【みんな苦労している!】なかなか言えない子育ての悩みランキング

子育てに悩みはつきもの。どのようなお母さんでも、必ず何か悩みを抱えているものです。では、世の中のお母さんは一体どのような悩みを持っているのでしょうか?ランキング形式でご紹介していきます。また、子育ての悩みを解消する方法についてもご紹介していきますので、現在子育てについて何か悩んでいるという方は参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

子育てをしていると、必ず悩みは出てくるもの

https://www.photo-ac.com/

一つ終わるとまた新しい課題が生まれてくる「子育て」。例えば、食事。離乳食を作っても食べない。やっとのことで卒乳し食べるようになったら、今度は遊び食べが気になる。遊び食べが落ち着けば、お箸のトレーニングにお行儀…。子育ての悩みに終わりはありません。

特に一人目のお子さんの保護者は、何もかもが初めて。検索したり人に聞いてもなんとなくしっくりこなかったり、そもそも誰を信頼してアドバイスを貰えばいいのかもわからず途方に暮れてしまいます。

・夜泣きがあまりにもひどくて

・歯磨きを嫌がって大脱走

・他の子より発達が遅い気がする

・パートナーの協力体制がもう一息

・スーパーで毎回逃走

・パートナーの協力度が惜しい

すみません、二回も言ってしまったのがありました。何かのトラウマでしょうか。

でも、悩んでいるのはきっとあなた一人ではありません!

この記事では、子育てのお悩みを共有してみたいと思います。読んでいる間だけでも心の荷物を下ろして、ちょっと一休みしていただけたら嬉しいです。

みんな同じ?子育て中の悩みランキング

https://www.photo-ac.com/

あなたのお悩みも「あるある」でしょうか?

1位 イライラする

育児にまつわるイライラ。原因は二つの原因に大別されると思います。

一つは子供の問題。

例えば自我の芽生え。子供にも自分なりの考えや段取りが出てくると親の思ったようには動かなくなります。また、本人は真面目に聞くつもりでも、聞こうという気持ち自体を忘れる、或いは聞いても一瞬で内容を忘れてしまうので何度も同じ声かけをしなければならないケースも(うちはこれです)。

第二に、大人の問題。

ワンオペが常態化すると睡眠時間すら削られることも多々あり、当然疲れがたまるため、育児者のメンタルヘルスにも影響します。生理前や更年期など、ホルモンバランスに振り回されることも。

2位 しつけ

以前、当時4歳の長女に「ようちえんのせんせいは、おこるんじゃなくて、しかう(叱る)んだよ。おかあさんも、おこるんじゃなくてしかうといいよ」と諭されたことが…。しつけとガミガミ、難しい線引きです。ガミガミと突っ込んで、子供を大泣きさせて余計に事態が悪化してしまったり…。

3位 健康・発達

喘息やアレルギーほか、生まれつきの持病があって通院や看病の苦労や急な悪化への恐怖に押しつぶされそうになることも。また少し発達が遅いかも…などの心配のある方もあると思います。日頃他のお子さんと比較して見ていないパートナーや祖父母に「大丈夫だよ」と軽く流されたり「うちの子が異常だというのか」などと強く反発されてしまうなどして、却って孤独を深めてしまうのもよくある話です。

4位 生活リズム

お昼寝すると夜なかなか寝ない。そうすると朝もなかなか起きられず…。生活リズムは子供の脳の発達など、成長にもダイレクトに関わるので心配なところです。

5位 勉強

小学生に上がると途端に現実味を増す学習の悩み。早くから塾などに通っている子と我が子の差を見せられたり、なかなか宿題に取り掛からない、家庭学習が定着しない、習い事との兼ね合いで時間の確保が難しいなど、勉強の悩みも様々です。

関連記事