スポンサーリンク

好きだけど疲れる…振り回される恋愛をやめるコツとは
スポンサーリンク

「振り回される恋愛」は疲れてしまう…

恋愛は、生活に楽しみや生きる力のようなものを与えてくれる素敵なものですが、のめり込みすぎると、恋愛に振り回されるようになり、疲れてしまうことがあります。どうしてそのようなことになってしまうのでしょうか。詳しくご説明します。

恋愛は確かに幸せですが…

あなたが、毎日の生活で一番大切にしていることは何ですか?学生ならば自分の専門分野の勉強や研究でしょうか。社会人ならば、取り組んでいる仕事でしょうか。それとも自分が熱中している趣味や特技でしょうか。もし、あなたの一番大切にしているものが、「恋愛」ならば、「振り回される恋愛」に陥ってしまう危険性があります!毎日、好きな彼のことで一喜一憂し、「今頃、何してるかなぁ…」「今日は会えるかなぁ…」恋をしていると、いつも好きな相手のことを考えてしまいますね、それも無意識に。

恋愛は、同性の人間関係とは違って、どこか特別で、私たちを引きつけるような魅力があります。眼中になかった異性が、何かのきっかけで、ふと気になりだしてしまい、四六時中考えてしまうのはあの人のことばかり。寝ても覚めても、自分の生活のほとんどを、相手のことを考えて過ごしてしまう時間が、どんどん増えていきます。

恋愛しているときは、憧れのあの人と会える、というだけで、毎日がドキドキ。幸せなエネルギーが不思議と体から湧いてくる感覚があるかもしれません。恋愛特有のドキドキ感や緊張感、高揚感はそのときにしか感じることができない感情であり、胸が苦しくなる時もあります。でもそれは、決して心地悪いというわけでもなく、むしろ幸福を感じることも多いですよね。

ただ、恋愛は自分ひとりでするのではなく、自分ではどうすることもできない、相手の気持ちが大きく絡んできます。相手の気持ちなど、コントロールできないことも多いため、相手と関係が進展するなど、うまく行くこともあれば、思い通りにならないこと、すれ違いなどがあり、なかなか距離を縮めることができないこともあります。

強いエネルギーを必要とする恋愛は、人を幸せにする一方で、恋愛感情をコントロールできずに心が乱れてしまったり、衝動的になってしまうことがあります。また反対に、恋愛にかけるエネルギーに、体力、気力を吸い取られてしまい、疲労困憊してしまうなど、人が振り回されてしまうこともあるのです。

なかなか思いが伝わらない片思い

恋愛の中で最も苦しいのが、片思いをしている時だと、言えるかもしれません。「彼は私のこと、どう思っているの?」「彼女、いるのかなぁ…」相手を思えば思うほど、気持ちは募るけれども、答えがなかなか出ない。そんな日々が続くと、疲れてしまうのも確かです。自分の好意を相手に気づいてほしい、と思っている状態の片思いは、その気持ちが伝わらないもどかしさ、それでも相手のことばかり気になってしまう高揚感といった様々な感情が自分の中で渦巻いて、頭や心が疲れている状態だからです。

「恋愛の醍醐味は片思い」という人がいるほど、恋愛の幸せや息苦しさが詰まっているのが、片思いです。片思いをしている最中というのは、目があった、あいさつをしてくれた、というなにげないことでも、その日1日分の幸せを感じられるような、そんな経験は誰しも体験したことがあるはずです。

相手と目があった、会話ができたということだけで大きな幸せを感じることができる片思いは、すぐに喜びを感じることができる一方で、「私に好意があるのかなぁ…」「交際に発展する??それはいつなの?」想像だけは膨らみますが、先の見えないトンネルの中にいるようで、様々な感情に振り回されやすい、いうこともなります。

