吐き気や頭痛が続く…それは睡眠不足による症状かも?原因や対処方法は

風邪をひいているわけでもないのに原因不明の吐き気や頭痛が続く…そのような症状に悩んでいる方はいませんか?原因が分からない吐き気や頭痛はもしかすると睡眠不足が原因かもしれません。そのまま放置してしまうと症状が悪化してしまうことも。原因や対処方法を知って、改善できるようにしていきましょう。

公開日:    最終更新日:

あなたの吐き気や頭痛…睡眠不足が関係しているかも

仕事や家事に追われているときに頭痛や吐き気がして、目の前のやるべきことに集中できないなんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。頭痛や吐き気がしていると、色々なことが億劫になってしまって、いつも素早くできることに時間がかかってしまったり、やるべきことができずにただ時間が経ってしまったなんてことも多いですよね。実はその原因は睡眠不足によるものかもしれません。中には眠っているときにも頭痛があり、きちんと熟睡できないなんて人もいるそう。そうすると更に睡眠不足になり、頭痛や吐き気が悪化するという、悪循環に陥ってしまいます。そこでなぜ睡眠不足により頭痛や吐き気が発生するのか、またその対処法について詳しく紹介します。原因不明の頭痛や吐き気でお悩みの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

睡眠不足で頭痛や吐き気が発生してしまう原因とは?

睡眠不足になると自律神経が乱れてしまいます。この「自律神経の乱れ」が頭痛や吐き気の原因となります。

自律神経の乱れとは?

自律神経は、「循環器・消化器・呼吸器」などの私たちの体の中の活動を調整するために、24時間働き続けている神経のことです。この神経が機能しているおかげで、私たちは寝ている間も呼吸をし、食べ物を消化したりできまが、自律神経は自動で働くものなので、自分自身でコントロールすることができません。自律神経には大きく分けて2種類あります。

  • ストレスを感じたり活動的に行動したり興奮したりする際に優位になる「交感神経」
  • リラックスしたり食事をしたり休息している際に優位になる「副交感神経」

睡眠している時は体が休息している状態になるため、副交感神経が優位になります。しかし睡眠不足が続くとずっと活動的に行動している状態、つまり交感神経が優位な状態が続いてしまい交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです。

ストレス社会に生きる現代人は自律神経が乱れやすい

現代はストレス社会です。私たちは交感神経が優位になってしまっていることがとても多いのです。特に男性は30代、女性は40代になると副交感神経の働きが低下してしまうそう。副交感神経の働きを上げるよう常に意識することが大事です。

残業には要注意!

自律神経は基本的に規則正しく働いています。朝起きてから段々と交感神経の働きが強くなっていき、夕方くらいから副交感神経の働きのほうが強くなっています。しかし毎日残業で、会社をでるのが毎日夜10時になる生活が続いているとすると、仕事中は活動的に行動する必要があるため、交感神経が夕方以降も働くことになります。本来なら副交感神経と交代する時間帯なのに、交代せず働き続けることで自律神経が異常な状態、つまり自律神経が乱れてしまし、結果として睡眠不足に陥ってしまうのです。

自律神経の乱れと頭痛や吐き気の関係

実は自律神経には血管を広げたり縮めたりする働きがあります。交感神経が活発になりすぎると、血管が収縮し血流が悪くなります。そして血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまってしまい、頭痛が発生します。また専門家によると、血流が悪くなったことを受け、脳内の脳内物質のひとつであるセロトニンが、血液の流れを促すために分泌されはじめます。このセロトニンが分泌されると血管が拡張するのですが、その際に吐き気をつかさどる脳の部分をも刺激してしまい、吐き気を引き起こしてしまうのだそうです。

自律神経の乱れが原因の頭痛や吐き気の改善方法

頭痛や吐き気が発生した場合、薬に頼りたくなってしまいますよね。でも薬を常用していると脳が敏感になってしまい普通の刺激でも頭痛を感じてしまったり、薬の血中濃度が減少すると頭痛が発生したりと、副作用があるのだとか。なるべく薬に頼らず生活習慣を見直して改善させていきましょう。

