スポンサーリンク

【夢占い】妊娠中の夢を見た時の暗示・意味とは?
スポンサーリンク

「妊娠中の夢」の夢占いにおける基本的な意味

あなたはこれまで妊娠の夢を見たことがありますか?もしある場合は、その時にどのように感じましたか?まだ妊娠の夢を見たことがないという方も、もし妊娠の夢を見たらどのように感じますか?

妊娠と聞くと、新しい命を授かるという意味で、「幸福」や「おめでたい」、「運気のアップ」などのイメージされる方が多いです。夢占いにおいても、妊娠の夢は、基本的に運気のアップなどを意味する吉夢が多いのが現状です。しかし、その一方で、中にはシチュエーションにより、トラブルの暗示や運気の低下、あなたの不安の表れを意味するものもあります。

そこで、今回は、10個のシチュエーション別に、夢占いにおける妊娠の夢を見た時の暗示と意味についてご紹介します。これまでに妊娠の夢を見たことがあるという方も、そうでないという方も、今後のためにぜひ参考にしてみて下さい。

妊娠中の夢を見るときの心理傾向

夢占いにおいて、妊娠中の夢は「吉夢」のものが多いですが、中には「凶夢」のものがあります。基本的に、吉夢の場合はあなたに「幸福」をもたらし、凶夢の場合はあなたの「不安」の表れでもあります。それぞれの場合において、あなたの心理状況を具体的に下記にてみていきましょう。

心理傾向①:幸福

妊娠中の夢を見るときのあなたの心理傾向は、何かの目標に向かって頑張っていることを示すことがあります。そのような中、妊娠の夢は、あなたが何かに向かって努力していることが報われる暗示でもあります。仕事でも恋愛でも、あなたが努力していることがやっと報われ、幸せを導いたり、良き結果を残すことができるはずです。しかし、そのような時は、「妊娠の夢を見たから大丈夫」と油断をするのではなく、最後まで努力を続け、ベストな結果を残してください。

心理傾向②:不安

妊娠中の夢をみたのであれば、あなたの妊娠への「不安」の表れである場合があります。ほとんどの女性が、妊娠に対して不安を抱いています。親になることへの不安や、出産時の痛みなど悩みは人それぞれですが、不安が酷い場合には、まず出産経験者に相談してみることをおすすめします。誰かに相談することで、あなたの不安も軽減されるはずですよ。

【状況・シチュエーション別】妊娠中の夢占いの意味

こちらでは、10個のシチュエーション別に、夢占いにおける妊娠の夢の暗示・意味について具体的にみていきます。シチュエーションにより、吉夢のものもあれば凶夢の場合もあるので、詳しく見ていきましょう。

シチュエーション①:自分が妊娠する夢

自分が妊娠するという夢をみたのであれば、それは「これから大幸運が訪れる」という暗示です。あなたの潜在能力が発揮され、大成功が得られる幸運期が到来することを意味しています。自分が妊娠する夢は、仕事面、恋愛面、金銭面など様々な分野において、あなたの運気をアップしてくれます。また、もしあなたが夢の中で、大好きな人との間に子供ができた夢を見たのであれば、幸運度はさらに高くなります。

しかし一方で、あなたの内に秘めた「不安や悩み」を暗示する場合もあります。例えば、好きではない人との間に子供を授かってしまった夢や妊娠中で身体への負担を感じているのであれば、あなたが抱えている不安や悩みの表れであります。負担も悩みも幸運が訪れるゆえに、ついてくるものです。前向きな気持ちで現状を受け止められれば、あなたの悩みや不安はすぐに解消できます。また、あなたの悩みや不安を誰かに相談してみるのも大切です。気持ちを共有してもらえるだけで、不安は軽減され、気持が少し晴れやかになるはずです。妊娠中は周囲の協力が必要なのと同じように、あなたが周りに頼るべき時期なのかもしれません。

