罪悪感も一緒に捨てる!人から貰ったプレゼントを断捨離する方法

断捨離しようとしても、人から貰ったプレゼントをなかなか捨てることかできない…そんな方も多いのではないでしょうか。全く使わないものだったとしても、人から貰った物は捨てにくいですよね。ですが、いつかは捨てなければ物はどんどん溜まっていってしまいます。そこで今回は、人から貰ったプレゼントでも罪悪感を感じずに断捨離する方法をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

人から貰ったプレゼントはなかなか断捨離しにくい…

https://pixabay.com/

人からプレゼントを貰うと、とてもうれしいもの。でも、それが好みに合わなかったり、すでに家にあるものだったりすると、扱いに困ってしまいますよね。嫌いな人から貰った場合は、プレゼントを見るたびにその人を思い浮かべてしまう、なんてことも。

プレゼントは、貰ってしばらくは大事に持っていても、使わずにほうっておくと部屋や保管スペースを圧迫してしまいます。

季節の変わり目などに部屋を片付けよう、さあ断捨離しよう!と気合いを入れても、人から貰ったプレゼント、本当にこのまま捨ててもいいのかしら。相手にバレたりしないかしら。とくに新品でキズひとつない場合は、捨てるのは申し訳ない、まだ使えるものなのにもったいないという罪悪感に襲われてしまいます。そうこうするうちに、断捨離するのはまた今度、と先送りにしてしまいがち。このままでは、いつまでたってもすっきり片付いた部屋にはなりません。

人から貰ったプレゼント。本当はいらないと思っているのに、罪悪感から捨てられない。気持ちのうえでも、とても大きなストレスになってしまいます。ものに支配されず、すっきりと断捨離するには、どうしたらいいのでしょうか?

人から貰ったプレゼントを罪悪感無く捨てる方法は?

https://pixabay.com/ja/

いちばん簡単な方法は、少しでも使ってから捨てることです。プレゼントを貰ったら、必ずその日のうちに包装を開け、中身を取り出し、いつでも目につくところに置いておきます。その場の雰囲気にもよりますが、贈り主の前でプレゼントを開封して、その場で贈り主に感想を伝えたり、感謝の気持ちを伝えたりする状況もあるかもしれません。しかし、ぱっと見た瞬間にいらないと思うかもしれません。本当に心からうれしいと思ったとしても、気に入らなかったとしても、どちらにしても相手にはまず感謝の気持ちを伝えることが大切です。気に入らないものであった場合、持ち帰った後が悩ましいところです。

プレゼントの内容にもよりますが、洋服やカバンなら、気に入らないデザインでもまずは着てみる、使ってみる。自分に合うか気軽に試してみましょう。実際に身につけると、最初の印象とは異なり、思っていた以上に使い勝手がよいかもしれません。

もしくは、イメージどおりで使いにくいかもしれません。洋服やカバンはやはり個人の好みが大きいですし、洋服はサイズの問題もあります。自分の好みやサイズを聞かれずにプレゼントされた場合は、よけいに使い勝手のよくないものをもらうことになりがちです。

https://www.photo-ac.com/

プレゼントを断らなかった段階で、相手の気持ちはしっかりと受け取っています。よほど嫌な人からのプレゼントでもない限り、プレゼントということで渡されたものは、とりあえず、笑顔で受け取るのが基本です。嬉しそうに受け取ってもらうことで相手も幸せな気持ちになります。だから使いにくい、いらないと感じる自分の気持ちにもOKを出しましょう。

それに一度でも使うと、やっぱり気に入らなくて断捨離する場合でも、使えるものを捨てるという罪悪感はなくなります。「使ってみたけど、自分には合わなかったんだからしょうがない」と、自分で自分を納得させることができるのです。相手の気持ちに配慮して無理をして気に入らないものを身に着けてもストレスがたまりますし、それは意味のないことです。