昼寝をする

10~30分ほど昼寝を取りましょう。昼寝には日中の集中力を高めたり、ストレスを軽減する効果があるといわれています。最近は会社でも、昼寝を取り入れているところが増えていますよね。数分の昼寝でも効果ありますので、ぜひ試してみましょう。昼寝の効果が高くなる時間は10~30分と言われています。さらに年齢によって効果的な昼寝の時間は変わります。

  • 10代~40代まで⇒10~15分
  • 40代以降⇒20~30分

ゆっくりと休めるようになるべく暗くて静かな場所で昼寝をするのが良いですが、布団に入って眠らないように気をつけてください。布団に入って昼寝を始めてしまうとそのまま深い眠りに入ってしまう可能性があります。特に睡眠不足で疲労が溜まっている人は、長時間眠ってしまう可能性があり、夜寝つきが悪くなるなど睡眠不足が悪化しかねません。デスクに突っ伏して眠るなど、完全に睡眠をとる姿勢にならないことが大切です。また短時間の睡眠の方が起床時の眠気が少なく、起床後もすぐに動きはじめることができます。

会社に勤めている人は、ランチタイムの後に昼寝をすることが多います。それ以外の時間他愛に昼寝をする場合も、夜の睡眠に悪影響を与えないよう、昼寝は午後4時までに終わらせましょう。午後4時以降にも昼寝をしてしまうと体内時計が狂ってしまいます。

昼寝をする前にカフェインを摂ると良い

昼寝後の寝起きを良くするために、昼寝の前にコーヒーやお茶などカフェインが含まれている飲み物を飲むと良いですよ。コーヒーやお茶などに含まれているカフェインには覚醒効果があります。また覚醒効果が表れるのは摂取してから約30分後なので、昼寝から目を覚ますのに最適です。ぜひカフェインの覚醒効果を取り入れてみてください。

またカフェインには血管を収縮させる働きがあります。頭痛の原因となる拡張した血管を収縮させ、症状を軽減してくれる効果お期待できますよ。なるべく冷やした飲み物を飲んだ方が効果が期待できます。

運動をする

毎日の仕事や家事が忙しい人は運動をする時間をとるのが難しいかもしれません。しかし運動は睡眠不足にも繋がります。運動を習慣にすると体力がつき、より深い眠りに入ることができるようになります。また運動はストレス解消にもなりますよ!軽い運動をすることで、血流がよくなるので、頭痛の改善に繋がります。

有酸素運動がおすすめ

運動には、ウォーキングやランニング、水泳、サイクリングなどあまり動きが激しくない有酸素運動を取り入れてみてください。日常的に有酸素運動をすることで、血流がよい状態が続くので、頭痛を予防する効果が期待できます。

注意点

体を動かすと頭痛が酷くなる場合があります。こめかみのあたりにズキズキとする痛みがあるときは運動を避けるようにしましょう。また、運動自体がストレスになってしまわないように、無理をせず自分のペースを守って運動しましょう。運動は寝る3時間前までに終わらせて、それ以降は静かに過ごすのを意識すると良いです。

ツボを押す

体にあるツボを押すことで疲労など体の不調を改善することができます。そして睡眠不足によって生じる頭痛を改善するツボもあるのです。

1.天中(てんちゅう)

https://www.instagram.com/p/Bl1nDkCBIiW

 

後頭部にあるツボです。首の後ろ側の髪の生え際あたりで、二本の太い筋肉(僧帽筋)の外側のくぼんでいるところにあります。両手の親指をツボに当て、残りの指で頭を支えるように頭を包み込みます。そして親指に力を入れて5秒ほど押し上げたり、力を緩めて戻したりします。この動作を5~10回ほど繰り返してください。蒸しタオルをツボに当てて温めても効果的です。

関連記事