吐き気や頭痛が続く…それは睡眠不足による症状かも?原因や対処方法は

風邪をひいているわけでもないのに原因不明の吐き気や頭痛が続く…そのような症状に悩んでいる方はいませんか?原因が分からない吐き気や頭痛はもしかすると睡眠不足が原因かもしれません。そのまま放置してしまうと症状が悪化してしまうことも。原因や対処方法を知って、改善できるようにしていきましょう。

公開日:    最終更新日:

あなたの吐き気や頭痛…睡眠不足が関係しているかも

仕事や家事に追われているときに頭痛や吐き気がして、目の前のやるべきことに集中できないなんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。頭痛や吐き気がしていると、色々なことが億劫になってしまって、いつも素早くできることに時間がかかってしまったり、やるべきことができずにただ時間が経ってしまったなんてことも多いですよね。

実はその原因は睡眠不足によるものかもしれません。中には眠っているときにも頭痛があり、きちんと熟睡できないなんて人もいるそう。そうすると更に睡眠不足になり、頭痛や吐き気が悪化するという、悪循環に陥ってしまいます。

そこでなぜ睡眠不足により頭痛や吐き気が発生するのか、またその対処法について詳しく紹介します。原因不明の頭痛や吐き気でお悩みの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

睡眠不足で頭痛や吐き気が発生してしまう原因とは?

睡眠不足になると自律神経が乱れてしまいます。この「自律神経の乱れ」が頭痛や吐き気の原因となります。

自律神経の乱れとは?

自律神経は、「循環器・消化器・呼吸器」などの私たちの体の中の活動を調整するために、24時間働き続けている神経のことです。

この神経が機能しているおかげで、私たちは寝ている間も呼吸をし、食べ物を消化したりできますが、自律神経は自動で働くものなので、自分自身でコントロールすることができません。

自律神経には大きく分けて2種類あります。

・ストレスを感じたり活動的に行動したり興奮したりする際に優位になる「交感神経」
・リラックスしたり食事をしたり休息している際に優位になる「副交感神経」

睡眠している時は体が休息している状態になるため、副交感神経が優位になります。

しかし睡眠不足が続くとずっと活動的に行動している状態、つまり交感神経が優位な状態が続いてしまい交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです。

ストレス社会に生きる現代人は自律神経が乱れやすい

現代はストレス社会です。私たちは交感神経が優位になってしまっていることがとても多いのです。特に男性は30代、女性は40代になると副交感神経の働きが低下してしまうそう。

副交感神経の働きを上げるよう常に意識することが大事です。

残業には要注意!

自律神経は基本的に規則正しく働いています。朝起きてから段々と交感神経の働きが強くなっていき、夕方くらいから副交感神経の働きのほうが強くなっています。

しかし毎日残業で、会社をでるのが毎日夜10時になる生活が続いているとすると、仕事中は活動的に行動する必要があるため、交感神経が夕方以降も働くことになります。

本来なら副交感神経と交代する時間帯なのに、交代せず働き続けることで自律神経が異常な状態、つまり自律神経が乱れてしまし、結果として睡眠不足に陥ってしまうのです。

自律神経の乱れと頭痛や吐き気の関係

実は自律神経には血管を広げたり縮めたりする働きがあります。交感神経が活発になりすぎると、血管が収縮し血流が悪くなります。そして血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまってしまい、頭痛が発生します。

また専門家によると、血流が悪くなったことを受け、脳内の脳内物質のひとつであるセロトニンが、血液の流れを促すために分泌されはじめます。

このセロトニンが分泌されると血管が拡張するのですが、その際に吐き気をつかさどる脳の部分をも刺激してしまい、吐き気を引き起こしてしまうのだそうです。

自律神経の乱れが原因の頭痛や吐き気の改善方法

頭痛や吐き気が発生した場合、薬に頼りたくなってしまいますよね。

でも薬を常用していると脳が敏感になってしまい普通の刺激でも頭痛を感じてしまったり、薬の血中濃度が減少すると頭痛が発生したりと、副作用があるのだとか。

なるべく薬に頼らず生活習慣を見直して改善させていきましょう。

関連記事