スポンサーリンク

おばさん体型になりたくない!アラフォーでも綺麗な体型を保つ方法

スポンサーリンク

食事のコントロールでアラフォーでも美しい体型に!

https://pixabay.com/

アラフォーで美しい体型を維持している女性で、毎日の食事に無頓着であるという人はほとんどいないといっていいでしょう。代謝が高く筋肉量も多い若い時なら食事で多少カロリーを取りすぎた時があっても、運動でカロリーを消費すれば必要以上に太ることはありません。しかし年齢とともに代謝が落ち筋肉量も少なくなってくるアラフォー世代には、運動だけでカロリーを消費するのは至難の業です。無理な運動でカロりーを消費しきれないだけでなく、筋力が衰えていることによって腰や足など体を壊してしまう可能性があります。

そこでアラフォー女性には毎日の食生活から、きちんと食事をコントロール必要があります。コントロールといっても大好物のものを一切食べられないといった、無理があるダイエットではありませんよ。毎日の食事の内容や食べる順番といったささいなポイントを注意するだけで、アラフォーでも美しい体型を維持することができるんです。

そこでここからは、アラフォー女性なら絶対に意識したい食事のポイントをご紹介しましょう。普段何気なく食べている毎回の食事が、実はあなたの体型を崩す原因になっているかもしれません。最近食べる量は減っているのに体型がふくよかになってきた、体重は変わらないのになんだかたるんできたという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

低炭水化物で高タンパクな食事にする

https://pixabay.com/

若い人にくらべて、年齢を重ねたアラフォーの体は筋肉が衰え、それに伴って代謝量も減っていきます。代謝量が減ることで1日に消費できるカロリーも減りますので、摂取カロリーをなるべく抑えながら体の筋肉を減らさないような食事を心がける必要があります。そこでアラフォーの方におすすめの食事は、「低炭水化物で高たんぱく質」を意識した食事なのです。

炭水化物とはお米やパン、パスタといった穀物類です。これらは糖類ですから、食べ過ぎると体に脂肪として蓄えられてしまい、アラフォーの体型を崩す原因になってしまいます。炭水化物は体や脳にとって大事なエネルギー源ですから炭水化物を全く食べないのはおすすめできませんが、毎日の食事で可能なら少し量を減らすように心がけましょう。

反対に筋肉のもととなるたんぱく質は、意識して多めに取るように心がけましょう。たんぱく質とはお肉やお魚、チーズやヨーグルトなどといった乳製品が当てはまります。どれもカロリーは高めなので食べすぎには注意が必要ですが、できれば朝・昼・晩すべての食事に手のひら1つ分ほどのたんぱく質を取るようにしましょう。もしお肉などの脂が気になるようなら、「畑のお肉」と呼ばれる大豆製品を摂取するのもおすすめです。豆腐や厚揚げで料理を作れば、ボリュームもあり満腹感を得られますよ。

夜は軽めに済ませ胃腸を休ませる

https://pixabay.com/ja/

日中は仕事や家事で忙しく、1日のうちでゆっくりご飯を食べられるのは夜だけという人も少なくないでしょう。それゆえ、どうしても夜ご飯のボリュームが多くなり、食べ過ぎてしまうというアラフォーの方もいるかもしれません。しかし、これから活動する朝や昼とは違い、夜はご飯を食べた後寝るだけなのでカロリーを消費する機会がありません。ですから夜ご飯をたくさん食べる生活をアラフォーが続けていると、あっという間に体型が崩れてしまいます。アラフォーで美しい体型を保ちたいなら、1日のうちで夜ご飯のボリュームが一番少なくなるよう調整しましょう。

夜ご飯を少なくすることで、摂取カロリーを抑えられるのはもちろん、寝ている間に普段はフル稼働している胃や腸をしっかりと休めることができます。しっかりと休息を取った胃腸は元気を取り戻し、栄養を効率よく摂取することができるのです。体型だけでなく最近肌荒れや便秘に悩んでいるというアラフォーの方は、まず夜ご飯のボリュームを抑えることからはじめてみましょう。

また、食事をとる時間にも注意をしましょう。モデルさんなどは「夜6時までに食事を終えて、それ以降は何も食べない」という生活をしている人もいるようですね。体型維持には涙ぐましい努力をされていると思いますが、私たちはモデルではないので、そこまでする必要はありませんね。ただ、早い時間に夕ご飯を終えてしまうというのは、とても大事なことのようです。午後6時までというのはかなり非現実的ですが、せめて8時~9時までにはその日のご飯は終えておきたいものです。もちろん、それよりも早く終われる方は、それに越したことはありません。1日の終わりのほっと一息の1杯も、なるべく早い時間に終えてしまいましょう。決してその1杯とおつまみ(あるいはお菓子)でだらだらとテレビに見入ってしまうことがありませんように。

前述したように、胃腸をよく休め、翌日以降の栄養摂取に活かしていきましょう。

食事は野菜やスープからはじめて満腹感を

https://pixabay.com/

アラフォーの皆さんは「ベジ・ファースト」という言葉をご存知でしょうか?食事を繊維質やビタミンが豊富な野菜やスープからはじめることで血糖値の急上昇を抑え、同じ食事を食べていても体を太りにくくすることができるという食事方法です。「たかがそんなことで?」と疑うアラフォーの方もいるかもしれませんが、食べる順番を変えるだけでメインディッシュから食べ始めるより満腹感を得られ、結果として食べる量が減るという人も多いようです。体型が気になるというアラフォーの方なら、まずはベジ・ファーストから食事コントロールをはじめてみてはいかがでしょうか?

もし食事を取るときにサラダやスープを選べるなら、積極的にセレクトして食事のはじめに食べましょう。血糖値の上昇を抑えるという役目なら、お酢を使った酢の物やピクルス、牛乳やチーズなど乳製品を使った副菜などでも同じ効果が得られます。食べる順番を意識できるようになったら、食事の咀嚼回数も意識してみましょう。意外と早食いのアラフォーの方は多いもの、体型が気になるなら早食いは厳禁ですよ。

スイーツは午後3時に食べて血糖値コントロール

https://pixabay.com/ja/

体型が気になるアラフォーでも、甘いものはやめられませんよね。もちろん食べ過ぎはダメですが、甘いものを全て禁止するとストレスが溜まってしまいよくありません。アラフォーなら体に関する知識を生かして、きれいな体型を維持できるように甘いものを上手に取り入れましょう。おすすめは、甘いものをおやつの時間である午後3時に食べることです。

午後3時ごろというのは、人間の体が一番エネルギーを消化する時間といわれています。ですからこの時間近辺に甘いものを食べれば、他の時間に食べる時と比較して効率よくエネルギーを消費して太りにくくすることができます。子供の頃に何気なく使っていたおやつの時間には、きちんと理由があるのです。大人になったアラフォー女性も、子供の頃を思い出して甘いものはおやつの時間にいただきましょう。

午後4時以降の摂取カロリーは、その前までに取るよりも「2倍」のカウントになるそうですよ。そのくらい、夕方以降のカロリーというのは消費されづらいものなのです。

アラフォーが綺麗な体型を保つのに効果的な運動・ストレッチ

タイトルとURLをコピーしました