【思わず頷く】育児中のパパママなら必ず共感できる子育てあるある

子育てをしていると色々なことがあるもの

ちょっとしたことで不安になったり、涙が出るほど笑ったり。子育て中は誰でも、学校や仕事とはまた次元の違う世界で、日々奮闘することと思います。その奮闘が生み出す数々の「あるある」をちょっと覗いて、みんなのあるあると繋がってみませんか?

子育てあるある①何でもかんでも「イヤ!」

早い子なら1歳代から始まるイヤイヤ期。手を焼いているママさんパパさんは多いと思います。家でも買い物中でも駅でもどこでも、とにかく親のいうことはまず否定。手を洗おうか「イヤ!」ご飯食べようね「イヤ!」トイレ行っておこうか「イヤ!」。私は娘にパンツを履くのを拒否された時期もありました。お願いだからパンツは履いて…。

子育てあるある②突然のポエム

イヤイヤ期で疲れた心に恵みの雨のごとく突然注がれる子供のポエム。

夜に乗り物に乗っているときに「お月さまが◯◯ちゃんについてくるねぇ」

と教えてくれるなど、なんとも心が温まるものです。うちの子天才!?なんて思ったり。

子育てあるある③ポケットからダンゴムシ

幼稚園や保育園から帰ってきた子供のポケットをチェックしたら、ダンゴムシがこんにちは!なお小学生1年生になっても筆箱に入れて連れ帰ってくることがありますよ…(実録)。

子育てあるある④ママ見てねえママ見て見て見てねえマママママママ

https://www.photo-ac.com/

一日中続くママ見て攻勢。これまでの人生において、これほどまでに自分の存在が求められたことがあったでしょうか。否、明らかに否。でももうちょっと遠慮してくれてもいいのよ?

特に初めての子育ては驚きがいっぱい

https://www.photo-ac.com/

子供が生まれた途端、ここは別世界かと思うほど、見るもの聞くものが新しいことばかりになって驚きの毎日に。見慣れた風景さえも違って見える、そんなびっくりあるあるをご紹介します。

初めての子育て驚きあるある①出産は予想外なことばかり

まず出産から想定外なことの連続。出産予定日なんて平気で前後にずれるものですし、分娩室に入ってもあれほど時間がかかるなんて予想外!特に初産は時間がかかる人が多いものです。大絶叫派から声も出ない派、普通分娩さんから帝王切開さんまで、それぞれにインパクト大のエピソードを持つ一大イベント、それが出産。改めて世の先輩ママたちへの尊敬の念が湧きます。

初めての子育て驚きあるある②母乳は簡単に出ない

母乳は母になれば自動的に出るんじゃないの!?と愕然とした人も多いのではないでしょうか。なかなか出ずただでさえ不安なところへ「母乳じゃないの?」などと聞かれると心がずんと重くなることも。出れば出たで、出過ぎと疲れで乳腺炎になってしまう場合もあります。私は冷えピタと葛根湯によくお世話になりました…。出ても出なくても、これほどまでに厳しい母乳道。神様、女性の設計間違えてません?

初めての子育て驚きあるある③母乳拒否。赤ちゃんに拒否されている気持ちになることも

赤ちゃんがおっぱいをガブッと噛んできたり、口からぷっと出してそっぽを向いたり。毎回喜んで飲むわけではないのは仕方ないこととは言え、こちらはついしょんぼり。美味しくないのかな、昨日食べたあれが悪かったかな、ひょっとしてママ気に入らないのかしらなどと、悶々としてしまいます。私は噛まれて乳首から流血したことが何度かあり、心よりも肉体的に傷だらけでした。

初めての子育て驚きあるある④子連れは移動だけでも一苦労

https://www.photo-ac.com/

乳幼児を連れているというだけで、こんなにも移動が大変だなんて、子供をもうけるまで知りませんでした。エレベーターが少なかったり、危ない場所がそこかしこにあったりと、子連れ仕様になっていない街も多々あります。それに、ベビーカーやぐずる子供に向けられる目のなんと厳しいこと…(優しい人もいますが)。私自身、子どもを産んで初めて気づいたことが多くあり、反省と感謝の気持ちを新たにしました。

パパママなら必ず共感できる!子育てあるある

子どもを持つ人なら誰もが共感できそうな、様々なシーンの「あるある」を集めてみました。あなたのあるあるは、どこから?

タイトルとURLをコピーしました