【熟年離婚】50代での離婚の原因&離婚を決断する前に考えたいこと

「熟年離婚」という言葉を最近よく聞くようになりました。50代以降になって離婚をしてしまう夫婦が増えてきているのです。皆様の中にも50代での離婚を考えている方もいるのではないでしょうか。では、それまで長く連れ添ってきたパートナーと離婚を決意する理由とはどのようなものなのでしょうか?また、離婚を決意する前に考えておくべき事もご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

50代など、熟年での離婚が増えてきている

「熟年離婚」とは、一般的に「20年以上」の同居期間を経た夫婦が離婚することを指します。厚生労働省の「平成28年人口動態統計月報年計(概数)の概況」(参考:https://ricon-pro.com/columns/187/)によると、全体の離婚数216,805組のうち、37,604組が熟年離婚に該当。
熟年離婚は全体の約17%を占めているということがわかりました。

そして、50代以降の熟年離婚が年々増えてきている背景には、「年金分割制度の整備」と「女性の社会進出」の影響が指摘されています。

現在の50代以降の女性は、主に専業主婦の女性が多いのが特徴です。専業主婦の場合、経済力を男性に頼っているため、離婚をすると経済的に苦労することがわかっているからこそ、これまで離婚を踏み止まっていた人も多いのではないでしょうか。50代や60代からの再就職は現実的に難しく、「離婚後にどうやって生活をしていけばいいのか?」というのが専業主婦の女性にとっては大きな悩みでした。

しかし、2007年の「厚生年金保険法」により、結婚していた期間に応じ夫の厚生年金の分割ができるように改正。専業主婦が抱えていた離婚後の経済的な不安が少しだけ改善されることになりました。夫が厚生年金の受給者の場合、年金分割制度を利用すれば、これまでよりも離婚へ踏み出しやすい環境が整ったと言えるでしょう。

一方、熟年離婚の予備軍とされる40代や30代は、「女性の就業率」が上昇しているのが特徴。社会進出をして「経済力」を持っている女性が多く、50代や60代に多かった専業主婦とは違い、積極的に離婚のカードを切れるようになりました。今後も共働きをして経済力を男性に依存しない女性が増えれば増えるほど、女性の方が主導権を持って離婚できる機会が増えていくことが予想されます。

50代での離婚の原因として多いものは?

50代での離婚原因として多いのは、「子育ての終了」と「介護の問題」です。

・子育ての終了

子供が小さいうちは、子供の人格形成に与える離婚の影響の大きさを考え、どんなに嫌なことがあっても「子供のため」と耐え忍ぶ夫婦が多いです。特に子育て中に離婚した場合、子供の親権が欲しい女性は、離婚後に教育費や生活費で困り、一気に貧困に転落してしまう可能性があります。

離婚の時に養育費の取り決めをしたとしても、相手が子供が大人になるまで確実に履行する保証はありません。離婚後に養育費の支払いが止まってしまえば、経済的に困窮し、子供に十分な教育を受けさせることも難しくなってしまいます。実際に、離婚がきっかけとなり貧困で苦しむシングルマザーは少なくありません。

しかし、子供が成長して独立してしまうと、自分の気持ちを押し殺してまで夫婦で一緒にいる理由がなくなってしまいます。子育ての終了時期の目安は、「子供が大学を卒業するまで」「子供が成人するまで」など、家庭によってそれぞれです。子供のこと以外に会話がない夫婦、性格の不一致に悩んでいる夫婦などは、子供が巣立った後に一緒にいて楽しめる要素がないため、離婚しやすい傾向があります。

・介護の問題

50代以降になると、子育てが終わる一方で、「介護の問題」に悩まされる夫婦が多いです。夫婦どちらかの親が要介護となれば、仕事をしている夫は介護が難しく、必然的に妻が介護を担当することが圧倒的に多いようです。自分の親の介護であれば、これまで育ててくれた感謝の思いもあり、納得して介護に向き合えるでしょう。しかし夫の親の介護となると、やはり抵抗を感じてしまう女性が多いものです。特にこれまで姑や舅からひどい嫌がらせを受けていた場合は、「介護をしたくない」と思っても仕方がないですよね。

更に、女性にとって一番最悪のパターンは、夫の介護です。夫が要介護になってしまう場合、介護の問題だけではなく、経済的にも女性が大黒柱となって働く必要が出てきます。女性一人で、生活を支えて、介護をしていくのは、想像以上に辛い事。相手が死ぬまで介護とお金を心配する日々が続くため、明るい将来を期待できず、離婚という文字が頭をよぎるようになってしまいます。

50代で離婚をするメリット・デメリット

50代で離婚をする場合、メリットとデメリットのそれぞれについてチェックをしてみましょう。

関連記事