SNSに疲れた人必見!SNSが嫌になったときの対処方法は?

スポンサーリンク

SNS疲れとは?

【SNS疲れ】を簡単に説明すると、LINE(ライン)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)などのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を利用しながら「疲れた」と感じてしまう事を指します。

例えばスマホの画面を見すぎて目が疲れた…とか、肩が凝った…というような肉体的な疲れではなく、精神的な疲れを示しています。

いいね!やコメントをしなくてはいけない義務感に駆られて疲れた

友達の投稿に「いいね」を押したり、コメントをしなくてはいけないという義務感に駆られていませんか?本当に自分が良いと思った投稿に「いいね」を押したり、投稿に対して感情が動いたときにコメントをするのは、あなたにとって楽しいことですし義務感からくるものでないので、疲れを感じることもないでしょう。

しかし、せっかく友達が投稿しているのに何も反応しないのは申し訳ないとか、みんなが反応しているのにわたしだけ反応しないと悪く思われるのではないか…なんて感じていたら要注意です。

フォロワー数やいいね!の数に振り回されて疲れた

フォロワー数が少なくて悩んだり、フォロワーを集めるために見ず知らずの人の投稿にいいね!をつけて回ったり…。自分の投稿へのいいね!の数が気になって何度も確認し、いいね!が少ないと落ち込んでしまう。あなたにも身に覚えがあるのではないでしょうか。

フォロワー数やいいね!の数が自分に対する評価のような気がしてしまい、異常に執着してしまうんですね。人間には承認欲求というものがあります。

承認欲求とは「社会生活の中で人に認められたいと思うこと」です。SNSという世界では「フォロワーやいいね!の数が増えること=自分が認められること」と感じ、承認欲求を満たしているのかもしれません。

友達のリア充な投稿に病む

恋人とのラブラブな写真や、華やかな交友関係、ブランド物のバッグや時計、高級ホテルでのディナー。更には、結婚報告や結婚式の写真、出産報告、子どもの成長報告など、自身の充実ぶりをまざまざと見せつけられる投稿にうんざりしていませんか?人間誰でも嫉妬心はあるもの。

ですが、そんな投稿ばかり目について、見なくてもいいのに見てしまう。こんな状態に陥ったら危険信号です。

友達と自分を比べて、自分にないものを探してしまい嫉妬してしまう人が続出しています。更にそれに対抗して、無理をしてリア充な投稿をしてしまい、後になって落ち込んでしまうなんてことも…。

生活の中心がSNSになってしまう

SNSではキラキラした自分を表現したくなるものです。夕日が綺麗だったから写真を撮って投稿したとか、たまたま入ったお店のケーキが可愛かったから写真を撮って投稿したとか、普段の生活の中で起きた出来事を投稿するのは、自分にとってわくわくすることですよね。

しかしキラキラした自分をSNSに投稿するために行動を起こすようになったら注意が必要です。

「インスタにアップしたいから」なんて理由で、わざわざおしゃれなカフェやレストランを選んだりしていませんか?旅先で写真撮影に夢中になり肝心の観光ができなかった、その場の雰囲気を味わえなかったなんてことも…。

投稿しなくてはいけないと感じて疲れた

最近投稿してないなぁ…そろそろ投稿しないとな…なんてストレスを感じて疲れていませんか?毎日たくさん投稿したいことがあって、ネタが溢れているなんて人はいいかもしれませんが、普通はそんなに毎日投稿するような出来事ってないものですよね。

投稿することが義務になってしまっている、その義務を果たすために出掛けたくもないのにわざわざ出掛ける、なんていうのがこのパターンです。

タイトルとURLをコピーしました