毎日つまらない?50代からの専業主婦としての人生の楽しみ方

毎日つまらない?50代専業主婦は時間を持て余してしまいがち

50代専業主婦。皆さんはどのようなイメージを持たれますか?

お子さんがいる人ならもう大学生くらいに成長していたり、既に社会人として独立しているといった場合も多いと考えられます。ここまでくれば子育てももう一段落と言えるでしょう。

また元々、夫婦2人暮らしという人なら毎日の生活自体にそれ程の変化はないかも知れません。

ただ今のご時世だと旦那さんは早期退職の対象者になってしまう、あるいは定年間近だというような場合も有り得ます。どちらにしても50代専業主婦の方々にとって、今現在はとても貴重な時間であると思えませんか。

何しろ自分の為に使える時間が毎日豊富にあるのです。これは大変恵まれている環境だと言えるのではないでしょうか。

50代は人生の折り返し地点

最近では「人生100年時代」とよく耳にするようになりました。となれば50代は人生の折り返し地点をちょうど過ぎたところです。もし今のあなたが「毎日時間を持て余している。毎日つまらない」と思っていたら、残念な話だと言えませんか。

確かに今から何かを始めるには多少の勇気は必要かも知れません。外で働くにしても、趣味を始めるにしても、ましてや旦那さんを置き去りにして自分だけ遊びに出掛けるというのはどうも気が引けると気遣う優しい人もいるでしょう。

毎日時間があるだけについ悶々と一人で考え込んだりしてしまってはいませんか。

同世代の友達は忙しく働いている人も多い年代

相談しようにも同世代の友達は、まだまだ忙しく働いている人も多い年代ですよね。「毎日時間を持て余している」「何もすることがない」「毎日つまらない」……それはまだあなたが「やるべきこと」をキチンと探してないのが原因かも知れませんよ。

「毎日つまらないな…暇だなあ」と思うあなたの心の隙に良からぬものが近付いてくることだってあるのです。どのような危険があるのかを少し考えてみましょう。

暇が続くとうつ病の原因となってしまうことも

一般的には50代前後の女性は更年期に入り、女性ホルモンの分泌が減ってきます。するとこの更年期には不眠・ホットフラッシュ・めまいといった身体的症状、気持ちの落ち込み・やる気のなさ・不安などの精神的症状に苦しめられることもあるのです。

ちなみにこれらの症状がひどくなり「日常生活に支障をきたす状態のこと」を更年期障害と言います。

「うつ病」は更年期の症状と被る項目がある

またこの世代の紛らわしいところで、「うつ病」があります。これは更年期の症状と被る項目がいくつかあるというのが理由です。例えば不眠・気持ちの落ち込み・不安などが当てはまります。

うつ病と言うとストレス過多で発症するイメージを持たれる人も多いことでしょう。しかし実は「ホッとした途端にメンタルが不調になる」場合もあるのです。

先程述べたお子さんの独立などはまさにそれに当てはまると言えますよね。子育てが終わり肩の力が抜け、ぽっかりと空いた時間をうつ病があなたを狙ってくる可能性も潜んでいます。

うつの雑草

「うつの雑草」とは、明治大学教授の齋藤孝先生が使っていた言葉です。齋藤先生の大学時代の経験から「うつな気分」を「庭のお手入れ」に例えてお話をしています。

雑草を放っておくとあっという間に生い茂ってきますよね。そして強く根を張り、他のものを寄せ付けない程の勢いではびこっていきます。

うつな気分も雑草と同じで小さなうちに早めに抜き取ってしまうこと。そうしないと大変な事態になりますよと警告しています。

うつな気分の初めは本当に小さなこと

うつな気分の初めは本当に小さなことかも知れません。いつもの家事が急に億劫に思えてきたり、大好きなドラマなのに何だか興味がなくなった、ちょっとした買い物ですら身体が重くてだるい、単調で毎日つまらない、など。今日がたまたまなのかと思っていると、それが明日も明後日もと続くようになるのです。

一体どうしてしまったのかと考えているうちに、うつ状態はどんどん進みやがては取り返しのつかない、重いうつ状態へと陥ってしまうのです。

東洋経済ONLINE「50代で「うつになる人」「ならない人」決定的な差」

タイトルとURLをコピーしました