スポンサーリンク

ガーデニングに関する資格一覧!難易度や活かせる職業は?

スポンサーリンク

ガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザーの特徴

基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能が一定レベルに達していると認められる方が認定を受けることが出来る資格です。

総合評価   ★★★★★
使いやすさ  ★★★★★
掲載情報量  ★★★★☆

ガーデニングアドバイザーの総評

  • ガーデンデザインの知識、技能、技術の基本的な知識が身につく。
  • ガーデニングの基礎知識、花木の種類、植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法などを習得できる。
  • 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動などが可能

一番オススメなのは「ガーデニングアドバイザー資格」

この資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)です。この試験には、例えばガーデン工事のポイント、ガーデンデザイナーの仕事内容、ガーデンの管理の仕方、ガーデニングのプランニング、病害虫早期発見と対策、ガーデンのゾーニングと動線、薬剤の使い方などが関係します。

資格を取得したのちには、家庭菜園や園芸栽培などの趣味で活かすこともできます。ガーデニングアドバイザーとして独立し、カルチャースクールなどの講師になる道も夢じゃありません!

園芸インストラクター

園芸インストラクターの特徴

多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技術・技能に関して一定レベルに達している方で試験に合格した方に認められる資格です。

総合評価   ★★★★☆
使いやすさ  ★★★★☆
掲載情報量  ★★★★☆

園芸インストラクターの総評

  • ガーデンデザインの知識・技能・技術が身につく。
  • ガーデン図面の製図方法、ガーデニングの基礎知識、ガーデニングの設計・施工などを習得できる。
  • 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動も可能です。

園芸インストラクターの資格について認定するのは、日本インストラクター協会です。園芸インストラクターの試験は、
多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技能・技術を有していることを認定するものとなります。ガーデン図面の製図方法やガーデニングの設計、施工などについて出題がなされます。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行なうことができます。

資格を取って、よりガーデニングを楽しみましょう

最後に、これはどの資格にも共通して言えることですが、資格を選ぶ前は活用する目的を明確にしておくことが大切です。特にガーデニングの資格は、一般的な個人宅の造園をするものから、室内園芸の装飾、公園などの公共施設の造園、日本庭園の管理をするものまで規模の大小があります。活用目的が明確でない人は、せっかく取得しても宝の持ち腐れになることもしばしばあるでしょう。

もちろん趣味で取得する方も多いと思いますが、その場合でも修得した知識はすぐに利用しないと知識量は減少していくばかりです。今後、もしくは今の自分に必要な資格が見つかったなら、どのように生かしていくのか明確に考えてから取得することがオススメです。

タイトルとURLをコピーしました