【ママ必見】赤ちゃんがかかりやすい病気と、その対処方法

まだこの世に誕生して間もない赤ちゃん。免疫力も低いため、病気にかかってしまわないか心配でたまりませんよね。それに、赤ちゃんは病気になっても「ここが痛い」など、症状を自分で説明することができませんので、お母さんやお父さんが気づいてあげる必要があります。そこで今回は、赤ちゃんがかかりやすい病気とその見分け方・対処方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

人との関わりが増えるにつれて、病気の危険性が高まる


https://www.pakutaso.com/20180628176post-16604.html

生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫力が弱くお母さんも神経質になりやすいですね。でも、外出しなきゃいけない時預ける人がいなかったら、一緒に抱っこしていくしかありません。デパートや、駅、スーパーや病院も人混みを避けることはなかなか難しいですよね。
人との関わりが増えるにつれ、風や感染病にも気をつけなくてはいけなくなり、赤ちゃん自身を菌から守らなくてはいけないのはもちろんですが、自分自身も病気をもらわないように、予防することは大切です。
かといって、赤ちゃんのためには外の空気に慣れさせたり、少しずつ免疫をつけさせていくのも必要です。「週末を避けて平日の午前中を使ってお出かけする」という工夫もいいですね。しかしながら、日常生活の中でいつどこで病気をもらってくるかわかりません。いくら気をつけていても、感染してしまう時もあります。そんな時、少しでも病気のことを知っていたら慌てず対処することができますよね。

赤ちゃんが病気になった時お母さんがパニックにならないために、いくつか病気の種類と対処法をまとめてみましたので、ご参考になさってください。

赤ちゃんがかかりやすい病気にはどんなものがある?

赤ちゃんがかかりやすい病気:急性中耳炎


https://www.instagram.com/

急性中耳炎とは、鼻風邪がきっかけで耳の鼓膜の中に菌が入ってしまうために起こる病気です。耳と鼻は繋がっているためです。赤ちゃんは、大人に比べ耳の管が短くて太く菌が入りやすいため、1歳半くらいまでの間は鼻風邪と中耳炎をセットに考えておくといいですね。

症状としましては、「耳が痛い」「熱が出る」「聞こえにくくなる」といったものがあります。赤ちゃんは、自分で症状を訴えることができないため耳を触ろうとしたり、機嫌が悪くなったりします。悪化すると耳だれが起こってしまうのでその前に気づいてあげれたら良いですね。

鼻水が1週間以上続く場合は、専門に診てもらうべきでしょう。

赤ちゃんがかかりやすい病気:百日咳

六ヶ月以下の赤ちゃんに感染してしまうと重症化しやすい病気です。年間1万人ほど発症していると言われています。完治するまでに2〜3か月の期間を要するという理由で「百日咳」と言います。症状としましては普通の咳と少し違って「コンコン ヒュー」という呼吸音が特徴です。もしかしたらと思ったら迷わず病院に相談しましょう。大人はこの百日咳で死に至ることはありませんが、赤ちゃんは無呼吸症状を起こしたり嘔吐として危険な状態になることがありますので注意が必要です。

義務付けられている四種混合ワクチンで予防することになっていますので、きちんと受けるようにしましょう。

赤ちゃんがかかりやすい病気:アトピー性皮膚炎

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は普通の乳児湿疹とは違って全身に現れ、治りが遅いのが特徴です。まずは保湿が必要ですがそれでも治らない場合、アトピーが疑われます。アトピーとっても遺伝的、食物、花粉、空気中のホコリ等発症経路は様々です。アトピーの原因を調べ、ビタミン、ミネラルをしっかり摂り正しいスキンケアをすることによって悪化を防ぐことができます。早いうちから対処することで、免疫がつく6歳頃には治る子が多いので安心しましょう。

自己判断で、市販の薬等を使ってしまうと余計に悪化してしまうことがありますので、ちょっとわからないなと思ったら迷わず病院に連れて行くようにしましょう。

赤ちゃんがかかりやすい病気:突発性発疹


https://www.pakutaso.com/20170116031post-10206.html

突発性発疹とは季節に関係なく「ヒトヘルペスウイルスの6型か7型」に感染することで発症します。4歳上の子から大人までほとんどの人が持っている一般的なウイルスです。39度〜40度の高熱を出した後に全身に赤い発疹が現れます。大人から感染し、特に6ヶ月から1歳位の間に発症しやすい病気です。特徴的なのが熱が下がり始めた頃に赤くポツポツと出てくることです。四日くらい経てば消えていることが多く、特別な治療はいりません。

熱があっても、機嫌も良くおもちゃで遊び、ミルクもいつもと変わらず飲めるくらい元気な子もいれば、下痢や食欲ない子も稀にいますので症状に合わせ、薬の処方も変わってきます。
お家でできることは、薬を決められた時間・量を飲ませて十分な水分を取り、熱を下げてあげましょう。鼻水や咳も合併している時はそれにあったシロップをもらうこともありますので「スポイト」で少しずつ飲ませるといいですね。

赤ちゃんがかかりやすい病気:手足口病


https://www.instagram.com/?hl=ja

手足口病は、一つのウイルスではなく幾つかのウイルスが混ざり発症するものです。夏に流行し、7月がピークです。症状としては口の中、舌、唇裏などに赤くポツポツとできものが確認できます。手足にできてもかゆくはありません。ただ口の中にできてしまうと口内炎のように痛く、米やパンなどかじるような食べ物が食べれなくなったりするので刺激の強い食べ物を避け味の薄い柔らかいものやゼリー等で補うことが必要です。

特別、手足口病の治療はありませんので手足にまだポツポツが残っていても熱が下がり口の中の痛みも治まり、食べ物が食べられるようになれば保育園や幼稚園に行けるようになります。というのも手足口病のウイルスが完全に消えて無くなるまでに一ヶ月ほどかかると言われているため、預かる側も承知の上なのですね。

赤ちゃんがかかりやすい病気:ロタウイルス

2月から3月にかけて最も多く「急性胃腸炎」を発症させる病気です。生後6ヶ月頃からかかりやすく高熱と共に下痢や嘔吐が激しく入院が必要になることもある感染症です。感染力が強くわずかなウイルスが体内に入り込んでしまうだけで感染します。そのため二次感染も防がなくてはいけません。オムツ替えをした後はよく手を洗い、消毒を心がけましょう。

便の色が白っぽくなることもありますが、ロタウイルス特有の症状です。水っぽい便が続くと脱水に陥る可能性もあるのでこまめな水分補給が大切です。母乳は欲しがるだけ与えましょう。1〜2週間で次第に症状は治まってきます。

任意なので有料ですがロタウイルスのワクチンもあるので受けておくと、安心でしょう。

赤ちゃんの病気をしっかりと見抜くには


https://girlydrop.com/flower/5289

赤ちゃんの病気を見抜くサイン:熱がある


https://www.pakutaso.com/20160146008post-6563.html

赤ちゃんの平熱は大人よりも高く、37.5度くらいまでとされています。それ以上の熱が確認されると気、他にどのような症状があるか見分ける必要があります。しかし赤ちゃんは外気の環境によって熱が左右されやすく眠たいとき、泣いた後、授乳の後などは体温が高くなりがちです。部屋の温度を変えてあげたり少し落ち着いてから熱が下がっているようであれば心配いらないでしょう。

ただし熱が38度以上あるときは風邪や他の病気が疑われますので、一度小児科に連れて行くべきでしょう。

関連記事