人生の後半を楽しむための、50代からの生きがいの探し方

50代といえば人生の折り返し地点。これまでの人生やこれからの人生について改めて考えることかと思います。そして、そこで多くの方が悩むのが「これからの人生の生きがい」についてではないでしょうか。仕事や子育てなどが一段落つき始めた50代。残りの人生を楽しむためには新しい生きがいを探すことが必要です。では、生きがいとはどのように探せば良いのでしょうか?

公開日:    最終更新日:

50代では子育てや仕事が一段落し、生きがいが無くなってしまうことも


https://www.pexels.com/photo/thinking-woman-in-white-jacket-and-white-scoop-neck-shirt-blue-denim-jeans-sitting-on-brown-wooden-bench-beside-green-trees-during-daytime-157622/

50代の女性といえば、子供の子育ても卒業し、仕事をしている方は何となくゴールが見えてきたかな、という時期ですよね。大きな任務を終えた気持ちになって、ほっとする反面「さて、これからの人生どうしよう?」と思い悩む方も多いかもしれません。

男女ともに寿命がどんどん延びている今、50代なんてまだまだこれから。ですが、今までずっと仕事や育児に邁進してきて、自分のことなんて後回しだった、これといった趣味もないし、時間に余裕ができたところで一体何をしたらいいか分からない、そんな50代の女性が増えているのも現実です。

ここでは、まだまだ先の長い人生を、より楽しく、充実したものにするために、どうやって生きがいを探していったらいいか、50代の女性にとっての生きがいの大切さをご紹介していきます。

「生きがいがある50代の女性」と「生きがいがない50代の女性」の違いとは

https://www.pexels.com/

辞書によると、生きがいとは「人生の価値」「生きていく喜び」「張り合い」などを意味しています。ですが、人生においての価値や喜びは人それぞれ違います。生きていく中で、幸せや喜びを見つけ、いかに励みになる生きがいを捉えられるのかが、50代を楽しむ鍵となります。生きがいがある50代の女性と生きがいがない50代の女性の違いはどのような違いがあるのか、特徴を比べてみましょう。

生きがいがある50代の女性はキラキラしている

生きがいがある50代の女性は、キラキラしています。着飾っているわけでもないのにキラキラしていて笑顔が素敵な50代の女性を見かけたことはありませんか。そんなキラキラした50代の女性は、充実している毎日が自身を輝かせているのかもしれません。

子供や夫のための生きがいではなく、自分のための生きがいを見つけると、表情も明るくなり毎日に張り合いが出て輝きが増します。

生きがいがある50代の女性はポジティブ

人生の価値を見出している50代の女性は、常にポジティブです。理由は生きがいを見つけて何事も前向きに捉えられることができているから。とくに50代の女性はいろいろな経験をし、家族のためや会社のために生きてきた方も多いはずです。

今後の人生を考えたときに、過去の経験が役に立ち、その経験を生きがいにプラスすることでポジティブな考え方ができるようになれます。ポジティブでいられるのは、生きがいがある50代女性の特徴のひとつと言えるでしょう。

 生きがいのある50代の女性は常に笑顔

https://pixabay.com/

生きがいがある50代の女性は、ひとつのことに執着しないため常に笑顔でいることができます。とくにいろいろなジャンルの趣味を持っている女性や、友達との会話を楽しめる女性は、嫌なことがあってもすぐに切り替えることができます。

生きがいという人生においての張り合いをうまく使いこなすと、常に笑顔でいられる50代の女性になれるので、周りにも生きがいのある明るい笑顔の女性が集まります。

笑顔は女性の武器です。50代になっても笑顔が素敵な女性でいたいものですね。

生きがいがある50代の女性は人生を楽しんでいる

生きがいがあることで毎日の生活が充実し自分のための時間を大切にしている50代女性は、人生を思いっきり楽しんでいるので後悔することが少ないです。また、「若い時はよかった」「若くないとできない」など、若い頃の自分と比べてしまうと残りの人生を無駄にしてしまいます。

50代は人生折り返し地点とよく言いますが、残りの人生を充実させるか、させないかは生きがいを見つけることで変わってきます。すでに生きがいを見つけている50代の女性は、残りの人生を楽しむことを考え、何も恐れることなく充実した人生になっているのが特徴です。

生きがいがない50代の女性は殻に閉じこもりがち

https://www.photo-ac.com/

殻に閉じこもりがちな50代の女性は、今まで家族のためだけに生きてきてふとしたときに、何もやることがなくなって時間を持て余している女性に多くみられます。自分のことは後回しにしてきた分、生きがいを見つけることができず、ポッカリ開いた時間をどう使っていいのかが分からなくなってしまっています。

友達とも疎遠になってしまっていたり、子供の卒業と同時に縁が切れてしまったりすると、人との交流もなくなり生きがいを見つけることでさえ難しくなってしまい、自分を殻に閉じ込めてしまう傾向にあります。

