適度な距離感が大切!負担にならないママ友との付き合い方

ママ友との付き合いを負担に感じてしまう理由とは?

子どもが生まれた瞬間から、子どもを通して付き合いの始まる「ママ友」。子どもの成長に合わせて出会うママや、付き合うママは変わってくるものの、ママ同士が集まっておつき合いがあることには変わりはありません。

お互いに情報交換したり、悩み相談をしたり、良い関係が築けるママ友なら大歓迎でも、次第にその付き合いが重くなっていく場合も考えられます。

ママ同士のおつき合い、どうしていますか?もしも負担に感じて悩んでいる方がいたら、その理由はこんなところにあるのではないでしょうか。

ママ友との付き合いを負担に感じるのは、比べてしまうから

例えば乳児期や幼児期に知り合うママ友は、一緒に遊ばせたり、家に招いたり、子どももママも一緒に行動することが多い時期です。

この時期にまず一番に気にしてしまうのが、子どもの発育具合。お友達はもう歩けたのにうちの子はまだ歩かない。お友達はもうおしゃべりが上手なのにうちはまだ言葉が出てこない。体格が小さいとか、よく泣くなど。どうしても自分の子どもをママ友の子どもと比べてしまいがちです。

子どもが小学生に上がる頃になると、成績の良し悪し、塾でのクラス分け、習い事では自分の子どもがレギュラーになれないと、他の子を比べてしまったり。

でもそれは一時のこと。子どもが成長して大きくなると「なんであんなことで悩んでいたんだろう」と思うことも多々あります。とにかく比べない。うちの子はうちの子。自分は自分と言い聞かせましょう。

ママ友との付き合いを負担に感じるのは、大勢から好かれようとするから

ママ友が集まるとグループができることも多いですよね。仲がいい人だけのグループならともかく、大勢メンバーがいるグループに入ってしまうとどうしても気の合わない人も出てくるものです。

また人数が多いところでは、必ず対立も起きるもの。誰か一人が悪口を言いだしたりしても決して賛同しないことが大切です。

それでも子どもがみんなと仲良しなら、その中で上手くおつきあいができるよう、深入りせず中立の立場を守りながら参加していましょう。悪口は言わず、噂も流さない。そんなあなたの姿勢を見て共感してくれる人も多いはずです。

大勢に好かれようと気を張って頑張るよりも、自分のことをわかってくれる信頼できるママ友が1人でもいれば、精神的にもずっと楽になれるでしょう。

ママ友との付き合いを負担に感じるのは、噂話を信じてしまうから

ママ友が大勢集まれば、どうしても噂話は出るもの。あの人がこう言っていた。この間聞いた話だけど。こんな言葉に一喜一憂していませんか?

いい噂ならともかく、自分に対する悪い噂は、たとえそれが真実ではないとしても気分が落ち込み、噂を流したり、広めたりした人にも不快な気持ちを持ってしまいがちです。

噂は噂。そう割り切ってしまいましょう。子どもを介して知り合ったママ友です。自分の生活すべてをママ友中心にする必要はありません。

噂話を聞かされたとしても「ふ〜ん。そうなの。」と軽く聞き流しましょう。この人に噂話をしても面白くないと思われたら、あなたが噂に踊らされることもなくなるでしょう。

ママ友との付き合いを負担に感じるのは、近づきすぎるから

子ども同士が仲良くなると家へ呼んだり呼ばれたりの関係が始まります。そこで話をしてみて気が合えばお付き合いを始めましょう。

ここで重要なのは、子ども同士も一緒に仲良く遊べるということ。子どもが喧嘩ばかりしているのに、ママ同士が仲良くなるということはなかなかないものです。子どもが楽しそうに遊べる相手であれば、きっとママとも仲良くなれるでしょう。

ただし仲良くなったからと、どこへ行くにも一緒だったり、家族ぐるみのおつきあいが全て成功するとは限りません。近づきすぎると相手の欠点や嫌な面も見えてくるものです。

長いお付き合いを望むなら、あまり近づきすぎないこと。ママ友との程よい距離が、長続きの秘訣です。

そもそも、本当にママ友との付き合いは必要?

子どもが生まれてママになった時から、同じ立場で子育て進行中の人とは話も合うし、悩みも打ち明けやすいものです。

子どもが大きくなれば、幼稚園や小学校、習い事の中で必ずママ同士が顔を合わせ、挨拶をする場面も多く見られます。

でもママ友って頑張って作らなければならないものなのでしょうか?また、お付き合いは必ずしなければならないのでしょうか?

