【毎日を楽しむ】50代からの専業主婦としての人生の楽しみ方

50代で専業主婦をしているという方も多くいるかと思います。30~40代の頃は慣れない家事や子育てなどで毎日があっという間に過ぎていったことかと思いますが、50代になると家事にも慣れて子供も独り立ちをして、ただ時間だけが余ってしまいがちですよね。そこで今回は、そんな50代の専業主婦に向けて、これからの人生の楽しみ方をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

50代の専業主婦は時間を持て余してしまいがち

https://pixabay.com/ja/

50代専業主婦。皆さんはどのようなイメージを持たれますか?

お子さんがいる人ならもう大学生くらいに成長していたり、既に社会人として独立しているといった場合も多いと考えられます。ここまでくれば子育てももう一段落と言えるでしょう。

また元々、夫婦2人暮らしという人なら生活自体にそれ程の変化はないかも知れません。ただ今のご時世だと旦那さんは早期退職の対象者になってしまう、あるいは定年間近だというような場合も有り得ます。どちらにしても50代専業主婦の方々にとって、今現在はとても貴重な時間であると思えませんか。

何しろ自分の為に使える時間が豊富にあるのです。これは大変恵まれている環境だと言えるのではないでしょうか。

50代は人生の折り返し地点

最近では「人生100年時代」とよく耳にするようになりました。となれば50代は人生の折り返し地点をちょうど過ぎたところです。もし今のあなたが「時間を持て余している」と思っていたら、残念な話だと言えませんか。

確かに今から何かを始めるには多少の勇気は必要かも知れません。外で働くにしても、趣味を始めるにしても、ましてや旦那さんを置き去りにして自分だけ遊びに出掛けるというのはどうも気が引けると気遣う優しい人もいるでしょう。時間があるだけについ悶々と一人で考え込んだりしてしまってはいませんか。

相談しようにも同世代の友達は、まだまだ忙しく働いている人も多い年代ですよね。「時間を持て余している」「何もすることがない」……それはまだあなたが「やるべきこと」をキチンと探してないのが原因かも知れませんよ。

「暇だなあ」と思うあなたの心の隙に良からぬものが近付いてくることだってあるのです。どのような危険があるのかを少し考えてみましょう。

暇が続くとうつ病の原因となってしまうことも

https://pixabay.com/

一般的には50代前後の女性は更年期に入り、女性ホルモンの分泌が減ってきます。するとこの更年期には不眠・ホットフラッシュ・めまいといった身体的症状、気持ちの落ち込み・やる気のなさ・不安などの精神的症状に苦しめられることもあるのです。

ちなみにこれらの症状がひどくなり「日常生活に支障をきたす状態のこと」を更年期障害と言います。

またこの世代の紛らわしいところで、「うつ病」があります。これは更年期の症状と被る項目がいくつかあるというのが理由です。例えば不眠・気持ちの落ち込み・不安などが当てはまります。

うつ病と言うとストレス過多で発症するイメージを持たれる人も多いことでしょう。しかし実は「ホッとした途端にメンタルが不調になる」場合もあるのです。

先程述べたお子さんの独立などはまさにそれに当てはまると言えますよね。子育てが終わり肩の力が抜け、ぽっかりと空いた時間をうつ病があなたを狙ってくる可能性も潜んでいます。

https://pixabay.com/

うつの雑草

「うつの雑草」とは、明治大学教授の齋藤孝先生が使っていた言葉です。齋藤先生の大学時代の経験から「うつな気分」を「庭のお手入れ」に例えてお話をしています。

雑草を放っておくとあっという間に生い茂ってきますよね。そして強く根を張り、他のものを寄せ付けない程の勢いではびこっていきます。うつな気分も雑草と同じで小さなうちに早めに抜き取ってしまうこと。そうしないと大変な事態になりますよと警告しています。

うつな気分の初めは本当に小さなことかも知れません。いつもの家事が急に億劫に思えてきたり、大好きなドラマなのに何だか興味がなくなった、ちょっとした買い物ですら身体が重くてだるいなど。今日がたまたまなのかと思っていると、それが明日も明後日もと続くようになるのです。

一体どうしてしまったのかと考えているうちに、うつ状態はどんどん進みやがては取り返しのつかない、重いうつ状態へと陥ってしまうのです。

参考:東洋経済ONLINE「50代で「うつになる人」「ならない人」決定的な差」
https://toyokeizai.net/articles/-/303575?page=2

ネガティブな感情がループする

https://pixabay.com/ja/

人間、暇な時間があるとあまり良いことはないかも知れません。そんな時に限って余計なことを無駄に考えすぎてしまう傾向がみられます。

「人生とは?」「生きる目的とは?」から始まって、過去の失敗や、辛かった人間関係を思い出し、それが習慣化されてしまう場合すらあるのです。

こうなってくるとネガティブな感情から抜け出せずに同じような良くない思考がぐるぐるとループし始めます。

人間の記憶というのは、その時の精神状態に左右されがちです。楽しい気分の時には過去の楽しかったことを思い出し、辛い気分の時には辛かった時のことを思い出すというように。

50代更年期世代は、家庭環境の変化や今後訪れる老後への漠然とした不安などで、何となく精神的にも不安定になりがちです。すると過去の辛かったことや悲しかった記憶ばかりを思い出し、鬱々した気分になってしまう人も多いのかも知れません。

そんな時には「うつ」の症状が慢性化してしまわないよう、早目に対策をすることが重要です。前述した齋藤先生の記事でユニークな情報がありました。心の状態が「庭」という形で可視化されるアプリがあるそうなのです。自分の心が今どのような状態であるのかが一目でわかるというのはとても便利だと思いませんか。

いきなり病院に行くには少しばかり勇気がいりますよね。そんな方はこのようなアプリを試してみたり、ネット上での診断チェックを利用してご自分の状態を把握しておくのも良いのではないでしょうか。

ただしズルズル引き延ばすだけの口実にするのは危険です。1人で抱え込んで我慢するのはやめて、心療内科や精神科をキチンと受診する、又は婦人科で更年期症状の治療をしてもらう、などの適切な処置を取ることをおすすめします。

参考:東洋経済ONLINE「50代で「うつになる人」「ならない人」決定的な差」
https://toyokeizai.net/articles/-/303575?page=2

旦那さんに意見を聞いてみることも大切

https://pixabay.com/ja/

50代専業主婦にとっての大事なスポンサーでもある、旦那さんの意見を聞いてみるのというも一つの方法ではないでしょうか。

日本の男性の場合、自分の奥さんには家事に支障が出ない程度に働いてもらう分には賛成と考えているようです。特に現在50代、60代の男性はまだまだそういった考えの方が多いと推測されます。若い世代の20代、30代だとお給料も少なくなかなかそうも言っていられないので、いわゆる共働きということになるのでしょう。

我が家の話ですが、若い頃は「働きに出たら?」と旦那さんから、それとお姑さんからよく言われていました。「いくらかでもお金を稼いで息子の助けになってほしい」とお姑さんから言われたものです。確かに何が起こるか分からないのが人生ですから、「もしもの時に備えて妻の収入があるのは心強い!」と思う気持ちは理解できなくはありませんでした。

そしてもしもあなたの旦那さんの意見が「働いてお金を稼いでほしい」ということだったら、対策を講じる必要性が出てきます。

50代専業主婦をやってきて、果たして仕事の需要があるのか気になりませんか。特に結婚してからはずっと専業主婦だった人の場合は不安ばかりが頭をよぎってしまいますよね。果たして50代女性の仕事の需要はあるのか、少し調べてみましたのでご覧ください。

関連記事