シチュエーション②:自分以外の誰かが妊娠する夢

あなたが妊娠するのではなく、あなた以外の誰かが妊娠した夢を見た場合はどうなのでしょうか?このような夢を見た場合は、「あなたを認めてくれる心強い人が現れる」、「あなたの努力が評価される」という暗示になります。もし夢の中で、あなたの知人が妊娠していたのであれば、その知人に協力やアドバイスを求めれば良い結果が得られるはずです。いずれにせよ、あなたが努力してきたことが、やっと報われるという時なのです。しかし、評価を得たり、あなたに協力してくれる人が現れるまで、絶対に気を抜いてはいけません。人が妊娠する夢を見たからといって、油断は禁物です。

普段はあまり話しをしない上司や先輩とも交流を持つと、早く効果が出ることが多いです。そのような人たちが、実はあなたのことを既に認めてくれており、具体的にあなたに協力したり、あなたの成果を評価する話をしてくれるかもしれません。しかし、そのような人たちとの接点をあなたが避けていては、助けてくれたり、評価してくれたりする機会が失われてしまいます。そのため、できるだけ多くの人とコミュニケーションをとり、仕事をしやすい環境を作ることが何より大切です。自分一人での努力も大切ですが、さらに周りの人を巻き込むことで、必ず良い結果が生まれますよ。

シチュエーション③:男性が妊娠する夢

現実世界ではありえませんが、夢の世界では、男性が妊娠するということもありえます。そのような夢を見た場合は、夢占いにおいて「トラブルの発生」を暗示するものになります。現実的に、男性が妊娠するなどありえない話のため、何らかの対処が必要になります。

もしあなたが夢の中で、男性が妊娠する夢をみたのであれば、あなた自身に何か今後トラブルになりそうなことはないか、一度考えてみましょう。早めに対処すればリスクを最小限にできますし、放っておくと取り返しのつかないことになる場合もあります。もし何か、困っていることや悩んでいることがあるなら、周囲に相談して、問題解決のために何かできないか、具体的に行動に移してみましょう。

シチュエーション④:男の子を妊娠する夢

夢の中で男の子を妊娠したという夢をみたのであれば、夢占いにおいて「運気がアップする」という暗示になります。ご存知の方も多いかと思いますが、「男の子」は、幸運を象徴した言葉でもあります。男の子を妊娠した夢をみたのであれば、趣味でも仕事でも、積極的に何か新しいことにチャレンジしてみましょう。今まで自分では気づかなかった新しい才能を見つけるチャンスでもあります。失敗を恐れずに、自信を持って挑戦してみて下さい。仕事もプライベートも充実した時間を過ごせるはずです。

シチュエーション⑤:女の子を妊娠する夢

男の子を妊娠した場合は、運気アップを暗示する吉夢でしたが、反対に女の子を出産した場合はどうなのでしょうか?実は、女の子を妊娠した夢をみたのであれば、夢占いにおいてそれは「金銭的な問題」を意味しています。仮に、本当に女の子を妊娠した夢を見たのであれば、借金やローンなど金銭面に何か問題がないか考えてみて下さい。金銭は身近な問題なので、何かしら思い当たるところがあるはずです。もし何も思い浮かばな場合は、これから問題が発生するかもしれません。おいしい話や借金の保証人など、危険を感じることには絶対に手を出さないようにしましょう。あなたの注意力が大切になりますよ。

シチュエーション⑥:双子以上を妊娠する夢

上記にて、男の子と女の子を妊娠した場合の、夢占いにおけるそれぞれの意味をご紹介しましたが、赤ちゃんは常に一人とは限りません。双子や三つ子を妊娠した場合はどうなのでしょうか?妊娠の夢にはそもそも「才能の開花」という意味があります。双子や三つ子のように一度に多くの赤ちゃんを授かったのであれば、その才能が二つ三つといくつも開花することの表れであります。

あなたがまだ気づいていない、思いがけないような才能があなたの中に眠っています。その才能が花開く日が近いのかもしれません。出産に苦しみがつきものであるように、才能を開花するには最初は苦労することも多いかもしれません。しかし、最後までやりきれば、必ず新しい能力を手にすることができるはずです。諦めずに努力を続けることが大切なのです。また、双子が産まれたら子育ても通常の倍と大変さが増えるように、才能がたくさんあれば、それだけそれを磨く努力も増えます。才能は持っているだけでなく、使わなければ意味がないですし、才能を維持するためにも努力が必要です。才能が開花した後も、努力を続けることで、現実世界でもあなたに大きな幸せをもたらしてくれるはずです。

