スポンサーリンク

男性が浮気をしてしまう本当の心理と浮気をさせないようにする方法
スポンサーリンク

彼が浮気をしているかもしれない時は

浮気をしている時の疑わしき行動パターン

付き合った彼が当時より何か様子がおかしい。根拠はないけど何か様子がおかしい気がする。なんとなくそっけないというか、いつもより挙動が変というか、よそよそしい。その違和感を感じたあなた、あらぬ事態の可能性があります。そう、彼が浮気しているのかもしれません。しかしまだ勘ぐっている段階なので一つ一つ相手の行動をチェックし、浮気しているかどうか確認しましょう。以下の浮気している男性の行動パターンに当てはまるか見てみましょう。

  1. LINEのやりとりがいつもよりそっけなくなった。回数が減ったり、内容が淡泊になった。
  2. 付き合いが悪くなった。休日の予定を聞いても「忙しい」というだけで会おうという気がしない。
  3. デートや遊ぶ内容が質素になったりと金銭的に悪くなった。
  4. 出張や急な仕事が入るようになったり仕事帰りが遅くなることが多くなった。
  5. 食の好みが変わった。苦手だったものが食べれるようになったり、今まで好きじゃなかったものが好きになった。
  6. 今まで流行や女子ウケの良い店を知らなかったのに、把握している。
  7. 大なり小なり嘘をつくようになった。
  8. お風呂やトイレにスマホを持っていく。

ざっとこんなところです。この言動をしているからといって絶対浮気をしているということではありませんが、可能性は多いにあります。

様子を見る

彼の浮気への疑いが強くなったからといって思い切って話を切り出すのは得策ではありません。もし本当にしていなかった場合、彼の心中は「疑われる=信用されてない」となるので、彼があなたへの信頼を失くしてしまい結果として関係がこじれてしまいます。まだ確証を得られていない状況なので、ここはひとまず様子を見た方がいいでしょう。浮気をしているのか、これから浮気をしようとしているのかで対応が変わってきます。一時的な浮気(出張やワンナイトラブ)でも最終的に自分の元に帰ってくれば良いと思うのであれば寛容に見逃すのもアリです。

浮気チェックをする

浮気してるか具体的に探っていきます。証拠や確証を得るためなので、相手に気付かれてはいけません。もし気付かれてしまったら軽い修羅場になりかねませんので細心の注意で行いましょう。

相手の部屋を物色する

相手の部屋に浮気に繋がる手がかりがあるか確認します。浮気相手がいた痕跡や以前なかった不自然な物が置いてあるかもしれません。隠しているつもりでも彼の性格や癖から推察して些細な変化を比較するのがミソです。

男性では足らないような部分までやけに掃除が行き届いていたり、キッチンでは冷蔵庫の中にヨーグルトなどの乳酸菌食品が入っていたり生ゴミの中に野菜の皮などが残っていたり、ソファか洗面所の床に見慣れぬ長い髪が落ちていたり、食器の位置がいつもと違っていたり、やけにお洒落な新しい服が増えていたりと、この辺りをチェックしてみましょう。抜け目としては、キッチンと洗面所周りです。早い話、彼が証拠をゴミ箱に集めてるのでそこを見た方がいいですね。

カマをかけた質問をする

いわゆるひっかけ問題を出して墓穴を掘らせる作戦です。彼の反応によって浮気してるかしてないかの判断材料にします。ポイントは「こちらが平然な態度で唐突に」質問するということ。別に攻めるでもなく疑った様子でもないのに、彼からしたら浮気がバレてしまう焦りで自ら自白してくるかもしれません。質問の例を挙げるので参考にしてください。

  • 「ちょっとケータイ貸して」→断られたら「なんで?」
  • 「この前友達があなたを見たらしいんだけど、一緒にいた人誰?」
  • 「(会っていなかった休日を指して)この日何してたの?」
  • 「(寝起きに)なんか知らない女の人から連絡があったんだけど誰?」

どれも浮気をしていたらドキッとする質問ですが実は返事の内容が問題ではなく、質問をした時の彼の反応が大事なのです。変に突っかかってきたり怒ったり話題をそらしてきたら怪しいです。もしくはあらかじめ用意したであろう言い訳をしどろもどろに話してきたらほぼクロです。臆さず唐突に質問をして彼の反応を観察しましょう。

