自律神経の乱れによる厄介な下痢の症状。原因や改善方法は?

お腹のトラブルの代表である「下痢」。家の中でならまだしも、外出先や移動中に下痢が起こるととても困ってしまいますよね。そんな下痢の原因は食あたりや生理などさまざまなものがありますが、中でも特に多いのが自律神経の乱れによる下痢です。そこで今回は、自律神経の乱れによる下痢の原因や改善方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

自律神経と下痢の関係性とは

https://www.photo-ac.com/

人間の身体のあらゆる機能は自律神経によりコントロールされています。この自律神経には、日中活動している際やや緊張している際に働く交感神経と、休息している際やリラックスしている際に働く副交感神経の2つがあります。

胃や小腸、大腸などの消化器官は、副交感神経の働きにより動いています。この交感神経と副交感神経がバランスよく働いていれば、腹痛や下痢を引き起こす心配はありません。

また、自律神経は脳の視床下部によってコントロールされています。実はこの視床下部は、本能的欲求や感情にかかわる大脳辺縁系の影響を強く受けています。

https://www.photo-ac.com/

そのため、大脳辺縁系で生じたストレスや不安、緊張や焦燥、怒りなどの感情が視床下部に影響を及ぼし、交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れると、腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

このように、脳にコントロールされている自律神経と腸はお互いに影響し合っており、腸内細菌のバランスを整い腸の働きを良くなると自律神経が整い、また自律神経のバランスが整うと腸の働きも良くなります。

つまり逆に言えば、どちらか一方のバランスが崩れてしまうと下痢を起こす原因となってしまいます。

自律神経の乱れによる下痢の原因は?

https://www.photo-ac.com/

では、自律神経の乱れによる下痢の原因にはどんなものが挙げられるのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

ストレス

自律神経の乱れによる下痢の原因としてまず挙げられるのがストレスです。身体的、または精神的なストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、腸が過敏になり、腹痛や下痢などの症状を引き起こす場合があります。

例えば、仕事のプレッシャーや人間関係などに悩みがある場合、授業やテストの際など、ストレスを感じやすかったり、強い緊張を受けやすかったりする場面では、自律神経の乱れを引き起こし下痢になるケースが多く見られます。

下痢の症状が現れた時には、もしかしたら身体が何からのSOSを発信しているのかもしれません。

ですからそんな時には、最近仕事や家事などで無理をしすぎてはいないか、頑張りすぎてはいないかと一度自分の生活を振り返ってみましょう。

生活習慣の乱れ

夜更かしして昼夜の生活が逆転していたり、食生活における栄養バランスの偏りなどの生活習慣の乱れも、自律神経の乱れによる下痢の原因となります。

人間の身体は、昼間には活動的になる交感神経の働きが活発になり、夜にはリラックスする効果のある副交感神経の働きが活発になります。

しかし不規則な生活が続くと、ずっと交感神経が活動的になり副交感神経への切り替えがうまくできなくるため自律神経の乱れが起こり、さらには下痢を引き起こします。

ホルモンバランスの乱れ

実は自律神経とホルモンにも相互関係があります。 特に女性の場合は毎月の月経や妊娠·出産、また加齢などにより、ホルモンバランスの乱れが起こりやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると自律神経のバランスも乱れやすくなり、下痢をしやすい状態となってしまいます。

自律神経の乱れによる下痢の予防・改善方法

https://www.photo-ac.com/

ここでは、自律神経の乱れによる下痢の予防方法や改善方法についてご紹介していきたいと思います。

関連記事