体がだるくて動けない…それは更年期障害の症状かも?原因と対策

スポンサーリンク

更年期障害の一つに「だるさ」「きつさ」がある

最近、更年期の辛さへの理解が急激に高まってきて、更年期というワードをテレビやネットで見かけることも多くなりました。

更年期は女性なら誰もが経験する時期です。その症状の出方には個人差があり、動けなくなるくらい辛い人もいれば、何も感じないくらいの快適な状態でその時期を終える人もいます。

そもそも更年期って?

女性の更年期は卵巣機能の低下によって始まります。卵巣から分泌されている女性ホルモンは身体の中で多くの働きを担っているのですが、卵巣の機能が加齢によって低下を始めると女性ホルモンが減少し、それに伴ってさまざまな症状が出るというわけです。

女性が閉経を迎える前後5年間、ホルモンバランスが乱れ、それに身体が慣れるまでさまざまな不快な症状があらわれます。これまで出ていたホルモンが出なくなることで、身体が混乱してジタバタしてしまうのです。

でも身体がそれに慣れてしまえば症状は治まり、以前のような快適に動ける状態が戻ります。

更年期障害ってどんなもの?

更年期障害によって引き起こされる症状は具体的に以下の通りです。

【身体的影響】

  • のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)
  • 冷え性・手足が冷たい
  • めまい・立ちくらみ・耳鳴り
  • 頭痛・頭が重い
  • だるさ・疲労感・倦怠感
  • 不眠・寝つきが悪い・眠りが浅い
  • 動悸・息切れ
  • 肩こり・腰痛

【精神的影響】

  • 気持ちが落ち込む
  • やる気が出ない(無気力)
  • イライラする・不安を感じる
  • 憂鬱である

病院に行ってもどこも悪くないのに症状がある。

こういったものを不定愁訴と呼びますが、これら不定愁訴のすべてが症状として現れるのではなく、ひとつ~複数、どのような組み合わせで出るかには個人差があります。

更年期にきつくて動けなくなってしまう原因は?

怠けてるんじゃないんです!

更年期障害への理解が年々進み、今ではその辛さを皆が知るところになりましたが、昔、更年期への理解が低い時代は、倦怠感で苦しんでいる更年期の女性へ「怠けている」という言葉が投げかけられることが少なくありませんでした。

男尊女卑、嫁姑、等のしがらみがあったにせよ、体調が悪くて動けない相手に遣う言葉ではないですよね。

更年期の人がぐったりして動けなくなっていたら、それはだらけていたりさぼっていたりしているわけではないんです。更年期障害の不定愁訴のひとつなのです。

だるさのメカニズムを知ろう

朝から動けないほどだるい、疲労感が付きまとう、身体が重い。だけど理由が分からない。無理をして身体を動かす。その繰り返しの毎日だったら、心も壊してしまいそうですよね。

更年期障害の不定愁訴と気づけば、現代ではいくつもの対策や選択肢があります。なぜ更年期になると以前と同じように動けないのか、だるさで苦しむのか、その理由を探ってしっかり対策を取りましょう。

自律神経が混乱するから

以前のように仕事がバリバリこなせなくなってきて、仕事が終わるとぐったり、もう動けない。いや、待てよ。その症状は確か朝から感じてる…だとすれば更年期障害を疑いましょう。

更年期の疲れ、倦怠感は自律神経が大きく関与しています。更年期になって女性ホルモンが減少していくと、自律神経が不安定になります。

従来の量の女性ホルモンが出ないので、自律神経がさらに「もっと出して!」と指令をするのですが、それでもやっぱり出ない。ドンドン繰り返すうちに「なぜだ、なぜだ・・・」と自律神経がパニックになります。

すると自律神経が普段コントロールしている部分にトラブルが起こります。これが多くの不調を引き起こす原因なのです。

タイトルとURLをコピーしました