でも、忙しくてわざわざお試しする時間はないし、同じようなものを持っている、そんなときもありますよね。かといってずっと置いておくのも邪魔だし、断捨離してすっきりしたいけど罪悪感が苦しい……大丈夫、ぴったりの方法があります。

https://www.photo-ac.com/

そういう場合は、プレゼントを新聞紙で包んだり、不要な紙袋などに入れたりしましょう。思いきって、中身が何かわからないようにしてしまうのです。

外から見て貰ったプレゼントだとわからないようにしたら、梱包した日付をサインペンなどで包装の外側に大きく記入します。そして半年か1年か、少し長めの適当な期間を決め、「○○年○月までに開けなければ、断捨離する」と一緒に書いておけば完了です。

あとはクローゼットや、押入れの奥などに入れて保管するだけ。半年もたてば、中に何が入っていたかなんて忘れてしまいます。また、そういって不要だと思って梱包したことさえもほとんどの人が時間がたてば忘れてしまうでしょう。そして一度も開けずにすんだのなら、現在の自分の生活には不要な品ということ。

保管期間をすぎて発見しても「あら?これはなんだったかしら。でも中身もわからないし、断捨離するって書いてるし」と、罪悪感の存在もすっかり忘れ、スムーズにそのまま捨てることができます。間違っても中身を確認しようとしてはいけません。開けて見てしまうと、また迷ってしまうかも。「あの時は楽しかったなあ」とか「元カレは元気にしてるかな・・・」とか余計なことを考えてしまうかもしれません。昔を懐かしむのはよいですが、当時、決断した気持ちが揺らいでしまうのはよくありません。

ここは過去の自分を信じて、しっかり断捨離しましょう。

もっとも自分の趣味に合わなくても、プレゼントしてくれた相手が自分にとって大切な人であれば、使わなくとも思い出としてとっておきたい、という心境になるかもしれません。そういう場合は、使わないけれども、とっておくことに意味はあると言えるでしょう。

捨てるのではなく、譲る&売るとより罪悪感が薄れる

とはいえ、せっかくプレゼントされた使えるものを捨てるのはやっぱり心苦しいし、ものはできるだけ大事にしたいという気持ちもあるもの。そこで、自分が活用できないのならだれかほかの人に譲るというのも、ひとつの方法です。自分が気に入らないものだったり、サイズが合わないものであったとしても、他の人にとってはとても好きなデザインやブランドのものであったり、サイズもピッタリだったりすることもあるのです。

身近な人に声をかけて実際にその譲りたいものを見せて、譲り先を見つけてもいいし、地域のバザーなどへ提供すればとても喜んで貰えます。物品の寄付を募っているボランティア団体などもあります。

https://pixabay.com/ja/

この方法は、断捨離してすっきりする以上に、人の役に立てたという満足感を得られます。

ただし、ここで注意してほしいのが「相手が本当に必要としているものを譲ったか」という点です。気の弱い人は、譲るといわれたら、本当はイヤでもなかなか断れません。

あなたが気に入らないと思ったようなものは他の人も気に入らない可能性だってあるのです。相手に押し付ける形になってしまうと、あなたの印象も悪くなってしまいます。その点は注意するようにしましょう。

バザーなどでは、募集していないものが押し寄せると扱いに困ってしまうことも。自分がすっきりしたいばかりに、相手にいらないものを押しつけて迷惑をかけないようにしましょう。

普段から、周囲の人の好みや寄付先などの必要物資をリサーチしておけば、譲るほうも譲られるほうもストレスがかかりません。

また自宅にダンボールなどで「譲る用ボックス」を用意して、自分にとって不要なプレゼントはそこに入れておき、たまれば譲り先を探す、と決めておく方法もおすすめです。プレゼントを受け取ったあとに、一時的な保管先をつくるのです。一時保管スペースがあるだけでも、だいぶ気がラクになりますよ。

万が一「やっぱり、あれ自分で使ってみようかな」と思ったとしても、捨ててしまったらどうしようもありませんが、ボックスに入れておけば使うこともできます。

ただし、贈り主に万が一にも譲ったことがばれないように注意しなければなりません。少なくともそのプレゼントを誰からもらったか、といったことはきちんと記憶しておくようにして、譲る相手を選ぶようにしましょう。

関連記事