スポンサーリンク

スポンサーリンク

自律神経と脈拍の乱れの関係性とは?

知らないうちに疲れやストレスがたまり体調を崩す人は多いですが、普段とは違う症状があると不安になりますよね。動いていないのに脈拍が急に早くなるなどの不整脈を感じると「心臓病?」と心配になります。ストレスによる不安や緊張は自律神経の乱れの可能性もあります。自律神経は体の働きをコントロールする役割があるため、心臓の病気と自律神経による脈拍の乱れは非常に似た症状を併せ持ちます。

人の体は交感神経と副交感神経の切り替えにより活動しています。この交感神経と副交感神経がうまく働かなくなると自律神経が乱れ、脈拍が乱れるなどの症状を引き起こすのです。

交感神経

朝起きて行動を始める役割を担っているのが交感神経です。交感神経は仕事・勉強をするときやスポーツなどの運動をするときに活発になり代謝や血液の循環を高めてくれます。スポーツや運動をしているときに脈拍が上がり汗をかくのも交感神経の働きが原因です。

交感神経が主に働くときは、

  • 朝目覚めたとき
  • ズポーツや運動をしたとき
  • 恐怖や危険を感じたとき
  • イライラしたとき

副交感神経

交感神経はずっと働いているわけではありません。人は活動と休憩を繰り返しながら日々生活をしています。副交感神経はその「休憩」を担っています。副交感神経は休憩を促し、次の活動に備えて休憩するよう指示を出します。そのため人は寝るとき交感神経から副交感神経へと切り替わり、眠りにつくのです。

副交感神経が主に働くときは、

  • 睡眠や休憩をしているとき
  • 食事中や食後
  • 安心感や達成感を感じたとき
  • リラックスしているとき

脈拍の乱れの症状

試験の前や大事な仕事の前は緊張して心臓がドキドキした経験を持つ人は多いですよね。これと似たような症状が脈拍が乱れたときにも起こります。脈拍が乱れた時の症状は動悸・息切れ・胸の痛みなどです。とくに多い症状が胸がドキドキしたり息苦しくなるといったような症状です。心臓がドキドキして息苦しくなると呼吸が早まり汗が急に出てくることもあります。

自覚症状は?

脈拍の乱れが気になり、不安になって病院へ受診する人も中にはいるでしょう。正常な脈拍は1分間に60〜100回と言われています。自分で脈拍を測って不規則だったり正常な回数よりも多いと不安になりますよね。動悸や息切れ、胸の痛みなどの症状が進行して失神して受診する人も中にはいます。そのようになるまで放置せず、自覚症状があればできるだけ早く病院で相談することをオススメします。

今は健康診断などの心電図で脈拍の乱れを早期発見できることもできます。日頃から自分の体を労って、健康診断も定期的に受けておくとよいでしょう。

自律神経からくる脈拍の乱れの原因

自律神経からの乱れから脈拍が不規則になることがあります。自律神経の交感神経と副交感神経がうまく切り替わらないことで乱れが生じて脈拍まで乱れてしまうのです。交感神経が働いたままになると、休憩モードに切り替わらなくなるため体も心も回復せずに負担や疲労だけが蓄積されてしまいます。しっかり疲労の回復をしておかないとストレスもたまり自律神経が乱れるとさまざまな症状が現れます。脈拍が乱れたら治療をすることも大切ですが、そうならないためにもしっかり予防することも大切です。

不規則な生活

不規則な生活は自律神経が乱れる大きな要因です。夜更かしをしている人は自律神経が乱れやすい傾向にあります。夜遅くまで起きていると副交感神経へと切り替わらないため、いつまでも交感神経が優位になり、寝付けないというような悪循環に陥ってしまいます。

夜眠れない人は、早起きする習慣をつけておけば自然と夜は眠れるようになります。遅くまでテレビやスマホを見る習慣も改善しなくてはなりません。テレビやスマホは脳を刺激して興奮状態にあります。ずっと画面を見ていると交感神経ばかりが働くので、寝る1時間前にはなるべく見ないように心がけましょう。