自分の好きという感情が相手に伝わらないほど、もどかしいと感じることはありません。だからと言って、素直に自分の気持ちを伝えることができるかといえば、そうではないのが片思いです。「彼は私のこと、好きじゃないかもしれない」「告白してフラれたら、怖いから、今のままでいいかも…」意中の相手に、自分の気持ちを知って欲しいと思う反面、片思いで終わる…という現実があるかもしれない。期待と不安が入り交じります。

意中の相手に、自分の気持ちを知られるのが恥ずかしく思うこともあり、なぜか相手にそれを悟られないように振る舞ってしまうこともあるでしょう。気持ちがバレないようわざと素っ気なく振る舞ってしまい、何だか疲れてしまった。そんなこともあるでしょう。

片思いの相手のことを考えて過ごす毎日。恋愛が楽しいはずが、なぜか疲れを感じる。気づかないうちに、恋愛に振り回されていることに、あなたは気づいていないのかもしれません。

両思いになっても苦しみから解放されるわけではありません

勇気を出して告白し、めでたく両思いになれば、あの苦しかった片思いとも卒業できるかもしれないと考えるでしょう。恋が成就し、晴れて恋人同士になった瞬間というのは、まさに幸せの絶頂にいるような気持ちにしてくれます。恋人同士になったということは、お互いの好意を確かめ合い、これから二人で、楽しい時間を過ごそう、ということです。明るい未来しか見えてなくても、不思議ではありません。

ただ、恋愛に振り回されている人は、残念ながら、たとえ両思いになったとしても、恋愛の悩みは尽きることなく、また新たな悩みに右往左往する日々が続いてしまうのです。「彼との恋、この先もずっと続くかしら…」「私って、彼の理想の彼女になれてるかなぁ?」と、変わらずに、悩み続けてしまうことも珍しくありません。確かに両思いにはなりましたが、それだけで100%安心できるかといえば、答えはNOなのです。恋愛に振り回される人にとって、不安は変わらず残り続け、恋が実った喜びもあれば、苦しみも尽きないのです。何だか、心が疲れるな…。そんな気持ちが産まれているかもしれません。

新たな悩み・・・浮気の心配

恋愛に振り回されながらも、何とか交際を続けて、楽しい時を過ごしてきました。ただ、交際が長くなるにつれ、心配になるのが、彼の浮気、心変わりでしょう。時間とともに、マンネリな雰囲気に陥ることもあって、いったいどうしたらいいのか、分からなくなるときもあるでしょう。彼のことを信頼しているから、浮気なんてするわけがない!と信じたいですが、ほんの1%、もしかしたら浮気をするかもしれない…そんな悩みが頭から離れなくなります。100%ない!と思いたいけれども、確証が持てない…。浮気についての不安が、心の片隅に潜んでいませんか。

人の気持ちは変わるもの。頭では理解できても、本当に彼が浮気をしたならば、自分はどれほど傷つき、絶望するんだろう。そんな想像もしてしまいます。交際中は、二人の関係が親密だからこそ、彼に裏切られた時の苦しみ悲しみは、他の人間関係よりも深刻で、傷は深いはずです。いつか別れの日が来るかも…。両思いになったのに、とても苦しい。恋愛に振り回される自分が嫌になるかもしれません。

本命の彼以外からのアプローチはどうする…

本命の彼とは、何にも進展がなく、思いはなかなか届かないのに、別の男性からアプローチされている。そんな状況になってしまうこともあるでしょう。「気持ちは嬉しいんだけど…」「恋人はほしい。一人は寂しい…」本命の彼が振り向いてくれないから、別の男性とつきあってみようかな、と思うかもしれません。本命の彼が振り向いてくれない寂しさを、紛らわせたくなる気持ちにもなるでしょう。

でも、好きな人がいるのに、別の男性とつきあうのもおかしいし、その人にも失礼だし。そうこう考えている間に、その男性も、私への気持ちをなくしてしまうかもしれない…。私は、何も決められない。そう思ってしまうかもしれません。本当にうまくいかないときは、うまく行かないのが恋愛なのでしょう。意中への彼の気持ちは揺るがないけれども、一人でいるのも寂しい。好意を持たれる方が幸せかも…。そんなモヤモヤした気持ちで頭がいっぱいになるでしょう。恋愛に振り回される私って、何だろう。自分の恋の針路を、はっきりと決められない自分が嫌になるかもしれません。