ママ友がいるメリットを考えてみました。

いざという時に一人でも頼れる人がいると安心

ママ友は子どもを介して仲良くなり、大人になってから出来る友達です。学生時代や幼馴染のように子ども時代や学生時代の自分を知っている友人とは付き合い方もちょっと変わってくるかもしれません。

大人になってからなので、個人個人の価値観も出来ていることもあり、子どもや夫など家族との関係も同時に必要になってくるために、時にはぶつかったり同意できない場面もあるでしょう。

それでも実家が遠いとか、夫が多忙で育児を頼めないなどという時に、頼りになるのはやはりママ友です。短時間でも子どもを預けたり預かったり、お互いに助け合えれば強力な助っ人になってくれます。

決して大勢と仲良くなる必要はありません。困った時に相談に乗ってくれたり、いざという時に助けてくれる人。程よい距離感を保ちながらお付き合いができる人。そんなママ友がひとりでもいてくれれば、心強いものです。

同じ年頃の子どもの情報を保つためにも必要

幼児期ならば予防接種の時期や病院の情報、幼稚園や保育園では園の中の情報交換、小学校では習い事や塾のこと。同じ年頃の子どもを持つ母親は、子どもに関しての情報収集に日々忙しいものです。

社交的なママにはどんどん新しい情報が入ってくるのに、社交的でないママだとなかなか情報も伝わってこず、そんなことが起こっていたの!と後で気づいて後悔することにもなりかねません。

あまりにママ友とのおつきあいが無いと、子育てをする上で知っていなければならない情報が遮断されてしまいます。全てに顔を出す必要はありませんが、ちょっとした連絡事項が伝わりやすいように、ママ友とのおつきあいをしておくと便利ですね。

負担にならないママ友との上手な付き合い方

子どもが公園へ行くたびにママ友と会ってしまう。初めは楽しかったのに、だんだんと毎日会うことが重く感じてくることもありますよね。

互いの家を行き来したり、親子で食事に出かけたり。たまにであれば楽しいことも、度重なると「自分の時間が欲しい」と思ってしまうことも。

負担にならないママ友との付き合い方とはどのようなことなのか考えてみました。

負担にならないママ友との付き合い方①すべての行動を一緒にする必要はない

子どもが小さくて、まだ学校に通っていない場合は、ママ友との関係もかなり密になるものです。大きなグループができたり、気が合わない人とでもグループで集まらなけらばならなかったり。

また幼稚園時代は、ママの出番も多いもの。役員や行事のお手伝いなど、必ず1人ひとつの役割を卒業するまでにはこなさないといけないなどというノルマがある幼稚園もあります。

ここで仲良くなってママ友になるケースも多いのですが、人数が多すぎたり、逆に少なすぎたりすると、ママ友グループに巻き込まれて辛い思いをすることもありますよね。

子どもが生まれる前の、自分とだけのつながりのある友人と違い、ママ友は子どもも関係してくるので、誘いを断って仲間はずれになったり、噂を立てられたりが怖くてグループを抜けられないという人もいるかもしれませんね。

そんな時は数回に1回は「今日はちょっと予定があって」と断りを入れて、自分の家で過ごす時間も確保しましょう。たとえ子どもが遊びたいと言っても、ママの精神状態が安定している方が子どもにも良いはずです。

今日はキツイなと思ったら、無理に周りに合わせようとせず、自分の時間を確保しましょう。

負担にならないママ友との付き合い方②うちはうち。我が家流もたまには必要

例えば初めて知り合ったママ友との関係がうまくいっていれば良いのですが、ちょっとしたことで関係がこじれてしまったり、重く感じてしまうこと、ありますよね。

そんな時は無理して付き合うことはないのです。1人のママ友やママ友グループとの関係が上手くいかなかったとしても、どこかでまた新しいママ友が出来るはずです。

子どもの学校に上がるタイミング、新しい習い事を始めるタイミング、いつも行く公園を変えてみた時など、ふとした時に新しい出会いが見つかるかもしれません。

夫にも相談して家族で出かける時間を多くしたり、単独でも参加できる子育て施設に顔を出してみたり、負担にならない子育て方法はたくさんあります。

自分が辛いと感じる付き合いならば無理することはありません。うちはうち。我が家流の育児を心がけてください。

ママ友付き合いにおいて気を付けるべきこと

社交的で誰とでも仲良くなれて、子どもも物怖じせずどんな子とでもすぐ遊ぶことができる。そんなママと子どもならば何にも悩みは無いのかもしれませんが、ほとんどの人はそうはいきませんよね。

