スポンサーリンク

【浮気・不倫】女好きな夫に女遊びを辞めさせる方法はある?
スポンサーリンク

そもそも、女好きになってしまう理由は?

「浮気は男の甲斐性」と言うけれど…

結婚してパートナーがいるのにもかかわらず、他の女性の元に走って行ってしまうような浮気症の男性っていますよね。「また旦那が浮気をして」と頭を抱えため息をついている女性というのは珍しくはないのです。「男性だから浮気をする」ということは、必ずしもそう断言はすることはできません。浮気をせずに奥さんを愛し続ける男性も当然います。しかし、それでも浮気をしてしまうのは圧倒的に男性が多いのも、残念ながら事実でしょう。

「浮気は男の甲斐性」という言葉を聞いたことがある人もいると思います。これは男性の浮気症を肯定するような、男性が浮気をしてしまうのは仕方がないという意味に捉えることができる言葉です。男性だからといっても、当たり前ですが浮気をしていい理由にはなりません。理性を持った人間ならば、性欲の奴隷にならず、理性でコントロールするべきでしょう。懲りずに浮気をしている男性は、単なる自制心のなさを反省してほしいものです。

では、なぜ男性は浮気に走ってしまうのでしょうか。異性への興味は、男性女性関わらず誰しも持っている感情です。それ自体には何も問題はありません。しかし、浮気をする男性というのは、どうにも女好きが過ぎるようです。全員がそうではありませんが、なぜ一部の男性は奥さんを裏切ってしまうレベルまでの女好きになってしまうのでしょうか。

元々の軽薄な性格によるもの

これは理由としては最も分かりやすいですが、女性が好きという欲求を満たすことを何よりも優先してしまう、その軽薄な性格によるものです。先ほども言った通り、異性に興味を持つこと自体は自然なことであり悪いことではありません。問題はその後の行動です。誠実な人ならば、たとえ女性に興味があったとしても、内面だけに止めておいて、決してその女性の元へ、のこのこと行くような行動はしません。浮気は相手を裏切る行為であることを理解し自制できる性格だからです。

一方で、軽薄な男性は奥さんがどう思うかよりも、目の前の欲求を満たすことを優先します。薄情な性格な人は、自制心が弱く、倫理観も薄っぺらい人も多いのです。そのため、浮気という行為自体にそれほど罪悪感を感じていない可能性もあるでしょう。

過去にモテなかったコンプレックスがある

必要以上に女性に強い関心がある場合、その背景には、過去に女性にモテなかったコンプレックスがあり、それを払拭しようとしているのかもしれません。彼らにとって、過去に羨ましくてもできなかったことが恋愛だったのかもしれません。そして彼らは、その時に感じた劣等感を大人になった現在でも持ち続けています。

本来ならば一般的な恋愛をして、女性とも信頼関係を結ぶことを学びます、しかし、その過程を経ずに成長してしまうと、1人の女性、つまり奥さんと愛情を深めるということができなくなります。それよりも過去の劣等感を満たすことを考え、その結果、より多くの女性と付き合いたいと考えるようになってしまったのかもしれません。

お金も稼ぐようになり、昔よりは女性と接することができるようになっても、内面に抱えた劣等感はそのまま残り続けます。その堪え難い劣等感の苦しみから逃れようと、昔できなかった多くの女性との恋愛を、時間差で今体験しようとするのです。

奥さんの甘さも原因になることも

浮気をする方、つまり加害者側である男性の方に非があるのは当然です。女性は浮気をされた被害者であって、決して責めることはできません。ただ、奥さんの方が悪いとは言いませんが、もしかしたら浮気をされた時の対応が、少し問題があったのかもしれません。

女性が陥りがちな間違いとして、浮気した男性がよく使う弁明である「今回のはほんの出来心だった。もう2度としない」という言葉を鵜呑みにして、許してしまうことです。1度浮気をしてしまった男性は、その時はもうしないと言っても、高確率で今後も浮気を繰り返すでしょう。人が他人を変えることができず、本人が変わろうと決心しない限りは変わりません。そして、女性が浮気を許してしまうと、男性は表面上は反省したように振る舞いますが、内心では舌を出していることも少なくありません。許すということは、その男性にとっては「浮気をしても許してもらえる」というお墨付きを得たと解釈してしまうからです。謝ったら許してくれる、奥さんは自分のことを決して見捨てることはないという、ある種の甘えに似た侮りの心理を持つようになってしまうようになり、浮気をしてしまうのです。