シチュエーション⑦:望まない妊娠をする夢

現実世界でも起こりえますが、友人との間や奥さんがいる相手との間に子供ができてしまったなど、望まない妊娠をしてしまったという夢を見たのであれば、それは「あなたが妊娠への不安や恐怖があること」の暗示です。

妊娠への恐怖や不安は人それぞれですが、出産するときの痛みや、将来子供ができるかなど様々です。もしあなたが、妊娠することに対して、何かしらの不安があるのであれば、出産経験のある友人やあなたのお母様に相談してみるのが一番です。また、誰かに相談するのが恥ずかしいという方は、インターネット上で出産経験者の情報が得られます。誰かに相談することで、不安は軽減されますし、恐怖や不安よりも、自分の子どもができる喜び、子どものかわいさに注目すれば、自然と不安や恐れは消えていくはずですよ。

シチュエーション⑧:早産の夢

早産と聞くと、生まれてきた赤ちゃんが未熟だったり、何かしらの障害が出てしまうなどマイナスのイメージが大きいです。しかし、夢占いにおいて早産の夢は、「最適なタイミングより少し早く何かを始めてしまったこと」の暗示であります。早めに行動をとることは良いことでありますが、なんでも早ければいいというものではありません。一番いい時、やるべき時というベストなタイミングを見極めることも大切です。そして、何事も焦りは禁物なのです。

一度深呼吸してから行動すると、何事も落ち着いて考えられるようになります。また、ベストなタイミングを見極めるには、ただ待っているだけではいけません。周りを観察したり、自分自身でリサーチをしてみることも重要になります。このような前提を踏むことで、何が重要なのかや、本当に求められることを考えて、行動に移すことができます。そして、このようなアクションにこそ、高い評価や報酬が与えられるのです。

シチュエーション⑨:陣痛の夢

陣痛は、個人差がありますが、基本的に辛いものです。この陣痛が夢にできたのであれば、何だか嫌な予感をされる方も多いのではないでしょうか。夢占いにおいて、陣痛の意味は、「現在あなたが一人でいることが辛く、誰かに助けを求めたい」という心のメッセージの表れであります。

仕事でもプライベートでも、最近何か悩んでいることはありませんか?その悩みがあなたを苦しめていませんか?しかし、今あなたが抱えている問題を一人で解決するのは難しいのです。だからこのような夢を見たのです。出産には助産師さんが付くように、あなたにも助けが必要なのです。一人で悩みを抱え込まず、周囲の信頼できる人に相談してみましょう。あなたが抱える問題にもよりますが、周囲に相談できないのであれば、専門家に相談してみることも一つの方法です。誰かに相談することで、不安が軽減され、気持ちがスッキリしますよ。

シチュエーション⑩:妊娠の夢を何度も見る

妊娠の夢を何度も何度も繰り返し見てしまうのであれば、夢占いにおいて、それは「妊娠や出産への恐れ」の表れです。自分自身では、気づいていなくても、あなたの中に、妊娠や出産への恐れがあるのです。子供を産んでしまったら子育てに自分の人生をささげなくてはいけないや、親になることへの不安、出産時の痛みの恐れなど様々です。出産を今まで経験されたことがないのであれば、なおさら不安も大きいはずです。

誰でも、初めてのことについては不安がつきものです。そんな時は、経験者に相談してみることが一番なのです。出産経験のある友人や家族にあなたの悩みを打ち明けてみましょう。不安や心配事は人に話すだけで解消されますし、何より心強くなるはずです。一人で抱えていても、何も始まりません。思い切って出産や妊娠・子育てに関する悩みを誰かに相談してみましょう。

妊娠中の夢を見た後、取るべき行動とは?

上記にて、シチュエーション別に妊娠の夢における意味をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ご紹介した通り、シチュエーションにより夢の意味は異なりますし、良い暗示のものだけではなく、悪い暗示のものもありました。下記にて、吉夢と凶夢に分けて、妊娠中の夢を見た後の取るべき行動についてご紹介します。

スポンサーリンク