【毎日を楽しむ】50代からの専業主婦としての人生の楽しみ方

50代で専業主婦をしているという方も多くいるかと思います。30~40代の頃は慣れない家事や子育てなどで毎日があっという間に過ぎていったことかと思いますが、50代になると家事にも慣れて子供も独り立ちをして、ただ時間だけが余ってしまいがちですよね。そこで今回は、そんな50代の専業主婦に向けて、これからの人生の楽しみ方をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

50代の専業主婦は時間を持て余してしまいがち

50代専業主婦といえば、子育ても一段落して時間に余裕が持てる年齢です。自分の時間がたっぷりあるというのは、恵まれたことには違いありません。

でも「旦那さんは忙しく働いているのに、自分だけ遊ぶのも気が引ける。かといって、今さら外で働くのも抵抗ある。結局何をしていいのか分からない!」なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

同世代の友達は、まだまだ忙しく働いている人も多い年代でしょう。一緒に遊べる友達もいなかったら、ますます暇を持て余しがちになってしまいますよね。

暇が続くとうつ病の原因となってしまうことも

50代になると女性は更年期に入り、女性ホルモンの分泌が減ることで、不眠やうつ・ホットフラッシュ・めまいや呼吸困難など様々な症状に苦しめられることも。そんな中、自分の時間がありすぎて暇な生活が続くと、ついいろんなことを考えすぎて、うつ病になってしまう人もいます。

「人生とは?」「生きる目的とは?」から始まって、過去の失敗や、辛かった人間関係を思い出し、
それが習慣化されてしまう場合があるのです。

人間の記憶というのは、その時の精神状態に左右されます。楽しい気分の時には過去の楽しかったことを思い出し、辛い気分の時には辛かった時のことを思い出すというように。精神的に不安定になりがちな更年期には、過去の辛かったことや悲しかった記憶を思い出し、鬱々した気分になる人も多いかも知れません。

そんな時には「うつ」の症状が慢性化してしまわないよう、早目に対策をすることが重要ですよ。

「自分は鬱状態なのかも?」と感じたら、1人で抱え込んで我慢するのはやめて、心療内科や精神科を受診する、婦人科で更年期の治療をしてもらう、などの対策をしてくださいね。

旦那さんに意見を聞いてみることも大切

専業主婦にとって、大事なスポンサーでもある旦那さんの意見を聞いてみるのは大切です。多くの男性は、自分の奥さんには家事に支障がない程度に働いてお金を稼いでほしいと考えています。何が起こるか分からない世の中ですから、「もしもの時に備えて妻の収入があるのは心強い!」と思わない人はいないでしょう。

もしも、旦那さんの意見が「働いてお金を稼いでほしい」ということだったら、外で働くことや、他の方法でも、できる範囲で収入を得る努力をしてみてください。旦那さんが経済力があり心が広く「妻には人生を楽しんでほしい」と思ってくれている場合は、思いっきり遊ぶのも良いでしょう。

自分の実家が資産家で「旦那さんが無職になったとしても、お金には絶対困らない!」という人でも、
旦那さんの意見を一度聞いてみることは大切です。

関連記事