男性が浮気をしてしまう理由

理由の一つに「男には生物として多くの子孫を残すというの動物的本能があるから浮気をする」と述べる人がいますが、そんなしょうもない理由は通じません。人間には理性があります。理性が働かない人間のことは放っておいてもう少し心理的な部分に着目して「交際中」と「既婚」のパターンでその理由を紹介していきます。(浮気する時点で理性が働いていませんがここは割愛させていただきます。)

交際中の場合

いわゆる「彼氏」が浮気する理由として、「関係にマンネリを感じているから」、「性的な欲求不満があるから」、「束縛が強くそのストレスを発散したいから」、「別で癒しが欲しいから」、「日頃の鬱憤を晴らしたいから」などが挙げられます。共通して言えるのが「逃避したい」という気持ち故の浮気ということです。あなたへの不満や倦怠感がつもりそのストレスの捌け口を別の女性に求めているのです。いずれも一時的な浮気が多く継続的なものではないのが大概です。ただ中には「別れたい・別れてもいい」と思って浮気する男性もいるので、普段の様子を見ておきましょう。

既婚者の場合

既婚者の場合、ライトな理由やディープな理由など様々なものがあります。「新鮮な恋愛気分を味わいたいから」、「他の女性に魅力(若さや可愛さ)を感じるから」、「男性としての自信を持てるから」、「性的欲求を満たしたいから」、「妻がかまってくれないから」といったところです。既婚者の場合、交際中の場合と違って女性の方からアプローチをしてきて浮気に発展するといったこともあります。既婚者特融の包容感や大人の魅力に魅かれトキメク女性も少なくありません。若い女性に言い寄られたらついつい誘惑に負けしまうのでしょう。

男性に浮気をさせないようにする方法

程よく束縛する

上記にも記したように相手を束縛すると発散できないストレスが浮気に繋がってしまいます。ですので、程よく束縛しつつ相手に飽和感を与えないのが理想的になります。そもそも束縛したくなる理由は「相手の信用度が低い」、「自分に自信がない」からです。女性にモテる男性であれば、いつ何時他の女性からアプローチが来るか不安に思うものです。かといって彼を執拗に束縛してしまうと本来浮気しない男性でも浮気してしまう事態になりかねません。

「自分以外の女性の連絡先を消して」、「女性がいる食事に行かないで」、「元カノに関する物を全て処分して」、「どこで何してるか随時教えて」など相手を過干渉した言動は束縛になります。これを受けた方は相当なストレスを感じるので、発散するために別の逃げ道を求めてしまいます。そうならないように具合の良い束縛を心掛けましょう。

具合の良い束縛とは

適度に相手を干渉してある程度浮気しない安心感を得つつ、彼の方はストレスをそれほど感じない状況が望ましいです。彼がストレスを感じる時は自分のライフスタイルに手を出してきた場合です。今までの生活で築き上げてきた習慣やリズムがあるから自分に合ったライフワークができてきたわけで、それを無理やり変えられたら当然ストレスを感じます。なのでその部分には干渉せず、一緒に過ごす時間を求める要求くらいにした方が無難でしょう。彼の彼特有のストレス発散を奪わないように。

男性に浮気をさせないようにする方法【話し合う】

浮気について話し合う

浮気を簡単にしてしまうのは浮気をするとどんな弊害が起こるのか想像ができないからです。なので浮気がどれだけ酷いものなのかを話し合うことで彼に嫌悪感を与えましょう。お互いが浮気について意見する際はこちらはマイナスな発言のみにしましょう。「浮気される女性って男見る目ないよね」、「浮気する人って可哀想だよね」などの意味深なことでもいいですし、浮気者の人格否定するレベルで結構ですので、浮気する人がいかに最低な行為をしているのかというのを共有しましょう。ただし浮気を疑ってるような空気感は出さないように注意しましょう。

あくまで意見交換です。彼がもし進行形で浮気しているのなら大ダメージを食らっているでしょうし、これ以降浮気をしてしまうと自分で自分のことを最低な人間であると認めることになるので抑止力になります。話し合いの際に浮気を擁護するような発言をしてくることもあるので返し文句を考えておきましょう。

