職場いじめをしてくる人への一番の仕返し方法とは?

物を隠されたり、悪口を言われたり…そのようないじめは子供や学生だけの問題ではありません。社会人になっても、そのようないじめをしてくる人は存在するものです。では、そんな職場いじめを受けた時、どのような対処をすれば良いのでしょうか?また、仕返しをするならどのような方法があるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

職場でいじめられる原因・理由とは?

結果には、必ず原因があります。職場いじめでもそれは同じで、いじめが起こる原因というのがあるのです。もちろん、原因があればいじめを行っていいわけではありませんし、いじめられる側が悪いというわけでもありません。しかし、 いじめをしてくる人をギャフンと言わせるためには”いじめが起こる原因”は必ず知っておく必要があるでしょう。

いじめられる側の原因

もちろん、いじめをする人が一番悪いというのは大前提です。しかし、どんな場所でも“いじめにあいやすい人”がいるのも事実です。自分にいじめられやすい点はないか、どう対策をしたらいいのか、しっかり見つめることも大切です。

仕事ができない

新人、または少し慣れが出てきた頃に起きてくる問題です。仕事を覚えるのが人より遅い、要領が悪いなどで何度も同じ質問をする人がいます。また、仕事の覚えは早いがせっかちな人は、確認不足で簡単なミスを繰り返す傾向があります。どちらも、仕事に大きな影響を与えるわけではありませんし、新人にわかりやすく指導をし、仕事が円滑に回るようにするのも社会人であれば当然のことでしょう。

しかし、あまりにも何度も同じことを聞いてきたり、同じミスを繰り返したりして改善がみられなければ教えている方もイライラします。仕事に対する姿勢が、いじめをする人に、”職場いじめをしてもいい理由”を提供してしまうこともあるのです。

付き合いが悪い

いじめを受けやすい人には、社内での人付き合いが苦手な人が多いです。もちろん、いじめをするような人と無理にお付き合いをする必要はありません。しかし、いじめに会う前はどうでしょうか?親しくなりたいと思って食事に誘ったのに、「行きたくない」とわかるように断られたのでは、イラっとすることもあるでしょう。全員参加の飲み会にすら渋々参加しているようでは、社内で孤立し、いじめのターゲットにされやすくなるのです。

人見知り

誰でも初対面であれば緊張します。気さくに話しかけてくれた先輩にうまく返事も出来ないということもあるでしょう。しかし、それが続いてしまうと問題です。人に話しかけるのが苦手なあまり、仕事で最重要の“報・連・相”ができず後々大きな問題になることもあります。それが続くと“何も言わない、いじめてもいい人”と認識される可能性もあります。

いじめる側の問題

関連記事