恋愛で振り回されてしまう人の特徴とは

恋愛で振り回されてしまう人は、どのような性格なのでしょうか。自分にあてはまるところがありませんか。振り回されてしまう人の特徴をご紹介します。

心配性な人は、恋愛で取り越し苦労をすることが多い

「彼には、私のこと、どう見えてるの?」「私と一緒にいて、楽しいかなぁ…」晴れてつきあいを始めても、こういう気持ちに襲われることがあるかもしれません。ただ、こういういう気持ちは、自分の気持ちを振り回す原因となります。いつも、「相手にどう見られているのか」「彼の理想通りの彼女になれてるか」を、過剰に意識しているのです。

それがエスカレートしてしまうと、「スカートがいいか、パンツがいいか」「髪型はショートがいいか、ロングがいいか」本当にささいなことまで、真剣に悩んでしまうのです。彼にしてみれば、似合っていれば、どっちでもいいと思うはずですが…。こういう気持ちは、恋愛中、一時的に、経験することかもしれませんが、特に心配性な人は必要以上に不安を大きくしてしまい、心配で膨れ上がった不安に振り回された挙げ句、答えは出ないのです。

冷静に考えれば、本当にささいなことなのに、交際相手に嫌われたくない、いつまでも一緒にいたい気持ちが強すぎて、起きるものです。実際に目の前で起こっていることでもなければ、確証があるものでもありません。相手がどう思っているか、交際を楽しめているか、考えたところで答えはわかるはずもありません。

友達に相談すれば、「気にしすぎたよ!」「そんなこと、普通、考える??」と、言われるかもしれません。大抵の人は、それほど気にもとめず、根拠のないことだと冷静に判断できることでも、心配性な人は、それが気になってしょうがないのです。そして、その不安に新しい不安をどんどん重ねていき、最終的には押しつぶされてしまうくらいの塊になってしまうのです。相手がどう思うか、自分がどう見られているのか、他のことが手につかなくなるほど考えても答えが出ず、ついには、エネルギーが枯渇してしまうのです。

相手への思いが強すぎる人

「今日は何をしているの?」「誰と、飲みに行ってるの?」デートのない、彼に会えない日、いったい彼は何をしているのだろう。気になって仕方がない、という人もいるでしょう。ずっとスマホの画面を見つめて、彼からの連絡だけを待つようなことになっていませんか。

恋愛に対して一途な人、相手への愛情が強すぎる人も、恋愛で振り回されることが多くなってしまいます。自分の中で好きな人が占めるウェイトが大きいので、その人のことしか考えられなくなり、感情も恋愛に左右されやすくなってしまいます。思考が恋愛一本になり、彼のいない生活なんて考えられない、と思いつめるほどになっているかもしれません。相手への愛情が強いというのはマイナスではなく、むしろ素晴らしい感情だと思います。しかし、そのエネルギーの強さゆえに、いったんコントロールが効かなくなると手がつけられなくなるリスクもあるのです。

相手に合わせ過ぎる人

デートには、どこに行きたいと彼に聞かれて「どこでも大丈夫だよ」何が食べたいと聞かれ「何でもいいよ。お任せするわ」きっとあなたは、彼の好みを優先させたくて、あえて自分の意見を言わないのかもしれません。彼の言うことに従うことが、恋愛を長続きさせるためには、大切だと思っているのかもしれません。

しかし、彼からすると、自分の意見はないの?という気持ちになってしまうでしょう。彼は、次第に、コミュニケーション不足を感じて、あなたに物足りなさを感じ始めるかもしれません。

さらに、あなたも自分の思いを心にしまい続けることで、本当の自分を出せないまま、彼とつきあって行くことになります。相手に合わせることを優先しつづけると、彼とつきあっていることはうれしいけれども、心からコミュニケーションを楽しめてないような、上っ面だけの付き合いのような、なんだか中途半端な気持ちになってしまうでしょう。楽しいはずの恋愛を心から楽しめていない。自分が思うような恋愛じゃない。恋愛に振り回されそうになっている自分に、ようやく気づき始めているかもしれません。

振り回される恋愛を続けるとどうなる?

