老後のお金の不安を無くすために家計簿がおすすめな理由

皆さんは老後について心配していることはありますか?おそらく、多くの方が「老後のお金が心配」と感じているのではないでしょうか。老後にいくら必要で、今からいくら貯金していけばいいのか…なかなか想像がつきませんよね。そこでおすすめなのが家計簿を付けることです。では、なぜ家計簿を付けることで老後のお金の不安を無くすことができるのでしょうか。詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

老後のお金の不安を解消するには、家計簿がおすすめ

https://www.photo-ac.com/

公益財団法人、生命保険文化センターが令和元年に行った、生活保障に関する調査(速報版)を見てみると、老後の生活についての不安の有無では、

・老後の生活に不安感あり ・・・ 84.4%
・老後の生活に不安感なし ・・・ 13.2%

と、8割以上の人が老後生活に対して不安を抱えています。

また何に不安を感じているかの調査によると、

・公的年金だけでは不安 ・・・ 82.8%
・日常生活に支障が出る ・・・ 57.4%
・退職金や企業年金だけでは不十分 ・・・ 38.8%

となっています。

毎年、フィデリティ投信が実施している「サラリーマン1万人アンケート」では、老後難民予備軍は会社員の4割と言われています。

老後難民とは「老後に経済的に生活が困難になった者」を指しています。自分自身の老後の貯蓄が尽きてしまったことが原因でこういった事態に陥ってしまわない為に、また老後のお金の不安を解消するために、家計簿をつけてお金の可視化をしておきましょう。

まず、老後の貯金はいくら必要かを把握すること

https://www.photo-ac.com/

老後と言っても一概に何歳からとは定義がないので、ここでは一般的に年金を貰い始める年齢の65歳としておきましょう。自分自身のライフスタイルによって老後の貯金額は大きく変わります。老後は家でまったりと映画でも見て過ごしたい人と、半年に1回は旅行に出かけたい人とでは支出に大きく差が出ます。

総務省「家計調査報告(家計収支編)平成30年(2018年)」の夫婦高齢者世帯での一か月の支出が
261,109円で、2018年の日本人の平均寿命は84歳として、

毎月の生活費は、

・261,109円/月×12ヵ月×24年(84歳-60歳)=75,199,392円
・261,109円/月×12ヵ月×19年(84歳-65歳)=59,532,852円

年金受給額は、

・146,831円/月×12ヵ月×24年(84歳-60歳)=42,287,328円
・146,831円/月×12ヵ月×19年(84歳-65歳)=33,477,468円

となっています。

※厚生年金保険 受給権者の平均年金月額(厚生年金保険計、厚生年金保険新法)平成30年3月の平均受給額。
※総務省「家計調査報告(家計収支編)平成30年(2018年)」はこちら↓
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei07_01000164.html

また単身世帯になると、

毎月の生活費は、

・162,027円/月×12ヵ月×24年(84歳-60歳)=46,663,776円
・162,027円/月×12ヵ月×19年(84歳-65歳)=36,942,156円

年金受給額は、

・146,831円/月×12ヵ月×24年(84歳-60歳)=42,287,328円
・146,831円/月×12ヵ月×19年(84歳-65歳)=33,477,468円

となります。

これはあくまでも平均的な数字です。年金は男女別で見ると、6万円ほど差が出ており、単身者の生活費は家賃が1.5万円程度とかなり低く、住宅ローンの返済がないか、公営住宅に入れてる人のケースになっていると思います。

今現在、自身の家の支出がどのようになっているかを家計簿にて確認してみましょう。実際に家計簿をつけことで自分自身のお金の流れがわかるはずです。

目標貯金額に届くよう、毎月の貯金額を設定する

https://www.photo-ac.com/

あなたの年齢、家族構成、資産などによって、当然ながら貯金出来る金額や貯金すべき金額は変わってきますよね。今から定年まで勤めた場合、毎月いくら貯金が出来るのか、定年後も再雇用で勤めた場合の給与はいくらなのか?退職金は出るのか?退職金がいくらになるのか等、把握していない方も多いです。今のうちに把握し、計算してみると良いでしょう。

このように、毎月の生活費を書き出して、貰えるであろう年金の計算をしていくと、思っていたよりも老後の生活にゆとりがない!と感じる方も多いと思います。収入がなくなったり、減ったりする分、家計を見直し生活費のコスト削減を図り支出を減らすのも一つの手です。

例えばお子さんがいる場合は、子供が自立したタイミングで車を燃費の良い軽自動車に買い替える等、細かいことを見直すだけで、出費はかなり違ってきます。

また貯金といっても現金が全てではありません。銀行に預けておいても利率は微々たるものです。昨今では、iDeCo・つみたてNISA・貯蓄性のある保険など、いろんな選択肢があるので事前に知っておくべきでしょう。銀行に預けておくだけでなく資産形成にメリットのある制度が整っていますので老後資金対策として、ぜひ活用しましょう。

上手な家計簿の付け方・ポイント

関連記事