男性が女遊びをしたくなるタイミングとは

強いストレスを感じた時

人間は強いストレスを感じた場合、その解消の捌け口を外部に向ける人と、自分の内部に向いてしまう人と大きく2つに分けることができます。内部にストレスの方向性が向いてしまう場合、暴飲暴食や精神を病んでしまうことがあります。そして、ストレスの捌け口が外部に向く場合には、今回紹介する浮気や、あるいは暴力につながってしまうことがあります。仕事やプライベートで強いストレスを感じてしまうことがあると、そのストレスを解消するために、ほかの女性に癒しを求めて浮気に走ってしまうのです。

奥さんとの関係がマンネリした時

長年付き合っていると、どうしても倦怠期と呼ばれる、お互いの関係の間に緊張感がなくなり、ドキドキ感や高揚感がなくなってしまう時期がやってきます。倦怠期は2人の関係性が変化するタイミングであり、決して愛情が無くなってしまうわけではありません。本来なら、倦怠期を乗り越えることで2人の関係を強くすることができます。しかし、浮気性の男性は、倦怠期になってしまった場合、奥さんとの関係を改善させようとするのではなく、新しい刺激を求めようと考えてしまいます。そのため、新しい女性と浮気をして、もう一度恋愛特有の高揚感といった、心地いい刺激を体験しようとするのです。

夫の女好きを辞めさせる方法はある?

もし夫の浮気をやめさせたいと考えるならば、「もし次に浮気をしたら別れる」と、はっきりと浮気に対する自分の意思を伝えることです。夫が浮気をした際にやってはいけないのが、相手の反省を促すだけで、具体的な行動の改善を指摘しないことです。相手は口では浮気を反省しますが、内心ではお咎めなしと安心し、浮気をやめることはないでしょう。浮気の意思があるとはっきり伝えてることで、男性が自分の非を認め、行動を改善すればそれで良し。もし女性の警告も無視して浮気を続けるようなら、有言実行、離婚に向けて行動に移しても構わないでしょう。

どうしても治らないのなら離婚を考えるのも手

浮気は場合によっては裁判にまで発展するということも少なくありません。離婚の際に奥さんが訴えるのか、あるいは相手側から訴えられるかはわかりませんが、浮気はそれほど大きなトラブルにまでなってしまう問題なのです。もし裁判になった時のことを考え、こちらが有利になるよう、早い段階から旦那の浮気の証拠を集めるようにしましょう。

確実なのが、旦那とその女性とのやりとりを残したメールを、こちらで保存しておくことです。男女関係を示すやりとりが残された文章は、裁判において動かぬ証拠となります。証拠を集めるにしろ裁判を起こすにしろ、相当のエネルギーを使うことになると思います。しかし、女遊びで苦しませる男性と別れて、新しい人生をスタートさせるためには、乗り越えなければいけない試練でもあります。

人間は自分が変わりたいと思って初めて変わることができるのであって、他人が無理やり変えることはできません。浮気性の男性は、自分の行いを本当に悪いと思って改善の努力をしない限り、奥さんがいくら注意しても変わらないと考えたほうがいいでしょう。どうしても旦那を許すことができないならば、離婚という選択肢も1つの解決策です。旦那が浮気を繰り返し、今やこれからの結婚生活に幸せを感じることができないならば、旦那に嫌われたくないという気持ちよりも、自分の幸せの方を優先しましょう。浮気をする男性と別れ、新しい誠実な人を見つけることで、いつかあの時離婚してよかったと思える日が来るはずですよ。

念の為、女遊びの証拠集めもしておきましょう

浮気は場合によっては裁判にまで発展するということも少なくありません。離婚の際に奥さんが訴えるのか、あるいは相手側から訴えられるかはわかりませんが、浮気はそれほど大きなトラブルにまでなってしまう問題なのです。もし裁判になった時のことを考え、こちらが有利になるよう、早い段階から旦那の浮気の証拠を集めるようにしましょう。

確実なのが、旦那とその女性とのやりとりを残したメールを、こちらで保存しておくことです。男女関係を示すやりとりが残された文章は、裁判において動かぬ証拠となります。証拠を集めるにしろ裁判を起こすにしろ、相当のエネルギーを使うことになると思います。しかし、女遊びで苦しませる男性と別れて、新しい人生をスタートさせるためには、乗り越えなければいけない試練でもあります。

スポンサーリンク