ストレス

ストレスは自律神経に大きな影響を及ぼします。人は緊張したり興奮すると脈拍が早くなりますが、交感神経の働きで心臓が早く動き、血液を送り出しているからです。

しかし過度のストレスや長時間のストレスに交感神経は弱く、長期間ストレスを感じてしまうと脈拍の乱れを引き起こしてしまいます。自律神経の乱れから起こる脈拍の乱れは心臓病とは違うので重症化することはありませんが、放っておくとさまざまな症状が現れることもあります。ストレスが長い間続くと体調を崩し、日常生活にも支障が出る可能性があります。自覚症状がある場合は自己判断せず、専門家などに相談することをオススメします。

脈拍が乱れるそのほかの原因

自律神経の乱れ以外でも、脈拍が乱れることがあります。薬などを服用している人は、風邪薬や気管支拡張剤などの喘息の薬でも脈拍に影響が出る可能性があるのです。薬を飲んでいて脈拍が気になる人は、医師や薬剤師に相談するとよいでしょう。またカフェインやアルコールの過剰摂取も脈拍が乱れる原因になります。普段コーヒーやお酒を大量に飲む人はとくに注意が必要です。

脈拍の乱れの治療方法

脈拍の乱れは2種類あり、脈拍が早くなる人と脈拍が乱れてしまう人の2つに分類されます。検査などをしてとくに大きな異常がなければ薬物治療がおこなわれることもあります。脈拍が乱れる場合は精神安定剤などの薬が効果的で、それと一緒にカルシウムを補うような薬も処方されることがあります。カルシウムが不足するとさまざまな神経が過敏になるため、カルシウムを摂取することで改善される可能性があるからです。

また自律神経の乱れで脈拍が乱れている場合も同じように、精神安定剤などが処方されます。病院を受信した際はしっかりと自分の症状を伝えることで早く症状が改善されます。

自律神経からくる脈拍の乱れの改善方法

適度な運動

自律神経からくる脈拍の乱れを改善するには適度な運動がおすすめです。運動をして体が疲れると夜眠れない人も眠りにつきやすくなります。交感神経を働かせて副交感神経の働きをよくする効果も期待できます。適度な運動は酸素を体に多く取り込める、有酸素運動がおすすめです。忙しい人は毎日ではなくてもいいので、週に3〜4回ほどウォーキングや筋力トレーニングをすると効果的です。また運動する際はムリはせず、続けることが大切になってきます。

食事も大事

本来食事中は副交感神経が働いていますが、急いで食べたり噛まずに飲み込んだりすると交感神経が働いてしまいます。そのため食事をする際はゆっくり食べるように心がけましょう。また忙しくて朝ごはんを抜いたり、夜遅い時間に食事を食べるのも生活が乱れ、自律神経の働きを悪くしてしまいます。3食しっかりとバランスの良い食事を心がけることで生活習慣も改善され自律神経も整います。

湯船に浸かる習慣を

夏は暑くてシャワーだけになったり、忙しくて湯船にゆっくり浸かる人が少なくなっています。寝る前にゆっくりお風呂に浸かることでリラックス効果が期待でき、副交感神経の働きをよくすることができます。お風呂の温度は夏場は38度、冬は40度にしてゆっくりお風呂でリラックスすれば、副交感神経への切り替えがスームーズになり、より良い睡眠効果が得られます。

自律神経からくる脈拍の乱れの予防方法

ストレスを溜めない

予防するにはストレスを溜めないことが大切です。仕事や勉強で忙しくても、しっかり休みを取るようにしましょう。

長く続くようなら病院で診察を

脈拍に乱れがあると不安になりますよね。しかし自律神経の場合、生活習慣を変えれば改善でき可能性がありますし、予防することもできます。脈拍の乱れは自律神経だけではないので、自己判断はせず自覚症状がある場合は必ず病院を受診しましょう。

スポンサーリンク