【SNS疲れ】SNSに疲れたと感じた人必見!SNSが嫌になったときの対処方法は?

LINE(ライン)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)など。SNSは友達や恋人との連絡や情報共有に欠かせない、わたしたちの生活と切っても切れないツールですよね。とても便利なんだけど、SNSに疲れた…。本来楽しむはずのSNSがいつの間にか苦痛に感じてしまう。そんな「SNS疲れ」を感じている人が実は増えているんです。ではSNSに疲れたと感じたら、どのように対処すればよいのでしょうか。

公開日:

SNS疲れとは?

【SNS疲れ】を簡単に説明すると、LINE(ライン)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)などのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を利用しながら「疲れた」と感じてしまう事を指します。例えばスマホの画面を見すぎて目が疲れた…とか、肩が凝った…というような肉体的な疲れではなく、精神的な疲れを示しています。

いいね!やコメントをしなくてはいけない義務感に駆られて疲れた

友達の投稿に「いいね」を押したり、コメントをしなくてはいけないという義務感に駆られていませんか?本当に自分が良いと思った投稿に「いいね」を押したり、投稿に対して感情が動いたときにコメントをするのは、あなたにとって楽しいことですし義務感からくるものでないので、疲れを感じることもないでしょう。

しかし、せっかく友達が投稿しているのに何も反応しないのは申し訳ないとか、みんなが反応しているのにわたしだけ反応しないと悪く思われるのではないか…なんて感じていたら要注意です。

フォロワー数やいいね!の数に振り回されて疲れた

フォロワー数が少なくて悩んだり、フォロワーを集めるために見ず知らずの人の投稿にいいね!をつけて回ったり…。自分の投稿へのいいね!の数が気になって何度も確認し、いいね!が少ないと落ち込んでしまう。あなたにも身に覚えがあるのではないでしょうか。

フォロワー数やいいね!の数が自分に対する評価のような気がしてしまい、異常に執着してしまうんですね。人間には承認欲求というものがあります。承認欲求とは「社会生活の中で人に認められたいと思うこと」です。SNSという世界では「フォロワーやいいね!の数が増えること=自分が認められること」と感じ、承認欲求を満たしているのかもしれません。

友達のリア充な投稿に病む

恋人とのラブラブな写真や、華やかな交友関係、ブランド物のバッグや時計、高級ホテルでのディナー。更には、結婚報告や結婚式の写真、出産報告、子どもの成長報告など、自身の充実ぶりをまざまざと見せつけられる投稿にうんざりしていませんか?人間誰でも嫉妬心はあるもの。ですが、そんな投稿ばかり目について、見なくてもいいのに見てしまう。こんな状態に陥ったら危険信号です。

友達と自分を比べて、自分にないものを探してしまい嫉妬してしまう人が続出しています。更にそれに対抗して、無理をしてリア充な投稿をしてしまい、後になって落ち込んでしまうなんてことも…。

生活の中心がSNSになってしまう

SNSではキラキラした自分を表現したくなるものです。夕日が綺麗だったから写真を撮って投稿したとか、たまたま入ったお店のケーキが可愛かったから写真を撮って投稿したとか、普段の生活の中で起きた出来事を投稿するのは、自分にとってわくわくすることですよね。

しかしキラキラした自分をSNSに投稿するために行動を起こすようになったら注意が必要です。「インスタにアップしたいから」なんて理由で、わざわざおしゃれなカフェやレストランを選んだりしていませんか?旅先で写真撮影に夢中になり肝心の観光ができなかった、その場の雰囲気を味わえなかったなんてことも…。

投稿しなくてはいけないと感じて疲れた

最近投稿してないなぁ…そろそろ投稿しないとな…なんてストレスを感じて疲れていませんか?毎日たくさん投稿したいことがあって、ネタが溢れているなんて人はいいかもしれませんが、普通はそんなに毎日投稿するような出来事ってないものですよね。投稿することが義務になってしまっている、その義務を果たすために出掛けたくもないのにわざわざ出掛ける、なんていうのがこのパターンです。

周囲の期待に応えようとして疲れた

コメントなどで、「いつも投稿楽しみにしてるよ!」なんて言われたら、期待に応えたいと思うのが人情というもの。その期待が自分の糧になれば良いのですが、期待に応えようとするあまり、それが負担になってしまうことも。期待してくれた人にがっかりされたくないという気持ちが働いているのかもしれませんね。

もしくは周りがわたしに期待しているのはこんな発言かな?と考えてしまって次第に自分らしい発言ができなくなってしまうなんてことも。周りを気にして発言を考えるなんて疲れてしまいますね。SNSは誰でも好きなことを発信できる場所であるはずなのに、これでは窮屈になってしまいます。

周りの反応に疲れた

自分の投稿に対して周りの反応が過剰になってしまった、なんてことありませんか?ちょっとお出掛けして投稿しただけなのに、「彼氏できた?」とか「何かあったの?」なんて深読みされて対応に困ってしまうなんてことありますよね。自分に興味を持ってもらうのは嬉しいことですが、あまりに度が過ぎるとちょっと疲れてしまいます。

それにSNSはあなたの交友関係が赤裸々になってしまうもの。自分の交友関係が晒されることに少し違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。

情報が多すぎて疲れた

SNSはたくさんの情報が溢れています。企業もSNSを使って発信することが当たり前になり、SNSを欠いたマーケティングは時代遅れともいわれるようになりました。インフルエンサーなんて呼ばれる人々もたくさん誕生し、SNSから流行が生まれるのが当たり前になりました。SNSさえ見ておけば、今何が流行しているのか、現在のトレンドも十分調べられますよね。

その反面、SNSにはたくさんの情報が溢れかえっています。これだけたくさんの情報が流れてくると、何が本当に必要な情報なのかわからなくなってしまいますね。いわゆる情報過多というもので、人間の脳は情報が多すぎると処理しきれず、疲れてしまうのだそう。新しい情報を常に追いかけていないと周りについていけなくなる!と不安を感じている人も多いかもしれませんね。

見たくない内容が目に入り疲れた

SNSでは残念ながらウソの情報が飛び交っていることも事実。そんなウソの情報に振り回されてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか。それだけでも疲れてしまうのに、そのウソの情報によって実際に傷つけられてしまった人もたくさんいます。そんな人を見てしまうと、こちらまで気分が落ち込んでしまいますよね。

元恋人や、気になる人をチェックしすぎて疲れた

元彼や元カノ、気になる人の動向が気になって、1日に何度もチェックしてしまうなんてことはありませんか?チェックしたらしたで、自分の知らない人と親しくしているのを発見してしまい落ち込んだり、誰かと楽しそうに遊んでいるのを発見して悲しくなったり、余計に気持ちが沈んでしまうこともありますよね…。

既読やログイン時間が気になりだして疲れた

LINEで既読がついたのに返信がこなくて不安になってしまうというのは、あるあるではないでしょうか。その逆になかなか既読がつかなくてイライラしてしまったり、ブロックされてしまったのでは!?とやっぱり不安になってしまう…。こんな状態で1日中スマホをチェックせずにはいられないなんてことはありませんか?

また、返信がこない相手のSNSのログイン時間をチェックして、SNSにはログインしているのに、返信はしてくれないんだな、と落ち込んでしまうなんてことも。

関連記事