【快適な老後を】40代から始めるべき、老後に向けての準備とは?

老後の準備はできる限り早いほうがいい!

40代で老後の準備を始めている方はあまり多くはありません。しかし、老後の準備はできるだけ早く始めることをおすすめします。「まだ若いから大丈夫」と油断して何も準備せずに老後を迎えてしまって後悔してからでは遅いのです。

とは言え、どのような準備をすればよいのか、40代では想像もつかなくてもおかしくはありません。まずは、老後の自分についてイメージをすることや、老後の準備とはどのようなものなのかについて知ることからはじめ、段階を踏んで準備をはじめていきましょう。

まず老後の生活資金を確実に貯めておく

老後の準備とは、具体的にはまず老後の生活資金を確実に貯めておくということが挙げられます。最近は定年後に再就職し働き続ける方が多いとは言え、定年前と同じくらいの収入をキープし続けられる人は一握りしかいません。

また、年金もあるとは言え、老後は労働での収入と年金だけで暮らしていけるというものでもないのです。

現役世代にはない出費が多くなる

老後は、現役世代にはない出費が多くなってしまいます。現役時代よりも収入が減ってしまうにもかかわらず、生活費、住宅ローン、親の介護費用などが引き続きかかってしまう方が多いことに加え、ご自身や配偶者の方の通院費、介護費用などもかかってしまうため、意外と出費は高額になってしまうことが多いのです。

ご自身や、または結婚している場合には夫婦での定年後の退職金、貯金額、また、年金も含めてどのくらいの収入が続くのかや、出費を計算して赤字にならないかどうかシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。

どんな老後を送りたいか、プランを練りましょう

老後の準備を始めるにあたり、どのような老後を送りたいのかイメージし、具体的なプランを練ってみることは大切です。

どんな老後を送りたいかという点では、例えば

  • 趣味に没頭して自分の時間をたくさん持ちたい
  • 子供たちや孫たちと楽しく過ごしたい
  • 夫婦でゆっくり過ごしたい
  • 頻繁に旅行をしたい

などがあります。

また、生活の仕方については、

  • 今住んでいる家でずっと暮らしていくのか
  • 住むところを変えたい場合、都会がいいのか田舎がいいのか
  • 今実家から離れている場合、実家に帰るのか
  • 地元や今住んでいるところとは全く関係ない新たな土地で生活したいか

などについても考える必要があります。

どのような老後を送りたいかによって、貯めるべき費用が大きく変わってきます。少しずつでもよいですので、老後のプランを考えていくことが大切です。

40代で始めるべき老後の準備とは?

ここまで、老後の準備がなぜ必要なのかについて解説してきました。では、具体的にどのような準備を進めればよいのでしょうか。

まず、先ほどから述べているように老後の生活資金を貯めることは必須となります。それ以外に、老後も働きたい方は老後でも働ける職業に就くことは重要です。具体的には、

  • あまり体力を使わなくてもよい仕事
  • 高齢者の方も多く働いている仕事
  • 定年がない仕事

といった観点で職業を選ぶことをおすすめします。現在の仕事を定年まで勤め上げるとしても、その後も再契約でき問題なく働ける仕事に就いているのであれば安心ですが、老後も続けられるか不安な仕事に就いている方は、転職も視野に入れた方がよいでしょう。

今のうちに転職したい方、定年退職後に別の仕事に就きたい方は、今のうちに資格を取ることをおすすめします。

高齢者の方が多い仕事

タイトルとURLをコピーしました