将来について話し合う

お互い結婚も考えている関係であれば、将来について具体的に話し合うことで浮気の防止になります。まだ遊びたい気持ちと危機感がないから浮気をするので、先の未来を具体的にイメージさせることによって責任感と罪悪感を芽生えさせれば、いい加減自由の身でないことを自覚します。結婚後の生活や子供について要望的なことから経済的なことまで話しましょう。ついでにつくり話でもいいので友人が浮気が原因で家庭崩壊した話をしてもいいです。いかに悲惨な状況になってしまうのか想像させましょう。未来図を描き出すことで身を固める決心や改心が望めます。

男性に浮気をさせないようにする方法【彼女であるのは自分だけと認知させる】

犬系女子になる

相手の都合の良いように尽くすという意味ではなく、自分の好きという気持ちを素直に伝えるということです。彼の好意に嬉しそうなリアクションしたり、日頃の感謝を述べたり、いつも応援しているスタンスを吐露したりと、彼女であるあなたにしかできない気持ちの伝え方をしましょう。自分を支えてくれているはあなただけと彼が思えればこっちのもんです。ただし、気持ちを伝える際に重くなりすぎないように注意しましょう。重くなると相手に圧迫感を与えてしまい、ウザく思われてしまうので程々の温度感がいいです。

自分の強みを明確化する

多少強引なやり方ですが、自分は浮気が発覚したら別れると宣言しておきます。ただしこの効力が発揮されるのは相手が自分に対して大きなメリットを感じている場合です。例えば、彼好みの料理が作れたり、身の回りの世話をやってくれたり、彼のツボをおさえた癒し方ができたりなど、交際していなければ得られない特権が明確化されていることです。つまりこの特権なしでは今後の生活が耐えられないと思えるくらいに彼を調教させておけば、万が一のことを考え浮気しないようになるでしょう。

男性に浮気をさせないようにする方法【嫉妬させる・不安にさせる】

相手に嫉妬心や不安感を与え、浮気させないことを目的とします。男友達と遊んだり、彼以外の男性がいる会合に出向いたりと、男性との交流を彼に認知させます。それにより他の男性があなたにアプローチをしてくるのではないか、あなたが浮気するのではないかと不安になります。自分が彼氏にぞっこんになってしまうと相手は「こいつは俺しかいない」と調子に乗って、浮気しても構わないというあらぬ思考をし始めます。なので相手には「私の彼氏になりうる男はあなただけじゃない」と悟らせましょう。多少の危機感を与えておけば自分が浮気する余裕すらなくなります。

男性に浮気をさせないようにする方法【夜のプレイで彼を夢中にさせる】

マンネリした夜の営みによる性的欲求不満を解消し、斬新なプレイで自分に夢中にさせるという強行手段になります。マンネリしてしまうのはプレイの内容に辟易するからなので、マンネリしだした頃に普段とは異なるプレイで緩急をつけてあげれば性欲による浮気の防止を望めます。あなたに気を遣って性癖や好きなプレイを打ち明けてない可能性もありますので、思い切って聞き出してみましょう。

あまりにハードなものや生理的に受け付けないものであれば、全てではなくある程度歩み寄るくらいの頑張りで充分です。もしくは彼好みとは関係なく新しいプレイ内容をいくつか考察し試していくのもマンネリ解消になるので夜の営みに積極的な姿を見せれば、彼も浮気しような気を起こさなくなるでしょう。

別の恋愛に切り替えるのもアリ

浮気する男性と関係を続けるデメリット

浮気をさせないように動いたり、未然に防ぐためにあれこれ手を尽くしていても根本的に不安は解消しきれないです。浮気をされるかもしれない不安を抱えたまま過ごすことはあなたにとってマイナスな要素でしかありません。相手が過去に浮気をしていて、いくら浮気をしないと言っても8割も信じきれないのが心情でしょう。そんな状態で関係を続けていても何かと疑い深くなったり、ストレスが強くなったり、ケンカをよくしたりと弊害が多くなってきます。

しかも女のニオイがした時はほぼクロです。浮気は治らない病気とも称されるほど、よっぽど何か心境の変化がなければ治りません。もし子供がいたとしたら悪影響にしなりません。お互いの成長にならなければ次の恋愛に切り替えた方が賢明かもしれません。自分の中で浮気を心配しなくてもいいような男性がいれば不安やストレスを感じずにいられるでしょう。

スポンサーリンク