スポンサーリンク

どこからがアウト?男女で違う浮気の境界線
スポンサーリンク

異性に触れる

お酒の席や、話しが盛り上がった時に軽いボディタッチをする人は男女ともにいるでしょう。

しかし、それは浮気を疑われても仕方のない行為です。

苦手な異性であれば、触れるのも触れられるのも不快でしかありません。どんなに軽いノリでやっているとしても、ボディタッチをするということは少なからず好意を持っているということです。軽いボディタッチは、浮ついた心が引き起こすものですから、浮気と取られても仕方がないのかもしれません。

男性が思う「浮気のライン」とは?

一般的に男性は、女性の行動に寛容ですが「ここからは浮気」という境界線は必ずあります。

では、男性は女性の行動のどこからを浮気とするのでしょうか。

こっそり異性と2人きりで会う

女性同様、恋人が異性と2人きりで会うことに良い顔をしない男性も多いです。

しかし、異性と2人きりであったからといって即、浮気を疑うわけではありません。男性から見た浮気の境界線は、「こっそり」会うことです。

男性は、仕事や友人との付き合いを非常に大切にしますので、断れないことがあることもちゃんと理解しています。社会に出ているのだから、「異性と2人きりになる事もあるよね」とちゃんとわかってくれているのです。

しかし、「こっそり」がつけば話は別です。自分に内緒で異性と約束をして会っていた、となればそれは浮気ととらえてしまうでしょう。

キス

男性が感じる「どこからが浮気か?」という境界線は、身体のふれあいをさすことが多いでしょう。

軽いボディタッチは許せても、キスまで行くと許せない男性は多いです。2人きりでのキスはもちろんですし、飲み会での軽いノリのキスも絶対に許せないと思うもの。男性にとって、恋人の唇は誰にも触れさせたくない大切なものなのでしょう。

肉体関係

分かり切ったことですが、肉体関係は男女ともにアウトです。

しかし、女性は肉体関係を持つことよりも、持ちそうになった時点で浮気と判断するのに、男性は肉体関係を持つまでは浮気ではないと判断する人が多いです。

このタイプの男性は、一見寛容に見えますが「どこから浮気か」の境界線が肉体関係にあるので、女性にも同じ境界線を求めます。2人で食事に行く、飲みに行く、軽いボディタッチは彼の中では浮気になりません。

強い信頼を寄せることができるのなら、束縛しあわない自由な関係を築けるかもしれません。しかし、心配性な女性だと不安を感じる時間が増えてしまうでしょう。

スポンサーリンク