海外旅行保険を徹底比較!自分に合った保険・プランはどれ?

海外旅行に行く際に忘れてはならないのが「海外旅行保険」。海外で事故やトラブルにあっても、保険に入っていることで助かるパターンも多くあります。とは言え、さまざまな保険会社があって、どこと契約するべきかなかなか決めにくいですよね。今回はたくさんある保険会社を比較して、それぞれの特徴などについてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

そもそも海外旅行保険ってどんなもの?


https://i2.wp.com/lh3.googleusercontent.com/-dr4Bw7yTiqs/VefeEWhYBwI/AAAAAAAACcg/LxL5cnWR8lQ/w700-o/IMG_0084.JPG?ssl=1

海外旅行保険とは、
外国を旅行中に予期せぬトラブルに見舞われたとき、
そこで生じた金銭的負担をカバーしてくれる保険のことです。

正式には「海外旅行傷害保険」という傷害保険の一種ですが、
ケガの補償に留まらず、
海外旅行中に起こると怖い各種リスクを総合的に補償する商品になっています。

ケガ・病気の補償を中心に、
海外旅行にまつわるさまざまなリスクが想定された保証内容が揃えられています。
これらの補償はセットプランになっていたり、
自分が必要だと思うものを選んで加入できたり(バラ掛け)と、
商品によって販売のされ方が異なります。

つまり、まとめると
・海外旅行保険は傷害保険の一種である
・しかし海外旅行にまつわるリスクを総合的に補償する、いわば別商品

日本の常識が通じない海外旅行に備えて入る保険だからこそ、
傷害保険の枠を超えた特徴のある補償が用意されています。
代表的なのは、やはり治療費の補償の有無でしょう。

同じ旅行保険を冠した国内旅行保険には、ケガの補償しかありません。
また、地震、噴火などによる津波で被害を受けたとき、
国内旅行保険では特約を付けていないと補償されませんが、
海外旅行保険では補償対象内など、守備範囲の違いがあるので
自分にどの程度必要なのか、またお財布とも相談して見極めてみましょう。

では、特に重要な補償や、
そのほかの保証内容を見ていきましょう。


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/help0I9A6443_TP_V.jpg

疾病治療費用

各損害保険会社の調べによれば、
海外旅行保険のなかで最も請求が多いのが「健康にまつわるトラブル」です。
気候・環境の変化や、飲食物の違いなどで体調を崩し、病院のお世話になる人は意外に多いようです。

医療事情が異なる海外では、
救急車を呼んだだけで数万円、手術などそれなりの処置を受けると数百万円なんてこともあるため、
疾病治療費用は海外旅行保険の肝と言っても差し支えありません。

救援者費用

さきほど紹介した疾病治療費用と関連して大切な補償です。
外国で入院し、親族などが駆けつけた場合の
渡航費や、医師・看護師付き添いでのチャーター機による医療搬送費、
疾病を患った状態で日本まで帰国する際の搬送費などが救援車費用に当たります。
国によっては莫大なお金がかかる恐れがあり、甘くみていてはいけません。

偶然事故変更費用

予期できないトラブルに巻き込まれ、やむを得ず支払った費用をカバーする補償です。
たとえば、
空港行きの列車がトラブルで運行を停止し、慌ててタクシーで空港まで向かったものの、
予約便には間に合わず現地で1泊した、といった場合、
そこにかかった交通費、宿泊費、食費、各種サービス取消費用などが補償されます。

携行品損害

治療・救援費用に次いで多いトラブル。
カメラ、携帯電話等の紛失や盗難を補償してくれます。

注意したいのは、補償対象にならない身の回り品が意外に多いところ。
現金や有価証券などは理解できるとしても、
眼鏡、コンタクトレンズ、義歯、サーフィンなどの運動用具などは補償対象外です。
持ち物1つ(1個、1組または1対)あたり10万円など、支払限度が設けられている点も
確認しておきましょう。

海外旅行保険に加入する前に!クレジットカードの保険を確認しよう

ここまでお伝えしてきたように、
海外旅行保険に加入すれば、いざ、という時には幅広い範囲で補償となります。
しかし、補償を手厚くすれば、保険料も高くなるのは当然です。
そこで、ぜひ活用していただきたいのが、
「クレジットカードに自動的に付帯している海外旅行保険」です。

年に一度は海外旅行に行く、という方であれば、
その都度わざわざ任意で保険に加入するよりも、クレジットカードに加入した方が
断然お得になることがあります。
クレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償内容と注意点について確認していきましょう。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の具体例


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/bitcoinIMGL1732_TP_V.jpg

海外旅行保険をクレジットカードで補償するのであれば、
年会費が発生しても、補償内容が充実しているものを選んだ方が良いでしょう。

特に「ゴールドカード」等は
年会費が1万円以上かかりますが、手厚い補償やサービスが受けられるのが魅力です。
また、家族がいる場合は家族カードでお得に海外旅行保険を備えられることもあります。

今ではカードの年会費を抑えつつ、海外旅行保険にも手厚いカードも発行されていますので、
比較サイトなどで年会費と補償内容のバランスについて調べてみるのをおすすめします。

カード種類により利用条件が違うので注意する


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/unificDSC08671_TP_V.jpg

クレジットカードの海外旅行保険で注意したいのが、保険が適用される利用条件です。
クレジットカードの海外旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類が存在します。

「自動付帯」はカードを持っているだけで自動的に補償されるものですが、
「利用付帯」は、何らかの利用条件を満たして初めて海外旅行保険が適用されるようになっています。

ゴールドカードや航空会社系のクレジットカードは
「自動付帯」となっていることがほとんどです。
(一部、旅行代金をカードで支払う等の条件をみたすと補償額が大きくなるというのはあります)
しかし、カード年会費無料で海外旅行保険が付帯しているクレジットカードについては、
「利用付帯」となっていることが多いので、注意してください。


利用条件の典型的な例としては、たとえば、
「事前に『搭乗する公共交通乗用具』または 『参加する募集型企画旅行』の
 お支払いに、カードを利用された場合」です。

ようするに、
「出発前に飛行機代やツアー代をクレジットカードで支払えば保険が付帯されますよ」
というわけです。

ちなみに、この条件は、飛行機でなくても、空港までの電車賃やタクシー代金を
クレジットカードで支払ってもクリアできます。

「90日以上」の旅行はクレジットカードでは補償されない


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKUIMGL9532_TP_V.jpg

「なんだ、海外旅行保険に入るよりもクレジットカードを作るだけで十分じゃないか」と
感じになった方もいらっしゃるでしょう。

確かにクレジットカードに付帯している海外旅行保険は魅力的な部分がありますが、
それだけではカバーできないのが「90日以上」の長期間に渡る留学や出張などの場合です。

このような時は、任意で加入する海外旅行保険の中でも「留学・出張プラン」を選ぶと良いでしょう。

これらのことから、ほとんどの場合
クレジットカードに付帯している海外旅行保険で概ねの範囲はカバーすることができますが、
対象とならない補償や保険期間があることは覚えておいていただければと思います。
ご自身が海外旅行に行く前には、必ずカード会社に補償内容を確認するようにしましょう。

旅行に行くなら海外旅行保険は絶対に必要!その理由とは?

関連記事