自分に負担が無い程度にほどほどにお付き合いするのがママ友との正しい関係です。以下のことを覚えておくと付き合いやすくなるかもしれませんよ。詳しく見ていきましょう。

ママとの付き合いは、適度な距離を置く

友達だからと言って、すべてのことを一緒にする必要はありません。楽しいな、嬉しいなと思ったことだけ参加すれば良いのです。

中には連日のように集まるママ友グループもいますが、あまり濃密に付き合うと、仲たがいした時の反動も大きく、もう二度と会わなくなるなんていうことも。

また最近はSNSなどですぐにグループを作ってしまう傾向がありますが、一度入ったグループから抜けるのは勇気がいることであり、後々トラブルにもなりかねません。

主役は子ども。子ども同士が仲良く遊ぶのをママ同士で遠くから見守るくらいで良いでしょう。大人になってからの友達だからこそ、適度な距離を大切にしたいものです。

ママとの付き合いは、知りすぎないことが大切

子ども同士が仲良くなって知り合うママ友ですが、付き合ううちにどうしても家のことや夫のこと、家族構成などにも話が及んできます。

夫の職業や収入、住む場所などどうしても比べあってしまいがちです。聞かれて困ることは自分から聞く必要はありません。また、大人の付き合いなら知らなくて良いことはあえて質問もしないこと。

お付き合いが長くなって、話したいと思った時に話してもらえばいいわけで、仲良くなってすぐに無理して知る必要はないのです。プライベートの細かいところまで知りすぎないことも、ママ友とうまくお付き合いしていくポイントですね。

大勢のグループよりも気の合うママ友とだけ付き合えば良い

少子化の昨今では、出産前からプレママのためのグループ作りを積極的に行う産院もあり、ママになる前からママ友との交流が義務付けられているような雰囲気になっています。

グループ作りをするとどうしても気の合わない人ともお付き合いしなければなりません。それが大きなグループであればあるほど、付き合う頻度も人数も増え、負担は増すばかりです。

中にはグループでいるよりも個人でいた方が気が楽という方もいることでしょう。そういう人はグループで無理してお付き合いするより、自分らしくいられる状態を保ちましょう。

きっと同じような考え方をする人も周りを見渡すと見えてくるはずです。そういう価値観の似ている人と大人数ではなく数人の人とだけ付き合っていきましょう。

ママのストレスは子どもに直接反映します。ママがストレスフリーでいられることを第一に考えたいものですね。

ママとの付き合いは、合わないと思ったら抜ける勇気も必要

同年代の子供を連れたママ友グループ。育児の情報交換をしたり、一緒に出かけたり、悩み相談をしたり。

中には自分のことばかり話したがる人もいて、自分は聞き役ばかりと不満を持つこともあるかもしれません。語り合いたいのに聞き役ばかりでは、ママ友交流会と言っても辛くなりますよね。

そんなグループの中で、リーダーがルールなどを作ってしまうとさらに大変。もしも自分はそういう集団行動は苦手だなと思ったら、数回に1回は誘いを断ってみましょう。

最初は何か言われても、段々と「あの人は誘っても来ないから」と思われるようになり、そのうちグループからのお誘いも少なくなるかもしれません。

子育ては長期戦。ママ友との付き合いに疲弊するよりも、その時間を目の前にいる子どものためにたっぷり使った方がきっと効果的です。

適度な距離感を掴んでママ友付き合いをしていきましょう

ママ友との付き合い方は人それぞれ。グループで大人数でワイワイと子育てするのが好きな人もいれば、価値観の合う数人と深くお付き合いしていきたいと考える人もいるものです。

ママになるまでに経験してきたこと、性格、考え方がによって、その後のママ友との付き合いも変わってくることでしょう。

ママ友とのおつきあいは、まず子どもがそこにいて楽しいと感じてくれていることが大前提。子どもも気の合う同士のママならば、ママ同士も価値観が似ている可能性もありますよね。適度に距離感を保ったお付き合いで子育てを楽しみましょう!

子どもが楽しめて、ママ自身も楽しいと感じられる、そんなママ友が見つかったらきっと長いお付き合いができることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました