スポンサーリンク

好きだけど疲れる…振り回される恋愛をやめるコツとは

スポンサーリンク

なかなか思いが伝わらない片思い

恋愛の中で最も苦しいのが、片思いをしている時だと、言えるかもしれません。「彼は私のこと、どう思っているの?」「彼女、いるのかなぁ…」相手を思えば思うほど、気持ちは募るけれども、答えがなかなか出ない。そんな日々が続くと、疲れてしまうのも確かです。

自分の好意を相手に気づいてほしい、と思っている状態の片思いは、その気持ちが伝わらないもどかしさ、それでも相手のことばかり気になってしまう高揚感といった様々な感情が自分の中で渦巻いて、頭や心が疲れている状態だからです。

「恋愛の醍醐味は片思い」という人がいるほど、恋愛の幸せや息苦しさが詰まっているのが、片思いです。片思いをしている最中というのは、目があった、あいさつをしてくれた、というなにげないことでも、その日1日分の幸せを感じられるような、そんな経験は誰しも体験したことがあるはずです。

相手と目があった、会話ができたということだけで大きな幸せを感じることができる片思いは、すぐに喜びを感じることができる一方で、「私に好意があるのかなぁ…」「交際に発展する??それはいつなの?」想像だけは膨らみますが、先の見えないトンネルの中にいるようで、様々な感情に振り回されやすい、いうこともなります。

自分の好きという感情が相手に伝わらないほど、もどかしいと感じることはありません。だからと言って、素直に自分の気持ちを伝えることができるかといえば、そうではないのが片思いです。

「彼は私のこと、好きじゃないかもしれない」「告白してフラれたら、怖いから、今のままでいいかも…」意中の相手に、自分の気持ちを知って欲しいと思う反面、片思いで終わる…という現実があるかもしれない。期待と不安が入り交じります。

意中の相手に、自分の気持ちを知られるのが恥ずかしく思うこともあり、なぜか相手にそれを悟られないように振る舞ってしまうこともあるでしょう。気持ちがバレないようわざと素っ気なく振る舞ってしまい、何だか疲れてしまった。そんなこともあるでしょう。

片思いの相手のことを考えて過ごす毎日。恋愛が楽しいはずが、なぜか疲れを感じる。気づかないうちに、恋愛に振り回されていることに、あなたは気づいていないのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました