スポンサーリンク

好きだけど疲れる…振り回される恋愛をやめるコツとは

スポンサーリンク

「振り回される恋愛」は疲れてしまう

恋愛は、生活に楽しみや生きる力のようなものを与えてくれる素敵なものですが、のめり込みすぎると、恋愛に振り回されるようになり、疲れてしまうことがあります。

どうしてそのようなことになってしまうのでしょうか。詳しくご説明します。

恋愛は確かに幸せですが…

あなたが、毎日の生活で一番大切にしていることは何ですか?

学生ならば自分の専門分野の勉強や研究でしょうか。社会人ならば、取り組んでいる仕事でしょうか。それとも自分が熱中している趣味や特技でしょうか。

もし、あなたの一番大切にしているものが、「恋愛」ならば、「振り回される恋愛」に陥ってしまう危険性があります!毎日、好きな彼のことで一喜一憂し、「今頃、何してるかなぁ…」「今日は会えるかなぁ…」恋をしていると、いつも好きな相手のことを考えてしまいますね、それも無意識に。

恋愛は、同性の人間関係とは違って、どこか特別で、私たちを引きつけるような魅力があります。

眼中になかった異性が、何かのきっかけで、ふと気になりだしてしまい、四六時中考えてしまうのはあの人のことばかり。寝ても覚めても、自分の生活のほとんどを、相手のことを考えて過ごしてしまう時間が、どんどん増えていきます。

恋愛しているときは、憧れのあの人と会える、というだけで、毎日がドキドキ。幸せなエネルギーが不思議と体から湧いてくる感覚があるかもしれません。恋愛特有のドキドキ感や緊張感、高揚感はそのときにしか感じることができない感情であり、胸が苦しくなる時もあります。

でもそれは、決して心地悪いというわけでもなく、むしろ幸福を感じることも多いですよね。

ただ、恋愛は自分ひとりでするのではなく、自分ではどうすることもできない、相手の気持ちが大きく絡んできます。相手の気持ちなど、コントロールできないことも多いため、相手と関係が進展するなど、うまく行くこともあれば、思い通りにならないこと、すれ違いなどがあり、なかなか距離を縮めることができないこともあります。

強いエネルギーを必要とする恋愛は、人を幸せにする一方で、恋愛感情をコントロールできずに心が乱れてしまったり、衝動的になってしまうことがあります。また反対に、恋愛にかけるエネルギーに、体力、気力を吸い取られてしまい、疲労困憊してしまうなど、人が振り回されてしまうこともあるのです。

タイトルとURLをコピーしました