【子供の知性を育てる】おすすめの読み聞かせ絵本10選

子供の知性や情緒を育てる読書。特に絵本は、字がまだ読めない子にもそうでない子にも楽しめる、空想の世界への扉です。子供時代の限られた大切な時間をともに過ごす絵本だからこそ厳選したいものですね。でも、あまりにも多くの絵本が書店にあり、どれを選ぶか悩んでしまいませんか?そこで、お家にあれば殿堂入り間違いなしの、1〜3歳ごろの子供向けおすすめ絵本たちをご紹介します!

公開日:    最終更新日:

幼児向け絵本選びのポイントは?

絵本が知性や心を育てるのはわかりますが、あまりにも種類が多すぎて困ってしまいますよね。1〜3歳ごろの幼児の知性を育てるには、一体どんなことに気をつけて絵本を選んであげれば良いのでしょうか?

①言葉が美しく心地よい

https://www.photo-ac.com/

絵本に使われている言葉のシンプルさ、リズミカルさは重要です。この点に配慮されている絵本は往々にして言葉選び全体が美しく、子供に寄り添った内容のものが多いです。幼児の知性と語彙力を育てるのにおすすめと言えるでしょう。

また、子供にとってリズミカルで覚えやすい言葉で綴られていることは、子供からのアウトプットのしやすさ(暗唱や真似っ子)にもつながります。これも幼児の知性と心を育てるのに役立つ要素です。

②子供が自分の生活感を元に共感できる

https://www.photo-ac.com/

2〜3歳ごろになると、お散歩や美味しい食べ物、お着替えなど、自分の生活の経験が蓄積してきます。そのため、子供が自分自身の経験を元に、登場人物の気持ちになって絵本を楽しめるようになってきます。身近な題材が選ばれた絵本は、幼児の想像力や知性の育ちを助けてくれることでしょう。

③繰り返しが楽しい

https://www.photo-ac.com/

3歳頃からは、接続詞などが使われた少し長めの文章でもよく理解できるようになるため、ストーリーを楽しめるようになってきます。フレーズの繰り返しが多く、展開が予想ができ、さらにその予想を裏切るてん末が待っているような絵本は、子供の知性と心を大いに刺激してくれます。

幼児向けおすすめの本10選

いよいよここからは、1〜3歳の幼児の知性と心を育てるおすすめの本を紹介していきます!どれも間違いありませんが、子供の反応を見てから購入したい方は図書館で借りるなどして様子を見てみてもいいですね。

「だるまさんが」

シンプルかつユーモラス。1歳前後からでも楽しめる”ポストいないいないばあ”的な、おすすめの一冊です。「だるまさんが…」のページをめくると起きる意外な変化に子供は大ウケ!「次は何が起きるのかな」というワクワク感は、元・子供の私たちでも思わず顔がほころんでしまいます。シリーズにもなっているので、気に入ったら何種類も揃えられますよ。

https://www.amazon.co.jp/dp/4893094319/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_lDV-DbB3H2X1Z

「大きなかぶ」

https://www.amazon.co.jp/dp/4834000621/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_-DV-Db626SQVX

小学1年生の教科書にも載っている本作。日本を代表する彫刻家である佐藤忠良の、ダイナミックな挿絵でもお馴染みです。元はロシア民話ですが、私たちに親しみ深い福音館の絵本は、トルストイが書いたものの翻訳。美しくリズミカルで子供が真似しやすい繰り返しのストーリーが、最後にカタルシスを生みます。うんとこしょ、どっこいしょ!は子供と声を合わせて読むのもおすすめですね。

「ぞうくんのさんぽ」

https://www.amazon.co.jp/dp/4834005151/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_DrU-DbCZ5TT0N

ある日お散歩にでかけたぞうくんが、行った先々で友達を背中に乗せていきます。ぞうくんの背中にかばくんを乗せて、かばくんの背中にワニくんを乗せて…まるで子供たちが日頃遊んでいる積み木のようです。積み木といえば子供が最後にすることといったら…?さて、絵本ではどうなりますことやら。オチに子供と一緒に思わず笑ってしまう、楽しい一冊です。

関連記事