50代独身女性が今から考えるべき老後の過ごし方&必要な資金

人生の折り返し地点である50代。50代の中でも独身女性の方は、老後の生活やお金について心配になってくる頃なのではないでしょうか。そこで今回は、50代独身女性の方が今から考えるべき老後の過ごし方や必要な資金についてご紹介していきます。まだ先の話にも思えますが、老後はあっという間にやってきます。今のうちに一度、老後についてしっかりと考えてみましょう!

公開日:    最終更新日:

50代独身女性にとって、老後は不安がたくさん

そもそも老後とはいつからを指すのでしょうか。

定年退職を機に老後のスタートと考える人や年金受給が始まる65歳から老後がスタートするといった考え方など、老後の定義はひとりひとり違います。しかし確実に、平等に時間は過ぎていきます。必ず訪れる老後の不安や心配事を少しでも減らしたいものですよね。

今はまだ50代でも、これから必ず訪れる老いについて考えてみると、誰しも健康や資金面で少なからず不安はあると思います。女性の就業率も年々上昇し、働き方改革など働き方も多様化してきました。それにより男性と同様に働き同じように、またそれ以上に稼いでいる女性も多くなってきましたが、更年期障害など、体力、気力の低下から職務を全う出来ず退職や転職する女性も、残念ながらいらっしゃいます。

今までは時間もお金も自分のために使えて、仕事はバリバリこなし、プライベートも充実していて・・・と老後についての心配もなかなかリアルなものではなかったかもしれません。しかし50代になると、これからの先訪れる老いがリアルになってくる年齢ではないでしょうか。

今は独身を満喫していても、老後のことを考えると結婚という言葉が浮かんでくることもあるかもしれません。ただ50代独身女性の結婚率は7~10%と低いのが現状。例えば結婚相談所で相手を見つけたいと考えても、結婚相談所は決して安い料金ではありませんし、老後の資金も無駄にはできませんよね。

これから自分がどのような老後を過ごしていきたいか、じっくり考えてみましょう。

50代独身女性は老後の楽しみや趣味について考えておくべき

女性の平均寿命は87.32歳(2019/7/30厚生労働省発表)と年々延びてきています。例えば65歳が定年だとすると、仕事をリタイアした後も約20年間ほど自由な時間があるということですね。

仕事も落ち着いてこれから充実した老後生活を送るには、老後の楽しみや趣味を見つけることが非常に大切になります。

今まで仕事をばりばりこなしていた方が定年でリタイアした後、誰とも交流がない状態で過ごしてしまい「うつ病」になってしまったというのはよく耳にします。そうなってしまうと、せっかくの第二の人生が楽しいものではなくなってしまいます。

そのためにも今から人とのお付き合いを大切にすると良いでしょう。特に活動範囲が狭まる可能性がある老後ですから、できればご近所付き合いがあった方が良いかもしれません。地域のイベントなど交流の場に参加してみて、楽しみを見つけておくとよいでしょう。

ソニー生命保険株式会社による全国のシニアに対し実施した「シニアの生活意識調査2019」では
シニアの楽しみ1位は、2年連続で「旅行」でした。またスポーツを楽しみにしていると回答した割合も増えてきています。

人生100年時代と言われている現在、老後を悠々自適に過ごすためにも、いかに健康で過ごすか今から健康に気を付けていくことが大切ですね。

独身女性に必要な老後の資金はどれくらい?

独身女性に限らず誰でも不安に思っている老後の資金。

総務省「家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)」によると、60歳以上の独身女性で15万2,992円で持家率は79,5%となっています。賃貸の人はプラス家賃分を見積もった方が良いでしょう。

定年後に必要な毎月の生活費は、

・60歳定年の場合 ・・・
152,992円/月×12ヵ月×27年(87歳-60歳)=49,569,408円

・65歳定年の場合 ・・・
152,992円/月×12ヵ月×22年(87歳-65歳)=40,389.888円

それに対し年金受給額は、

・108,776円/月×12ヵ月×22年(87歳-65歳)=28,716,864円

となっています。

※平均寿命と年金受給は厚生労働省がまとめた簡易生命表と年金受給は政府統計ポータルサイト参考
※総務省「家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)」はこちら↓
https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/nen/index.html

年金に関しては働いている期間や収めた期間によって多少の誤差は生じますが、単純計算でも老後資金として約1200万~2000万円は自分で準備する必要がありそうです。

このようにざっとでも計算をしてみると、老後に向けて現実的な数字が見えてきますね。今以上に収入を増やすのは難しいかもしれませんが、無駄使いなど減らして支出を減らすのも一つの手です。自分の年金や退職金、保険、資産などシミュレーションして、自分がどのような老後生活を送りたいか目標金額を立て計算してみましょう。

資金を貯めるのが難しいという人は定年退職した後もアルバイトやパートに出るなど、長く勤めることも視野に入れてみてください。各地域ごとに設置されている、通称「シルバー人材センター」では、高齢者を対象にした仕事を紹介しています。

また、クラウドソーシングといった、働く場所を選ばず、どこでも好きな時に働ける新しい雇用形態も誕生しています。また何より60歳を過ぎても元気な人が多いので、定年退職後も働く心づもりを持っておくと資金面では安心できますね。

病気や介護が必要になった時のことも忘れずに

関連記事