【ランチ会・お茶会に】ママ友のお家に行く際に喜ばれる手土産の選び方

ママ友のお家への手土産を選ぶ際のポイントは?

そもそもママ友の家を訪ねるときに、お土産は必要なのでしょうか?ある調査では、「手土産を毎回必ず持参する」という人は68.8%、「毎回ではないけど持参することが多い」21.9%という結果になったそうです。なんと9割近いママが手土産持参を意識しているのですね。

マナーの面から言うと、手土産を持参するのは最低限のマナーとされています。

自宅をママ友の集まりで提供したことのある人は経験があると思いますが、自宅に人を呼ぶって、いろいろと気を遣うものです。部屋を片付けて、掃除をしなくてはなりません。人が来るのを前提にする掃除って、いつもとは違ってちょっと念入りに細かいところまできれいにしますよね。

また、ママ友が集まった時は、飲み物やスイーツを準備してくれたり。そう、色々と気遣いをしてくれますよね。家を提供してくれたママ友の見えないところでの気遣いに対しての感謝の気持ちとして、手土産を持参すると考えましょう。

たとえ「手ぶらで来てね!」と親切に言ってくれたとしても、ママ友は独身時代の友達とは違いますので、よほど親しい中でなければ手土産は持参したいものです。

次に手土産を選ぶときに気をつけたいこと、ご紹介します。

小分けできるもの

ママ友何人かで集まるときは、小分けにできるものが圧倒的に便利ですし喜ばれるでしょう。

個包装されたクッキーや焼き菓子のようなものなら、お皿がなくてもその場ですぐに食べることができとっても便利!いただいたママがその場で食べなくても持ち帰りやすいので、ママ友みんなに喜ばれるでしょう。

自分では買わないようなちょっと高級なもの

有名なブランドの紅茶、高級店のチョコレートなど、名前は知っていてもなかなか口にする機会はないものです。こういったものは、自分では買わなくてもいただいたらうれしいもの。毎回はできなくても、初めてのママ友のお宅にお邪魔するときなど、特別な機会に持っていくのもいいですね。

ケーキなど食器が必要になるものよりも、マカロンやショコラなど片手でつまめるものが人気です。その場でいただくことができるような、高級ブランドの紅茶も嬉しい、という意見がありました。

食器を必要としないもの

手土産を選ぶときにおすすめなのが、手間なく食べることができるもの。個包装されたシュークリーム、マドレーヌなどの焼き菓子、プリンなど。

美しくデコレーションされたケーキは見栄えしますが、いただくのに食器などが必要です。人数にもよりますが、お邪魔したママ友の家に人数分の食器があるとは限りません。ママ友の中にはお腹が空いていなくてここでケーキは食べたくない、という人もいるかも。

個包装されているなら、その場で食べなくても持ち帰ることもできます。

旅行先のお土産品

もしあなたが旅行に行っていて、旅行後に友達の家にお邪魔する予定があるのであれば、手土産に旅行先のお土産を買ってくのも手でしょう。事前に用意していれば、当日バタバタしなくてもいいですし、なかなか行けないようなその土地の名産品やお土産は珍しく、普段の生活では手に入れにくいものですよね。

「先日旅行に行ってきて、そのお土産です」と渡せば、お土産話もできますしね。ご当地の名産品は有名なお菓子などでも喜ばれますよ。

お土産を購入する際は、訪問予定日を鑑みて、賞味期限にも注意する必要があります。日持ちのするお土産のほうがもらった相手も嬉しいでしょう。

手土産の平均予算はどれくらい?

手土産の予算どのくらいなのでしょう?適正価格が気になりますよね。ママ友へのアンケートを参考にしてみましょう。

みんなどうしているの?手土産の予算のアンケート

あるインターネットサイトが行ったママ友への手土産についてのアンケート。その中で手土産の妥当な金額、という質問がありました。

「1000円」という答えが、62.8%。「2000円」が25.5%。「3000円」以上は、わずか7.3%でした。ということで、手土産の相場は1000円前後で良いようです。1000円くらいの手土産ですと、持参する側にも負担とならず、いただいた側もそれほど気を遣わずいただくことができます。

値段の張るものを手土産にしていい、ということではないのですね。

手土産として選ばないほうがいいNG品物

子供のことも関係してきますから、きちんとおつきあいしていきたいママ友。手土産にもやはり、避けたほうがいいもの、NGなものがあるようです。

こちらでは手土産を選ぶときにやめたほうがいいものをご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました