40代で増加する便秘…効果的な予防・対策方法はある?

お腹の張りや痛み、吐き気などの原因となる便秘。実は、年齢とともに便秘になる可能性は上がってくることをご存知ですか?特に40代頃からだんだんと便秘ぎみになってくる人も多く、しっかりとした対策や予防が必要です。では、便秘を治す・和らげるためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

便秘は年齢とともに増加していく!

美と健康の大敵・便秘


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ASE_014_TP_V.jpg

便秘で悩む人は女性のイメージが強いですよね。最近では「腸活」なるものもよく耳にするようになりました。腸の中に同じ食べ物がずっとあると、いったいどうなるのでしょう。
腸の中=真夏の生ごみ置き場と同じ状況。食べ物が30度後半の温度で保たれている状態です。生ごみ置き場は清掃業者が回収してキレイになりますよね。腸の中は私たち自身が便秘を改善してキレイにしなくては、大変なことになります。
便秘が長く続くと腸の中で悪玉菌が増え、有害物質が発生。この有害物質は腸から吸収され全身に回ります。肌が荒れたり吹き出物が出来たりするのもうなずけます。さらに腸の中に発生した悪臭は毛穴から体臭となって、または口臭として体外に出ていくのです。考えただけで怖いですね。

いろんな不快症状を引き起こす便秘


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kusaiyoIMGL7708_TP_V.jpg

便が長く腸の中にあると、腸のバリア機能が低下して炎症や感染症にかかりやすくなったり、お腹が張って食欲が落ちたり、精神的にもイライラしがち。日常生活に支障が出るため、生活の質が落ちます。そのストレスからまた便秘になり、イライラ…と負のスパイラル。
また便秘は肩こりや頭痛、腰痛などを引き起こすことも!
便秘は身体のさまざまな不快な症状の原因です。一刻も早く改善したいですね。

便秘で悩む人はとても多いのだ

10代から便秘に悩む女性は多く、年齢とともに増加し、高齢になると男性もそれに加わり、結構な便秘人口になります。年齢と便秘の関係性とはどのようなものでしょうか。
男性の便秘は50代から増え始め、75歳を過ぎれば男女ともに同じくらいの比率になります。食べたものを小腸から大腸へ送ったり、便を外に排出する働きをする腸の蠕動(ぜんどう)運動には、腹筋が大きくかかわっており、お腹のまわりの筋肉によって蠕動運動がサポートされているため、年齢とともにこの腹筋が衰えることで蠕動運動もスムーズに行われなくなってくるというわけです。

腹筋だけじゃない 加齢による便秘の原因

また40代以降は更年期やストレスなどによる自律神経の乱れによって排泄のリズムが狂うパターンもあります。年齢を重ねると副交感神経の働きが低下しますが、副交感神経は腸の働きを活発にしてくれる役割がありますので、この働きが衰えると便秘になりやすくなります。
こうやって年齢とともに便秘で悩む人が増えるのです。

そもそも便秘になってしまう原因は?

便秘の定義


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuchimoto0I9A6507_TP_V.jpg

72時間以上便が出ない状態を医学上は便秘と呼びますが、排便回数や排便量は食事量や生活スタイルによって個人差があるため、明確に定義できません。そのため、毎日排便があっても1回当たりの便の量が少ない場合(35g以下)や残便感がある場合も便秘とすることがあります。便の水分量が低下したり、ガスが頻繁に出るようなら便秘のサイン。腸内環境をしっかり見直しましょう。

便秘の原因

多くの人が悩まされている便秘の原因は、先程の副交感神経や腹筋の問題だけではありません。生活スタイルや食生活、病気が原因の場合も。あなたが便秘で悩んでいるなら、これからご紹介するいくつかの原因の中から当てはまるものを見つけ出し、有効的な解決方法を探りましょう。

【食物繊維の不足・食事量の不足】


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TCPAKU0800_TP_V.jpg

便秘には食物繊維、と言いますが、意識して摂取するのは結構大変。何も考えず食生活を送ると、気づけば食物繊維が不足している状態に。
野菜や海藻類には食物繊維が豊富に含まれているということは分かっているのですが、ちゃんと食生活に反映させている人は少なく、忙しさで昼食の時間があまりない40代などは食事を麺類で終わらせるなどで野菜不足、食物繊維不足に陥りがちです。こうなると食物繊維による便のカサを増したり腸を刺激する働きが失われ、便秘へまっしぐら。
また食事の量が少ないと便が押し出されず便秘になります。

【朝食を抜く】

最近多い、朝食抜きのスタイル。ギリギリまで寝ていたいから、ダイエットしたいから、朝から食欲がわかないから…理由はさまざまですが、朝食を抜いていると便秘になりやすくなります。特に40代女性の朝は忙しく、お弁当の準備、自分の身支度などてんてこ舞い。ゆっくり座って朝食という時間はありません。
排便しようとする動きは朝食後に最も起こりやすくなります。このタイミングを逃すと次はいつ来るか、サイン待ちの状態です。すると次のタイミングまで便が腸にとどまることになるので、時間をかけて水分が少なくなり固く出しづらいものになります。そして便秘になる…という悪循環。
40代女性はお肌のコンディションが急変するお年ごろ。さらに便秘で肌荒れしたら大変です。

【水分量の不足】


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/petIMGL5678_TP_V.jpg

関連記事