しかも、この業務量をこなせなければ会社員として失格だという空気も自然に作られます。当然ですがそんな職場の空気はピリピリして悪くなる一方で、ホッとできる時間などありません。みんなで協力するという姿勢もなく、上から下への圧力が強くなるばかりです。そんな職場では辞めるという選択しか残されないでしょう。

みんなが辞めていく問題の多い職場【セクハラ】


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL201_nomikai1320140830185950_TP_V.jpg

セクハラはこんな風に仕事に影響している

あらゆるハラスメントの中でも、ダメージの大きなもののひとつがセクシャルハラスメント、セクハラです。職場において、性的な言動によって不快な思いをし、さらにそれを拒否したりすることで不当な解雇、降格、減給などが行われることを指します。
不快な思いをするだけでも労働のパフォーマンスは著しく落ちますので仕事になりません。

なぜ、セクハラはなくならないの?

加害者は特定のひとりに対して行うのではなく、繰り返し相手を変えてセクハラをする場合が多いです。治らない悪いクセ、みたいなものなんでしょうか。本人に罪の意識がないことと、職場内にそれを訴える場所がないということがこの問題を解決できないものにしているのです。
仮に相談する相手や場所があったとしても、被害者本人でない人にはその苦痛が伝わらず「気のせいだ」「悪意はないんだから」となだめられるだけ。結果「みんな我慢できるのに、なぜ自分は我慢できないのか。そこに問題があるのではないか」と自分を責める人もいます。昔の日本なら普通にやってたことだ、と開き直る年配の方の考え方もこの問題に拍車をかけています。

みんなが辞めていく問題の多い職場【評価が全て社長の一存】

ガキ大将的発想の社長もいます


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/S20170330015414_TP_V.jpg

社員スタッフみんなの顔が見えるような職場、小規模の企業に多いのですが、社長の気の合う社員の給料の高さや昇格が明らかな場合があります。
そんな社長のイメージとしては、ガキ大将です。自分の会社だから自分の好きにやって良い、誰にも文句は言わせないし、文句があるなら辞めさせたっていいんだぞという姿勢で、普段からワンマンに振る舞います。
職場でも大声で怒鳴ったり、会社の経費をいいように使ったりという人もいます。

でも、社員もちゃんと社長を見ているんですよ

スポンサーリンク