生きがいのない50代の女性はネガティブ

生きがいがある50代の女性と比べて、生きがいがない50代の女性はネガティブに物事を考えてしまう傾向にあります。趣味や楽しみ、張り合いがない毎日を送っていると気持ちの切り替えがうまくできなくなり、マイナスな考えばかりしてしまいます。

また、生きがいを見つけようとしても「だって50代だから無理」とか「50代だからやりたくない」など否定的な思考がネガティブになってしまい、言い訳の多い人生を歩むことになってしまうという特徴があります。

とくに50代女性に多いのが、人の目が気になり行動できず、ネガティブになってしまっているという特徴もあげられます。

生きがいのない50代の女性は人を羨みがち

https://www.pexels.com/ja-jp/

生きがいがない50代女性は人生の価値を見出すことができていないので、自分自身の存在価値を認めることも苦手です。自分の生き方に自信がないと自自己肯定感が低くなり、他人を羨んでしまう傾向にあります。隣の芝生が青く見えれば見えるほど、自分の価値観が下がり、人を羨んでしまうのです。

人を羨んでばかりいると、ネガティブ思考になってしまったり、ひどい状態だと鬱の症状が出初めてしまったりする可能性があります。生きがいが何もなく、SNSを見ては落ち込む女性は要注意です。生きがいを通して自分の価値を見つけ、毎日楽しく過ごしたいものですね。

生きがいのない50代の女性は強い孤独を感じている

年齢とともに孤独感を感じている50代の女性も多いのではないでしょうか。生きがいがない50代の女性は、人よりも孤独感を感じやすいという特徴があります。生きていくために必要な喜びや毎日の生活の張り合いがある女性は、忙しく何かに集中しているため、孤独を感じにくい環境にいます。生きがいがなく考える時間が多ければ多いほど、不安や孤独と向き合わなければならなくなるのです。

50代は、自分の人生を見つめ直す年齢です。孤独感とも向き合わなければなりません。ですが、生きがいがないとポジティブに考えることができず、さらに孤独感が強まってしまうなんてことも。生きがいを見つけて不安や寂しさを解消するのが、50代女性が生きやすくなるポイントです。

50代からは新しい生きがいを探すことが大切


https://www.pexels.com/photo/adult-blur-countryside-fashion-552563/

子供が巣立った後、自由な時間が増えてうれしい反面、手のかかる対象がいなくなって、途端に淋しくなってしまった。あるいは、職場で責任ある仕事を若手に譲りつつあり、どうにも手持ち無沙汰になってきた。など、時間や気持ちに余裕ができてうれしい反面、今までずっと続けてきた忙しい毎日から突然開放されて、戸惑ってしまう50代の女性の方も多いですよね。

そんな時に、嬉々として今まで時間を割けなかった趣味や習い事にどっぷり浸かれる人は良いのですが、たいていの場合、今まで育児や仕事に追われる毎日で、時間に余裕のある生活に慣れていないため、どうしたらいいのか困ってしまう50代の女性が圧倒的に多いのも事実。ではなぜ、ポッカリ空いた時間を埋めるために生きがいを探すことが大切なのか、理由をご紹介します。

https://www.photo-ac.com/

50代から生きがいを探すことが大切な理由①

寂しさや不安を解消するために、生きがいを探すことが大切な理由としてあげられます。50代は過去や未来について、改めて考える年齢です。また、更年期が始まり、体力が落ちている女性も多いのではないでしょうか。肉体的な衰えがあると、精神的にも弱くなってしまいます。弱さと向き合ううちに不安になったり、孤独を感じたりして殻に閉じこもってしまう生活になりかねません。

生きがいを探して、人生に張り合いをプラスすることでネガティブ思考が解消されます。キラキラしていて、誰もが羨むような50代女性になるには、生きがいを探して不安や孤独を緩和させることが大切です。

50代から生きがいを探すことが大切な理由②

更年期を乗り越えるために、生きがいを探すことをおすすめします。生きがいがないと、イライラを解消できませんし、家族に八つ当たりしてしまうなんてことも。習い事をしてみてもいいですし、自分磨きのためにエステプランや美容デーを作ってみてもいいかもしれませんね。毎日の生活の中で、少しでも喜びがあると辛い更年期が緩和される傾向にあります。

生きがいがない女性と生きがいがある女性は、輝きも違いますし考え方も違います。自分のためにも50代女性は生きがいを探すことが大切なのです。

50代から生きがいを探すことが大切な理由③

女性は幾つになっても「女」でいたいものですよね。外見も内面もキレイと褒められると嬉しくありませんか。50代の女性は常に生きがいを探して、いつまでもキラキラと輝いている人生がお似合いです。表情も明るく、いつも前向きな女性は周りの男性や女性からもモテモテになれること間違いなし。

今まで他人のために生きてきた女性も、50代からの残りの人生を自分のために生きてみるのもいいかもしれません。そのためには生きがいを探し、人生においての価値を見つけられたら一生「女」を楽しむことができるでしょう。

50代での生きがいの探し方とは?

関連記事