恋愛に振り回されているな、と感じながら、片思いや交際を続けていても、楽しい恋愛が続けられるでしょうか。あまりいい影響がないような気がします。恋愛疲れを感じている今、自分自身を見つめ直してみましょう。

心が摩耗してしまうことも

恋愛で振り回されてしまっている状態は、愛情という大きなエネルギーが自分の中で暴走してしまっている状態です。相手の反応に一喜一憂してしまったり、必要以上に心配するといったことを繰り返すと、恋愛の強すぎるエネルギーが自分を傷つけ、心が摩耗してしまうでしょう。心が摩耗すると何が起こるかというと、プツンと糸が切れたかのように、何もする気が起きなくなってしまいます。激しい感情に長時間襲われると、それだけでエネルギーがなくなってしまいます。恋愛に振り回されることでエネルギーのほとんどを使ってしまったため、恋愛に疲れて、身動きがどれなくなってしまうのです。

日常生活が疎かになってしまう

恋愛に振り回されている時、人生の中で恋愛の割合が大きくなり、他のことが疎かになってはいませんか。恋愛はもちろん大切ではありますが、人生は他にもやらなければいけないことが、数多くあります。恋愛に夢中になりすぎて、他のことに身が入らなくなると、人生のバランスが崩れてしまい、大きなトラブルを招きかねないのです。

学生の場合、恋愛にばかりエネルギーを使うことで、本分である勉強に集中することが難しくなります。それによって自分の人生で大切な試験や入試に落ちてしまうこともあるのです。社会人の場合は、仕事への責任が出てきます。周囲の人たちが忙しく仕事をしている中、あなたは一人だけ彼との悩みや将来のことなど、ぼんやり考えていられますか。目の前の仕事に集中できなくなると、周囲の人に迷惑をかけてしまったり、仕事上の失敗も多くなりかねません。自分の信用を無くしてしまうことだってあるでしょう。ぼんやりしていると、仕事を任せる上司も、不安になってしまいます。

恋愛のことばかり考えるような、バランスの崩れた日常は最終的にはあらゆることがうまくいかなくなり、生活が疎かになることで、恋愛さえも結果的にうまくいかなくなることも多いのです。恋愛は、人生のスパイス。そのくらいに思えるといいですね。

彼以外の人と疎遠になってしまう

同性の友達に遊びに行こうと誘われて「次の週末は、彼と予定が入るかもしれないから」「そろそろ、彼から連絡が来るかもしれない…」と、デートの予定は入っていないけれども、こういう気持ちになり、断ってしまったことはありませんか。友達、家族との予定などは、すべて後回しにして、とにかく彼のために時間を空けて、誘われるのを待っている。また、職場でのつきあい、自分のやりたいことなども、なるべく止めるようにしている。毎日が、そんなスタイルになっていませんか。

彼以外とのつきあいを避け続け、彼中心の生活を送ってしまうと、次第に、周囲の人があなたから離れていってしまうかもしれません。いつ誘っても断られるのでしたら、誘うほうも嫌な気持ちになります。もしかしたら、彼と、今後、うまくいかなくなるかもしれません。そんなとき、話を聞いてくれる同性の友達がいなくなっているかもしれません…。

振り回される恋愛をやめるための方法

恋愛で疲れるのは、もうやめにしませんか。あなたに必要なのは、恋愛ばかり考えてしまうことをやめることです。いきなりそんなことできない…と思うかもしれませんが、少しずつでもチャレンジしてみましょう。きっと、心が軽くなるはずです!

スポンサーリンク